メチシリン

出典: meddic

methicillin
ジメトキシフェニルペニシリン dimethoxyphenylpenicillin DMPPC


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/26 23:25:08」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 伝染性膿痂疹,ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群,丹毒・蜂巣炎 (特集 見てわかる小児の皮膚疾患) -- (感染性皮膚疾患)
  • 臨床研究・症例報告 蝶形骨洞炎を伴うmethicillin susceptible Staphylococcus aureus敗血症の14歳男児例
  • 臨床経験 人工関節術前鼻腔MRSAスクリーニング検査

関連リンク

大辞林 第三版 - メチシリンの用語解説 - 天然ペニシリンに耐性をもつ菌を対象に1960年に作られた半合成ペニシリンの一。グラム陽性菌・グラム陰性球菌・放線菌などに有効であったが,近年耐性をもつ菌が現れた。
メチシリンなどのペニシリン剤をはじめとして、β-ラクタム剤、アミノ配糖体剤、マクロライド剤などの多くの薬剤に対し多剤耐性を示す黄色ブドウ球菌による感染症である。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元腎排泄」「methicillin」「meticillin」「メチシリンナトリウム
拡張検索メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎」「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症」「メチシリン耐性ブドウ球菌」「メチシリン感受性黄色ブドウ球菌
関連記事リン

腎排泄」

  [★]

renal excretion
肝排泄薬物排泄


国試

methicillin」

  [★] メチシリン

WordNet   license wordnet

「antibiotic drug of the penicillin family used in the treatment of certain staphylococcal infections」

meticillin」

  [★]

メチシリン

methicillinmeticillin sodium

メチシリンナトリウム」

  [★]

meticillin sodium
メチシリン

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococcus aureus methicillin resistant Staphylococcus aureus MRSA
黄色ブドウ球菌VRSA、LRSA

耐性獲得機序

  • 多種がもつβ-ラクタムに親和性の低いペニシリン結合蛋白を発現するようになったため
  • 細胞壁合成酵素(penicillin-binding protein: PBP) PBP 2'の産生。このペニシリン結合タンパクはmecAにコードされている。
βラクタム薬の投与により発現が誘導される、らしい。

抗菌薬

QB.H-178

臨床関連


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌肺炎」

  [★]

methicillin resistant staphylococcus aureus pneumonia, MRSA pneumonia
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症


メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococcus aureus infection
MRSA感染症 MRSA infection
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌


メチシリン耐性ブドウ球菌」

  [★]

methicillin-resistant Staphylococci MRS
メチシリン


メチシリン感受性黄色ブドウ球菌」

  [★]

methicillin-susceptible Staphylococcus aureus, MSSA



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡