ラブドウイルス科

出典: meddic

Rhabdoviridae, rhabdovirus
ラブドウイルス



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/30 17:30:48」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 狂犬病
  • 高山 直秀
  • 日本内科学会雑誌 93(11), 2382-2387, 2004-11-10
  • … 狂犬病はラブドウイルス科リッサウイルス属の狂犬病ウイルスによって引き起こされる代表的な人獣共通感染症であり,独特の臨床像とほぼ100%の致命率のために昔から恐れられてきた.日本では1957年以降狂犬病の発生はないが,今なお多くの国々で多数の狂犬病犠牲者が発生している.狂犬病危険動物に咬まれたなら,ただちに狂犬病ワクチン接種による狂犬病曝露後発病予防を受けることが狂犬病死を免れる唯一の方法で …
  • NAID 10014293604
  • サケ科魚類ウイルスに反応するモノクローン抗体の作製およびそれらの認識する抗原の性質
  • 亀井 勇統,ポテイ ホセルイス,吉水 守,木村 喬久,山田 耕路,白畑 実隆,村上 浩紀
  • 日本農芸化学会誌 64(2), 163-170, 1990
  • … IHNV, IPNV, HRVに対するそれぞれ4種, 2種, 9種のMAbを得ることがでぎた.抗-IHNV抗体IgGは, IHNVとのみ特異的に反応し,IHNVのNタンパク質を認識する抗体で,IgMは同じラブドウイルス科に属するHRVと交叉反応性を示し,IHNVのNタンパク質だけでなくHRVのM2タンパク質をも認識する抗体であった.一方,抗-HRV抗体は,IHNVと反応した2種のモノクローン抗体を除き,HRV特異的で, HRVのM2タンパク質を認識する抗体であった.抗-IPNV抗体は, …
  • NAID 130001228464

関連リンク

ラブドウイルス科(らぶどういるすか、Family Rhabdoviridae)とはウイルスの分類 における一科。動物ウイルスではそのビリオンは銃弾型の形態をし、エンベロープに包 まれている。ラブドウイルスの名前はギリシャ語で棒を意味するrhabdosに由来する。
ラブドウイルス科 · フィロウイルス科 · ボルナウイルス科. モノネガウイルス目(Order Mononegavirales)とはウイルスの分類における一目であり、非分節マイナス鎖RNAを ゲノムに持つウイルスが含まれる。モノネガウイルス目には4つの科が含まれる。

関連画像

 狂犬病 は ラブ ド ウイルス 科 を 及ぼす 可能性 が ある ラブ請求項31】狂犬病 ウイルス の 電子顕微鏡


★リンクテーブル★
先読みRhabdoviridae
リンク元狂犬病ウイルス」「rhabdovirus」「チュパイアウイルス
関連記事ウイルス」「」「ブドウ」「ラブドウイルス」「ラブ

Rhabdoviridae」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a family of arborviruses carried by arthropods」


狂犬病ウイルス」

  [★]

rabies virus
ウイルス狂犬病


特徴

  • 人獣共通感染症

ウイルス学

  • ラブドウイルス科リサウイルス属に属する
  • エンベロープはあり。一本鎖(-)ゲノムを有する

感染症

ウイルス保有動物


rhabdovirus」

  [★] ラブドウイルス科

WordNet   license wordnet

「any of a group of arboviruses including those causing rabies」


チュパイアウイルス」

  [★]

Tupaia virus, TUPV
ラブドウイルス科


ウイルス」

  [★]

virus
ウイルス粒子 virus particleビリオン virion
微生物学抗ウイルス薬国試に出がちなウイルス

ウイルス一覧

感染経路による分類 SMB.374

呼吸器粘膜の局所感染 ライノウイルス
アデノウイルス
コロナウイルス
RSウイルス
インフルエンザウイルス
全身感染 ムンプスウイルス
麻疹ウイルス
風疹ウイルス
ハンタウイルス
水痘・帯状疱疹ウイルス
ラッサウイルス
天然痘ウイルス

学名

目(order, -virales), 科(family, -viridae), 亜科(subfamily, -virinae), 属(genus, -virus), 種(species)

増殖過程

  • 吸着 absorption
  • 侵入 penetration
  • 脱殻 uncoating
  • ゲノムの複製 replication、遺伝子発現 transcription
  • ウイルス粒子の組み立て assembly
  • 放出 release

感染の分類

持続時間

  • 急性感染
  • 慢性感染

ゲノム

  • 一本鎖RNA(-)をゲノムとするウイルスはウイルス粒子内にRNA依存性RNA合成酵素を有する。





科」

  [★]

family
家族系統群ファミリファミリー



ブドウ」

  [★]

grapegrapevine
Vitis vinifera
ブドウ属ブドウ科


ラブドウイルス」

  [★]

rhabdovirus
ラブドウイルス科



ラブ」

  [★]

lab
レンニン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3