ラウス肉腫

出典: meddic

Rous sarcoma
トリ肉腫Rous肉腫ラウス肉腫ウイルス


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ウイルスによる胎盤の獲得と発達
  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 26(4), 214-220, 2009-10-01
  • NAID 10026350198
  • Acquisition and Development of Placenta through Viral Infection, Integration and Function
  • 培養細胞におけるレトロウィルス感染検出法 : 逆転写酵素活性の検出
  • Tissue culture research communications : the journal of experimental & applied cell culture research = 組織培養研究 18(3), 317-321, 1999-09-30
  • NAID 10013617449

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - ラウス肉腫ウイルスの用語解説 - ビールス,バイラスなどとも発音される。核酸(DNAもしくはRNA)とタンパク質からなる,細菌よりも小さな一群の病原体。遺伝情報を担う核酸がタンパク質の外被におおわれた構造 ...
日本大百科全書(ニッポニカ) - ラウス肉腫の用語解説 - ニワトリの紡錘形細胞肉腫で、1911年アメリカの病理学者ラウスがウイルスによって伝達されることを発見した。これによって彼は1966年にノーベル医学生理学賞を受賞した。ラウス ...

関連画像

ラウス肉腫ウィルスの JavaScriptオフの場合は ウイルスの持ち出した宿主の 図1 RSV-A型及びRSV-J型ウイルス


★リンクテーブル★
リンク元トリ肉腫」「Rous sarcoma」「Rous肉腫
拡張検索ラウス肉腫ウイルス
関連記事肉腫」「

トリ肉腫」

  [★]

avian sarcoma
ラウス肉腫ニワトリ肉腫


Rous sarcoma」

  [★]

avian sarcoma


Rous肉腫」

  [★]

Rous sarcoma
ラウス肉腫


ラウス肉腫ウイルス」

  [★]

Rous sarcoma virus, RSV
Rous肉腫ウイルス
肉腫ウイルス



肉腫」

  [★]

sarcoma
癌腫 carcinoma悪性非上皮性腫瘍


特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)



腫」

  [★]

がん腫瘍腫瘤良性新生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡