メニエル病

出典: meddic

メニエール病

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/27 14:39:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 最終講義 メニエール病の発症機序 : 内リンパ嚢研究の視点から
  • めまい(<連載>初心者・心理職のための臨床の知 ここがポイント!〜病態編〜 第2回)
  • 難治性メニエール病症例に対するステロイド鼓室内投与の治療効果についての検討

関連リンク

メニエール病、メニエル病、メニエール氏病など、様々な呼ばれ方のあるメニエール病ですが、一体どんな病気なのでしょうか。 このサイトでは、自分のめまいや気になる耳鳴りがなんなのか、病院に行ってメニエール病だと言われた ...
メニエール病について どんな病気なの? メニエール病というと「若い女性がストレスでめまいを起こす病気」というイメージがあるのではないでしょうか。メニエール病の原因はずばり「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アセタゾラミド」「メニエール病
関連記事

アセタゾラミド」

  [★]

acetazolamide
アセタゾールアミド acetazol amide
ダイアモックスDazamide, Diamox
利尿薬


分類

作用機序

利尿薬

近位尿細管の上ににはCAは管腔側細胞膜と細胞質に存在。
  • HCO3-は原尿としていったん排泄されるが、近位尿細管でH2CO3となり、これがCAによりCO2とH2Oに分解されてCO2(膜透過性が高いので)が近位尿細管上皮に取り込まれる。細胞内でCO2は細胞内に存在するCAによりH+とHCO3-となる。細胞内のH+は管腔側に存在するNa+/H+交換系によって分泌されると共にNa+が取り込まれる。ここでNa+とともにH2Oが再吸収される。細胞内のNa+とHCO3-はNa+/HCO3-共輸送体により血管側に運ばれる。
  • 管腔側のCAを阻害することでNa+、HCO3-、およびH2Oは再吸収を受けることなく排泄される (SPC.263)。

適応



メニエール病」

  [★]

Ménière's disease Ménière disease Meniere's disease Meniere disease
メニエル病 Ménière病 Meniere病
難病メニエール症候群
[show details]

概念

  • 繰り返す眩暈、難聴、耳鳴を特徴とし、原因が不明の疾患
  • 難病に指定されている。

疫学

  • 男女比=1:1
  • 男性は40歳代にピーク、女性は30歳代にーク
  • 通常一側性、両側性は約30%

病態

症状

反復することが必須。
  • 眩暈、難聴(初期は低音難聴)、耳鳴

検査

  • 純音聴力検査:感音性難聴。病初期には中低音障害型の難聴が特徴的
  • 眼振:患側向きの水平眼振  ⇔  突発性難聴:健側向きの水平眼振

診断

診断基準

  • 激しい、自発性、突発性の眩暈が反復し、これに蝸牛症状が随伴・消長する。特有の低温障害があり、補充現象陽性である。

参考

  • 1. メニエール病 - 難病情報センター
[display]http://www.nanbyou.or.jp/entry/336


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡