ラム

出典: meddic

rhm
照射線量率定数 exposure rate constant

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肺葉と縦隔間の肺門を介さない直接経路の可能性:CT画像における肺静脈解析
  • 佐々木智章
  • 旭川医科大学研究フォーラム
  • 雑誌掲載版
  • NAID 120003911418
  • 海外留学の動機作り : ブリッジ・プログラムの重要性

関連リンク

「ビール・洋酒 > 洋酒 > ラム」ジャンルのデイリー売れ筋商品の1位 ~58位をご紹介しています!楽天市場でヒットしている話題の商品や人気商品などをご購入いただけます。楽天市場は、セール商品や送料無料商品など取扱商品数 ...
タアモの公式サイト。作品リスト、日記、イラスト。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 精神安定剤

販売名

  • エチゾラム錠0.25mg「JG」

組成

成分・含量

  • 1錠中 日局 エチゾラム 0.25mg

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、トウモロコシデンプン、タルク、ヒプロメロース、マクロゴール6000、酸化チタン、白糖、三二酸化鉄、カルナウバロウ

禁忌

  • 急性狭隅角緑内障の患者[抗コリン作用により、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 重症筋無力症の患者[筋弛緩作用により、症状を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

  • ○神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
  • ○うつ病における不安・緊張・睡眠障害
  • ○心身症(高血圧症、胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
  • ○統合失調症における睡眠障害
  • ○下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張
  • 頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛

神経症、うつ病の場合

  • 通常、成人にはエチゾラムとして1日3mgを3回に分けて経口投与する。

心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合

  • 通常、成人にはエチゾラムとして1日1.5mgを3回に分けて経口投与する。

睡眠障害に用いる場合

  • 通常、成人にはエチゾラムとして1日1〜3mgを就寝前に1回経口投与する。
  • なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1日1.5mgまでとする。

慎重投与

  • 心障害のある患者[血圧低下があらわれるおそれがあり、心障害のある患者では症状の悪化につながるおそれがある。]
  • 肝障害、腎障害のある患者[作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 脳に器質的障害のある患者[作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 小児(「小児等への投与」の項参照)
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 衰弱患者[作用が強くあらわれるおそれがある。]
  • 中等度呼吸障害又は重篤な呼吸障害(呼吸不全)のある患者[呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがある。]

重大な副作用

  • (頻度不明)

依存性:

  • 薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること。また、投与量の急激な減少ないし投与の中止により、痙攣発作、せん妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想等の離脱症状があらわれることがあるので、投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと。

呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス:

  • 呼吸抑制があらわれることがある。また、呼吸機能が高度に低下している患者に投与した場合、炭酸ガスナルコーシスを起こすことがあるので、このような場合には気道を確保し、換気をはかるなど適切な処置を行うこと。

悪性症候群:

  • 本剤の投与、又は抗精神病薬等との併用、あるいは本剤の急激な減量・中止により悪性症候群があらわれることがある。発熱、強度の筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧の変動、発汗、白血球の増加、血清CK(CPK)の上昇等があらわれた場合には、体冷却、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと。また、本症候群発症時にはミオグロビン尿を伴う腎機能の低下があらわれることがある。

横紋筋融解症:

  • 筋肉痛、脱力感、血清CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれることがあるので、このような場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

間質性肺炎:

  • 間質性肺炎があらわれることがあるので、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等が認められた場合には投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

  • 肝機能障害(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、LDH、Al-P、ビリルビン上昇等)、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ベンゾジアゼピン結合部位に作用して抗不安作用や催眠作用を現す。すなわち、GABA受容体のサブユニットに存在するベンゾジアゼピン結合部位に結合することにより、抑制性伝達物質GABAの受容体親和性を高め、Clチャネル開口作用を増強して神経機能抑制作用を促進する。6)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • エチゾラム(Etizolam)

化学名

  • 4-(2-Chlorophenyl)-2-ethyl-9-methyl-6H -thieno[3,2-f ][1,2,4]triazolo[4,3-a ][1,4]diazepine

分子式

  • 1715ClN4

分子量

  • 342.85

融点

  • 146〜149℃

性状

  • エチゾラムは白色〜微黄白色の結晶性の粉末である。
    エタノール(99.5)にやや溶けやすく、アセトニトリル又は無水酢酸にやや溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
拡張検索ベラトラム」「ヒストグラム」「オキサノグラム」「通性嫌気性グラム陰性桿菌

ベラトラム」

  [★]

Veratrum
バイケイソウ属Veratrum属ベラトラム属ベラトルム属ベラトルムバイケイソウ

ヒストグラム」

  [★]

histogram
柱状図 column diagram



オキサノグラム」

  [★]

auxanogram
細菌成長検査板


通性嫌気性グラム陰性桿菌」

  [★]

Gram-negative facultatively anaerobic rod




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡