ミカエリス定数

出典: meddic

Michaelis constantKm
Michaelis定数


-Km
See Michaelis constant


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/18 21:28:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イネ幼植物によるグルタミンおよびアラニンの吸収特性
  • 二瓶 直登,増田 さやか,田野井 慶太朗,頼 泰樹,中西 友子
  • Root Research 22(1), 3-7, 2013
  • … グルタミンおよびアラニンの吸収はミカエリス・メンテン式に沿った吸収特性を示した.溶液濃度と吸収速度からミカエリス定数(Km)と最大吸収速度(Vmax)を算出した結果,グルタミンのKm は188μmol,Vmax は1.53μmol/g/h,アラニンのKm は91μmol,Vmax は1.36μmol/g/h であった.アラニンの吸収はグルタミンよりKm がやや低く,Vmax がほぼ同等であった.イネ幼植物のグルタミンおよびアラニン吸収は,Arabidopsis で報告されてい …
  • NAID 130003395352
  • 電極上に固定化されたグルコース酸化酵素の酸素に対するミカエリス定数の決定
  • 水谷 文雄,後藤 圭佑,安川 智之
  • ポーラログラフィー 56(3), 143, 2010-10-19
  • NAID 10027646297
  • フキ (Petasites japonicus) のクロロゲン酸酸化酵素の精製と性質
  • 韓 雲哲,趙 福善,小川 剛史 [他],太田 真由美,藤田 修二
  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 35(4), 179-186, 2009-07-31
  • … 本酵素はクロロゲン酸および(-)-エピカテキンを強く酸化し、クロロゲン酸(pH4.0、30℃で測定)および(-)-エピカテキン(pH8.0、30℃で測定)の酸化反応時のミカエリス定数はそれぞれ、0.14mMおよび0.7mMであった。 …
  • NAID 10029726711

関連リンク

【ベストアンサー】Km値は最大反応速度の1/2の速度を与える時の基質濃度に相当します。 したがって、Km値が高いものの方が同じ最大反応速度を得ていてもより多くの基質が必要ということに ...
ミカエリス・メンテンの式 ミカエリス・メンテンの式 酵素反応の速度を知る式にミカエリス・メンテンの式がある。この式を見て考えることにより薬の代謝速度を予測したり、薬物の相互作用によりどのようにな副作用がでるかを ...

関連画像

阻害がある場合のミカエリス ミカエリス・メンテン式の  ミカエリス・メンテンの式つまり、 Km が大きい方が酵素 ミカエリス・メンテンの式 - 脳  基質濃度と酵素反応速度の関係


★リンクテーブル★
リンク元Km」「Michaelis定数
関連記事」「リス」「定数」「ミカエリス

Km」

  [★]

  • ミカエリス定数
Michaelis constant
See Michaelis constant

Michaelis定数」

  [★]

Michaelis constant
ミカエリス定数

数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ


定数」

  [★]

constant
定常性一定普遍


ミカエリス」

  [★]

Michaelis
ミハエリス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡