ムレイン架橋酵素

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

黄色ブドウ球菌は細胞壁を合成する4種類のムレイン架橋酵素, 別名ペニシリン結合タンパクpenicillin binding protein(PBP)を有しているが, MRSAはこの4種類のPBPのほかにPBP‐2′と呼ばれる78 kDaの特殊なペニシリン結合タンパクを ...
バンコマイシンはムレイン架橋酵素の基質、ムレインのD-Ala-D-Ala 部位に水素結合し、ムレイン架橋酵素と基質との結合を阻害する。更に細菌の細胞膜の透過性に変化を与えRNA合成を阻害する。これにより細菌は細胞壁を作ることが ...
マピオン大百科へようこそ。このページはムレインに関する情報を掲載しています。気になる人物、知りたい事件があったらすぐに検索! ... ペプチドグリカン(Peptidoglycan)はペプチドと糖からなる高分子のこと。狭義にはムレイン(murein ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事酵素」「架橋」「レイン

酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。




架橋」

  [★]

crosslinkingcrossbridgecrosslinkagecrosslinkbridgecross-linked
架橋反応クロスクロスリンキングブリッジ


レイン」

  [★]

rhein
アントラキノン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡