メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

出典: meddic

methicillin-resistant Staphylococcus aureus methicillin resistant Staphylococcus aureus MRSA
黄色ブドウ球菌VRSA、LRSA

耐性獲得機序

  • 多種がもつβ-ラクタムに親和性の低いペニシリン結合蛋白を発現するようになったため
  • 細胞壁合成酵素(penicillin-binding protein: PBP) PBP 2'の産生。このペニシリン結合タンパクはmecAにコードされている。
βラクタム薬の投与により発現が誘導される、らしい。


抗菌薬

QB.H-178

臨床関連


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/30 15:35:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) (特集 小児感染症2015 : 小児感染症のマネージメント) -- (小児で注意すべき耐性菌)
  • 伝染性膿痂疹,ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群,丹毒・蜂巣炎 (特集 見てわかる小児の皮膚疾患) -- (感染性皮膚疾患)
  • 臨床経験 人工関節術前鼻腔MRSAスクリーニング検査
  • 肝切除術および膵切除術におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌 : 手術部位感染の現況と対策および問題点

関連リンク

2002年第18週号(2002年4月29日~5月5日)掲載 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症 黄色ブドウ球菌は、ヒトや動物の皮膚、消化管内などの体表面に常在するグラム陽性球菌である。通常は無害であるが、皮膚の切創や刺創などに伴う ...
47 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症について紹介しています。 ... 検査方法 検査材料 分離・同定による黄色ブドウ球菌の検出、かつオキサシリンのMIC値が4μg/ml以上、又はオキサシリンの感受性ディスク(KB)の阻止円の直径が ...
知恵蔵2015 - メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の用語解説 - ペニシリンの一種であるメチシリンが効かなくなった黄色ブドウ球菌。薬剤耐性菌の代表格。多くの抗生物質に抵抗性を示し、感染症は治療が困難。MRSAは、抗生物質を長期に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みVRSA
国試過去問110E061」「109F017」「101B060」「103E012
リンク元耐性菌」「MRSA腸炎」「MRSA」「methicillin-resistant Staphylococcus aureus」「methicillin resistant Staphylococcus aureus
拡張検索市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎」「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症
関連記事ブドウ球菌」「リン」「耐性」「メチシリン」「

VRSA」

  [★] バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌 vancomycin-resistant Staphylococcus aureus


110E061」

  [★]

  • 次の文を読み、61~63の問いに答えよ。
  • 72歳の男性。発熱と全身の倦怠感を主訴に来院した。
  • 現病歴:2か月前に37℃台の発熱があり、かかりつけ医から抗菌薬を処方された。7日後に解熱したが、倦怠感と食欲低下は持続していた。10日前から38℃台の発熱があり、再度かかりつけ医を受診した。抗菌薬と解熱薬とを処方されたが、発熱と倦怠感が持続するため受診した。
  • 既往歴:高血圧症と糖尿病で内服治療中。
  • 生活歴:一人暮らし。無職。喫煙は20本/日を50年間。飲酒はビール1,000~1,500mL/日を50年間。
  • 家族歴:父親が胃癌で死亡。母親が大腸癌で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 182cm、体重 90kg。体温 38.0℃。脈拍 108/分、整。血圧 138/80mmHg。呼吸数 20/分。SpO2 96%(room air)。皮膚は乾燥している。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。口腔内は乾燥が著明である。頸静脈の怒張を認めない。表在リンパ節を触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。腸蠕動音は正常。肋骨脊柱角に叩打痛を認めない。下腿に浮腫を認めない。神経学的所見に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白1+、糖3+、ケトン体1+、潜血(-)、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 440万、Hb 15.1g/dL、Ht 44%、白血球 14,500(桿状核好中球2%、分葉核好中球 88%、好酸球 0%、好塩基球 0%、単球 4%、リンパ球 6%)、血小板 32万、PT 87%(基準 80~120)。血液生化学所見:総蛋白 7.1g/dL、アルブミン 3.5g/dL、総ビリルビン 0.5mg/dL、直接ビリルビン 0.2mg/dL、AST 57IU/L、ALT 43IU/L、LD 355IU/L(基準 176~353)、ALP 349IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 109IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 38IU/L(基準 37~160)、CK 76IU/L(基準 30~140)、尿素窒素 38mg/dL、クレアチニン 1.1mg/dL、尿酸 9.0mg/dL、血糖 284mg/dL、HbA1c 9.6%(基準 4.6~6.2)、総コレステロール 174mg/dL、トリグリセリド 179mg/dL、Na 135mEq/L、K 4.9mEq/L、Cl 105mEq/L。CRP 11mg/dL。心電図で洞性頻脈を認める。胸部エックス線写真で異常を認めない。
  • その後の経過:精査のため入院とし、腹部超音波検査で肝膿瘍を認めた。超音波ガイド下膿瘍穿刺吸引検査を行い、採取した穿刺液を培養検査に提出し、抗菌薬の投与を開始した。培養検査ではGram陽性球菌が検出された。
  • 原因菌として可能性が高いのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 110E060]←[国試_110]→[110E062

109F017」

  [★]

  • 74歳の男性。脳梗塞で入院中である。1か月前、四肢麻痺にて緊急入院し、脳幹梗塞と診断された。入院中に肺炎を発症し、抗菌薬にて治療後に回復期リハビリテーション病棟に転棟した。転棟時、意識は清明。不全四肢麻痺のため車椅子への移乗と食事とに介助を要する。体温 36.4℃。血液所見:赤血球 421万、Hb 13.4g/dL、Ht 42%、白血球 6,400、血小板 21万。胸部エックス線写真に異常を認めない。転棟前に実施した喀痰培養でメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)陽性が判明した。リハビリテーションは訓練室で実施している。
  • この患者への対応で誤っているのはどれか。
  • a 院内で情報を共有する。
  • b リハビリテーションは継続する。
  • c バンコマイシン点滴静注を開始する。
  • d 食事介助の際にマスクとガウンを着用する。
  • e 使用したティッシュペーパーは感染性廃棄物とする。
[正答]


※国試ナビ4※ 109F016]←[国試_109]→[109F018

101B060」

  [★]

  • 咳、痰および発熱を訴えて入院した感染症患者を診察した医師が、医療スタッフにはN95マスクの着用を指示し、患者にサージカルマスクを着用させて陰圧個室に隔離するよう指示した。
  • 原因病原体はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B059]←[国試_101]→[101B061

103E012」

  [★]

  • 麻疹と同様の感染経路別予防策を行うのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E011]←[国試_103]→[103E013

耐性菌」

  [★]

resistant bacterium
薬剤耐性菌 drug resistance bacterium drug resistant bacterium
菌交代症R因子


医療系の雑誌より(日経カデット11月?)

表1抗菌薬投与後に出現する可能性か高い耐性菌

系統 前投与抗菌薬 抗菌薬投与後に高頻度に検出される細菌
自然耐性菌 獲得耐性菌
ペニシリン系 アンピシリン Klebsiella pneumoniae 大腸菌黄色ブドウ球菌(MSSAMRSA)
ピベラシリン 緑膿菌
セフエム系(第1・2世代) セフアゾリン、セフォチアム 緑膿菌腸球菌 黄色ブドウ球菌(MRSA)、大腸菌
セフエム系(第3世代) セフ卜リアキソン 腸球菌 黄色ブドウ球菌(MRSA)、緑膿菌大腸菌
セフタジジム
セフエビム
カルバペネム系 メロペネム Stenotrophomonas maltophilia 黄色ブドウ球菌(MRSA)、緑膿菌
イミペネム
アミノグリコシド系 アミカシン 腸球菌嫌気性菌 緑膿菌, Serratia marcescens
トブラマイシン レンサ球菌肺炎球菌
マクロライド系 クラリスロマイシン 腸内細菌科 黄色ブドウ球菌肺炎球菌化膿性レンサ球菌
アジスロマシン
テトラサイクリン系 ミノサイクリン Proteus mirabilis 黄色ブドウ球菌(MRSA)、Brukholderia cepacia、 Acinetobacter baumannii
Morganella morganii
Providencia rettgeri
キノロン系 レポフロキサシン レンサ球菌 黄色ブドウ球菌(MRSA大腸菌緑膿菌

表2主な耐性菌と治療薬

主な耐性菌 治療薬
緑膿菌 アズトレオナム+ブラマイシン、シプロフロキサシン(感性株)、(コリスチン)
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) バンコマイシン、テイコプラ二ン、アルベカシンリネゾリド、(ST合剤リファンピシン)
ESBLs産生大腸菌 ドリペネムメロペネムイミペネムアミカシンST合剤
グルコース非発酵性グラム陰性桿菌 ミノサイクリン、ピベラシリン、アンピシリン+スルバクタムクロラムフェニコールST合剤、(コリスチン)
バンコマイシン耐性腸球菌 テイコプラ二ン(VanB型)、リネゾリドキヌプリスチン/ダルホプリスチン
()は多分保険適用かないか、日本では未発売


MRSA腸炎」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococcus aureus colitis, MRSA enterocolitis
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 MRSA

概念

  • MRSAが原因の腸炎であり、院内感染症である。
  • 多い患者背景:術前に第3世代セフェム系抗菌薬を使用した患者。第3世代セフェム系抗菌薬を使用した高齢者。 (SSUR.539)

治療

  • 薬剤の中止 (SSUR.539) ← 第3世代セフェム系抗菌薬のこと?
  • 補液による脱水の改善 (SSUR.539)
  • バンコマイシンの投与 (SSUR.539)

鑑別診断

原因が分からない腸炎に対するバンコマイシンの安易な使用について

IRE.698を参考にしつつ
  • バンコマイシンは最後の切り札として温存すべきである。米国ではバンコマイシン使用は厳重に管理されている。日本の臨床ではどうであろうか。抗菌薬に投資開発のリソースをつぎ込んでいる企業はかつてより少なくなってきている。細菌の進化をなるべく遅くするために、抗菌薬をもっと丁寧に使わなければならない。
  • かつては「MRSA腸炎」と疑診しただけでバンコマイシンを使用しており、経験的治療としては正しいかも知れないが、抗菌薬の適正利用とはほど遠い。

国試

(治療・管理)095D056



MRSA」

  [★] メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 methicillin resistant Staphylococcus aureus


methicillin-resistant Staphylococcus aureus」

  [★] メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 MRSA


methicillin resistant Staphylococcus aureus」

  [★] メチシリン耐性黄色ブドウ球菌 MRSA


市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」

  [★]

community-acquired methicillin-resistant Staphylococcus aureus, community-associated methicillin-resistant Staphylococcus aureus, CA-MRSA
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌, 黄色ブドウ球菌


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎」

  [★]

methicillin resistant staphylococcus aureus pneumonia, MRSA pneumonia
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection
MRSA感染症 MRSA infection
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌


ブドウ球菌」

  [★]

Staphylococcus
スタフィロコッカス属ブドウ球菌属


  • 属名なので、ブドウ球菌属(Staphylococcus属)
  • グラム陽性球菌
  • 通性嫌気性
  • カタラーゼ産生 ← 連鎖球菌との判別に利用
  • 耐塩性が高い → マンニット食塩培地でコロニーを形成しうる
  • 常在細菌
皮膚、鼻腔粘膜 (内科診療学)

Staphylococcus

  • 女性の尿路感染の原因となる

毒性 (SMB.236)


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





耐性」

  [★]

tolerance
薬物耐性逆耐性依存


  • 精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態(PSY.395)


メチシリン」

  [★]

methicillin
ジメトキシフェニルペニシリン dimethoxyphenylpenicillin DMPPC



菌」

  [★]

fungusfungimicrobial
菌類真菌真菌類微生物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail9
2OVINE LEG B IN mail5
3BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail4
4MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
5Norpseudoephedrine mail4
6グリコフォームとは4
7Squilla mantis a species of mantis shrimp mail4
8CATTLE SKIN DEHIDER mail4
9ソーセージ様手指とは4
10SI 血清鉄 3
11+371 copper sulphate .lv mail3
12+多発性単純性腎嚢胞+皮質3
13パリスターキリアン3
14急性出血性白質脳炎3
15疑核3
16トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
17Anthranilic acid its esters and its salts (Methaqualone and analogues) mail3
18CATTLE BLEEDING PAN mail3
19CATTLE BLEEDING HOOK mail3
20子宮底高3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1トレッドミル運動負荷試験+禁忌3
2apache2スコア+評価表2
3ICG+代謝2
4todd麻痺2
5ハンター舌炎+画像2
6末梢静脈圧 mmHg2
7NYHA2
8パラメトリックマップ2
9子宮内感染症2
10BPRS2
11gottron疹2
12Llyn Aquaculture Ltd mail2
13Banquet Foods mail2
14ガフキー号数2
15びらん性胃炎2
16男性の場合GnRHの役割2
17大顆粒リンパ球2
18アブミ骨反射検査1
19心臓 Brock1
20カントゥ症候群1