メタロチオネイン遺伝子

出典: meddic

metallothionein gene
メタロチオネイン


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P8-9 亜鉛添加および共生微生物の感染がダイズのメタロチオネイン遺伝子の発現に及ぼす影響(8.共生,2012年度鳥取大会)
  • 上野 満,杉本 百合恵,坂本 一憲,園田 雅俊
  • 日本土壌肥料学会講演要旨集 (58), 52, 2012-09-04
  • NAID 110009640773
  • 重金属によるメタロチオネイン遺伝子の転写制御
  • 木村 朋紀
  • 日本毒性学会学術年会 39.1(0), S10-2, 2012
  • カドミウム結合タンパク質として馬の腎臓皮質で発見されたメタロチオネイン(MT)には、MT-I~IVまで4つのサブファミリーがあり、このうちMT-IおよびIIが広範な臓器で発現している。また、MT-IおよびII遺伝子の転写は、必須微量元素である亜鉛や銅、有害重金属であるカドミウムや水銀などにより活性化され、合成されたMTタンパク質がこれら重金属と結合することで亜鉛や銅の恒常性維持、有害重金属の毒性軽 …
  • NAID 130005008953
  • 亜鉛によるメタロチオネイン遺伝子発現におけるクロマチン構造変化とその意義
  • 保坂 卓臣,木村 朋紀,古田 雄三,藤森 廣幸,磯部 正和
  • 日本毒性学会学術年会 39.1(0), P-95, 2012
  • 重金属結合性タンパク質であるメタロチオネイン (MT) の発現は、重金属への曝露によって誘導され、その誘導にはMTF-1と呼ばれる転写因子が必須であることが知られている。我々はこれまでに、亜鉛処理によってMTF-1がマウスMT-Iプロモーター上にリクルートされるのに伴い、MT-IプロモーターのヒストンH3量が減少すること、さらにこの減少はヒストン・コア粒子の除去に起因することを報告してきた。なお、 …
  • NAID 130005008941

関連リンク

【発明の名称】 メタロチオネイン遺伝子のプロモーター 【発明者】 【氏名】神崎 洋之 【氏名】中村 郁郎 【課題】イネのメタロチオネイン遺伝子のプロモーター、並びに該プロモーター及び目的遺伝子を含む組換え発現ベクター並び ...
・メタロチオネイン遺伝子欠損マウスを用いた毒性解析 メタロチオネインは表2に示すように様々な生理機能を有することが報告されているが、その一方で否定的な論文も散見され不明確な点が数多く残されている。近年、遺伝子工学 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元metallothionein gene
関連記事遺伝」「遺伝子」「」「メタロチオネイン」「メタロ

metallothionein gene」

  [★] メタロチオネイン遺伝子

遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



子」

  [★]

child
子供雑種小児小児用

メタロチオネイン」

  [★]

metallothionein
チオネイン



メタロ」

  [★]

metallo
金属




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡