ラウオルフィア・アルカロイド

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ラウオルフィアアルカロイド誘導体 Methyl 0-(4-hydroxy-3-methoxycinnamoyl) reserpate (CD-3400) の健康人に対する作用
  • 宮崎 三弘,関 隆
  • 杏林医学会雑誌 10(1), 51-56, 1979-03-30
  • NAID 110002696829
  • ラウオルフィアアルカロイド,raubasineの薬理学的研究
  • 竹中 登一,伊藤 隆太
  • 東邦医学会雑誌 26(1・2), p82-94, 1979-02
  • NAID 40002633377

関連リンク

キョウチクトウ科 Apocynaceae ラウオルフィア Rauwolfia serpentina 薬用部位: インド原産の低木で、根を印度蛇木と称しインドの伝統医学アユルベーダ医学で用いる。インドールアルカロイドであるアジマリン (ajmaline) 、レセルピン (reserpine) ...
ラウオルフィアの主アルカロイド 血圧降下薬、精神安定薬、鎮静薬として用いられる。 中枢性の鎮静作用と降圧作用がある。→ラウオルフィア、 インドールアルカロイド、 アルカロイド ロートコン (Scopoliae Rhizoma:ロートコン ) → 、 、 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事アルカロイド」「ラウオルフィア」「イド

アルカロイド」

  [★]

alkaloid
植物塩基 plant base


ラウオルフィア」

  [★]

rauwolfia
インド蛇木


イド」

  [★]

id
エス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡