メチルチオウラシル

出典: meddic

methylthiouracil

和文文献

  • メチルチオウラシルによる重症顆粒球減少症で回復期に類白血病反応を伴った一例
  • 粉川 皓年 [他]
  • 関西医科大学雑誌 23(1), 165-171, 1971-03
  • NAID 40017602493
  • アルコール体内分解に及ぼすアドレナリン,アトロピン,ピロカルビン,TEA,アセトスルファミン,甲状腺エキス,メチルチオウラシルの影響

関連リンク

世界大百科事典 第2版 メチルチオウラシルの用語解説 - 最近日本では,新生児における甲状腺機能低下症の早期発見体制が確立され,甲状腺ホルモン剤治療が成果をあげている。 甲状腺ホルモン剤とは逆に,バセドー病などの ...
3.組成、成分情報 化学物質 化学名又は一般名: 6‐メチル‐2‐チオウラシル (6-Methyl-2-thiouracil) 別名: チオチミン (Thiothymin) メチルチオウラシル (Methylthiouracil) 2,3‐ジヒドロ‐5‐メチル‐2‐チオキソ‐4(1H ...

関連画像

図では、修飾部位を赤で表示


★リンクテーブル★
関連記事ウラシル

ウラシル」

  [★]

uracil Ura
2,4(1H,3H)-ピリミジンジオン 2,4(1H,3H)-pyrimidinedione





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡