ラゼーグ徴候

出典: meddic

ラセーグ徴候

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腰痛の診断と治療
  • 塩澤 全司
  • 日本内科学会雑誌 95(3), 493-504, 2006-03-10
  • NAID 10017561878

関連リンク

ラセーグ徴候とは神経診断学における根症状をみるための検査であり、髄膜刺激症状 の一つでもある。SLR(Straight Leg Raising Test、下肢伸展拳上検査)、ラセーグ テストとも言う。坐骨神経麻痺の鑑別に使われる。フランスの整形外科医Charles Ernest ...
下肢伸展挙上テスト」. [☆]. 英: straight leg raising test, straight-leg raising sign, SLR test SLRT; 同: 膝伸展下肢挙上試験、SLRテスト、ラゼーグ試験 Lasegue test Lasegue test; 関: ブラガードテスト、神経伸張試験、ラゼーグ徴候 Lasegue sign。 神経伸張 ...

関連画像

ラセーグ徴候のように、腰椎 整形外科外来で多く見られる 臨床につながる解剖学イラスト ラセーグ徴候とケルニッヒ徴候


★リンクテーブル★
リンク元下肢伸展挙上テスト」「パトリック徴候」「ラセーグ徴候
拡張検索ラザレヴィック・ラゼーグ徴候」「ラザレヴィック-ラゼーグ徴候

下肢伸展挙上テスト」

  [★]

straight leg raising test, straight-leg raising sign, SLR test SLRT
膝伸展下肢挙上試験、SLRテストラセーグ試験 ラゼーグ試験 Lasegue test Lasegue test
ブラガードテスト、神経伸張試験、ラゼーグ徴候 Lasegue sign。神経伸張試験


  • 図:SOR.475

概念

  • L5,S1の神経根と坐骨神経が殿部を通過する部分をストレッチする (REU.102)
  • 下位腰椎の椎間板ヘルニアに対する最も重要な疼痛誘発テスト(SOR.474)
  • 陽性の場合にはL4-L5, L5-S1の椎間板ヘルニアが強く疑われる。




パトリック徴候」

  [★]

Patrick sign, Patrick's sign
パトリックテストラゼーグ徴候
  • 患者を仰臥位にねかせ、検査したい方の下肢の踵を他方の膝蓋骨にのせる。検査したい方の下肢の膝関節内側を上方より圧迫し、下肢の膝関節外側がベットにつくまで外転させる。
  • 股関節疾患がある場合には疼痛のため、膝関節外側を床につけることができない。


ラセーグ徴候」

  [★]

ラゼーグ徴候(BET)、ラセーグ徴候(IMD, SOR)
Lasegue sign, Lasegue sign
ラザレヴィック-ラゼーグ徴候 Lazarevic-Lasegue sign
ラゼーグ試験 Lasegue test=膝伸展下肢挙上試験 straight-leg-raising test SLR test SLRT
[show details]



ラザレヴィック・ラゼーグ徴候」

  [★]

Lazarevic-Lasegue sign
ラセーグ徴候


ラザレヴィック-ラゼーグ徴候」

  [★] ラザレヴィック・ラゼーグ徴候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3