メチルオレンジ

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/12 17:00:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 環境教育に有用な電気泳動を用いたDNA検出法の開発
  • 鵜澤 武俊,文 有彬
  • 環境技術 43(5), 286-292, 2014
  • … 環境教育の実習に使用可能な,従来より安全な,電気泳動後のDNA検出法を検討した.DNAを可視光で検出するViewaBlueⓇStain,ステインズオール,インドインブルーとメチルオレンジの3通りの染色剤を,DNA を紫外線で検出する臭化エチジウムと比較した.これらの染色剤は臭化エチジウムに比べ感度が低下したが,その中でステインズオールが高感度であった.また感度の高いアガロースを選んだ.更に費用を概算し,安 …
  • NAID 130004543580
  • 3P055 シクロデキストリン+タンパク質+メチルオレンジ・ヨウ素系における包接機構(01C.蛋白質:物性,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
  • Marutani Tomokadu,Kimura Takayoshi,Kamiyama Tadashi
  • 生物物理 53(SUPPLEMENT_1-2), S221, 2013-09-13
  • NAID 110009819859
  • 感温性高分子/メソポーラスシリカ複合体の陰イオン交換特性におよぼす感温性高分子被覆量の影響
  • 村上 賢治,加藤 貴宏,菅原 勝康
  • KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU 39(3), 206-212, 2013
  • … C=O伸縮振動,N–H変角振動およびC–H変角振動の吸収が現れた.SEM観察により,感温性高分子を被覆しても元のメソポーラスシリカの形状や粒子径に変化がないことがわかった.これらの複合体を用いてメチルオレンジ(MO)イオン交換実験を行った結果,いずれの試料でも溶液温度によりMOイオン吸脱着挙動は大きく異なった.すなわち,25˚Cでは,低pHでMOイオンは吸着し,高pHで脱着した.一方,40˚Cでは外部溶液のpH …
  • NAID 130003365348

関連リンク

メチルオレンジの合成 1 目的 ジアゾ化とカップリング反応を用いていろいろなアゾ染料が合成できるが、中和滴定の指示薬であるメチルオレンジ(p-スルホベンゼンアゾ-4-ジメチルアニリンナトリウム塩)の合成を行う。
【ご注意】該当資料の情報及び掲載内容の不法利用、無断転載・配布は著作権法違反となります。 資料の原本内容 ( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 ) 「メチルオレンジの合成」 <目的> 数多くある染料のうち ...
酸塩基指示薬の一種で、水素イオン指数を測定する為に使われます。メチルオレンジについて詳しく知りたい場合などには、質問を投稿してみたり、過去の回答を探してみたりするなどして、参考にしてみましょう。

関連画像

メチルオレンジの画像-p1_22-S : :メチルオレンジメチルオレンジの画像-p1_38-S 先ほど作ったジアゾニウム塩


★リンクテーブル★
関連記事オレンジ」「レンジ

オレンジ」

  [★]

orangeCitrus sinensis
スイートオレンジ

レンジ」

  [★]

range
及ぶ範囲飛程わたる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡