マーカス・ガン下顎眼瞼連動現象

出典: meddic

関連リンク

2009年7月15日 ... マーカス・ガン現象とは、「顎(あご)の動きに対して上眼瞼が挙上する現象であり、眼瞼 下垂の症状を伴う場合がほとんどです。運動神経である三叉神経の外側翼突筋の支配 神経である三叉神経(第5脳神経3枝の下顎神経)と眼瞼挙筋の支配神経である動眼 神経(第3脳神経)との間の神経の異常連絡が原因で .... 眼瞼下垂はおそらく殆どなく、 あごを開閉する時に最大幅5mm前後でしょうか、連動して瞼が動きます。
この体への影響とは、マーカス・ガン現象と言うより、眼瞼下垂によるものです。 .... 以前 にも述べたように、マーカス・ガン現象というのは、運動神経である三叉神経の外側翼 突筋の支配神経である三叉神経(第5脳神経3枝の下顎神経)と眼瞼挙 ..... 眼瞼下垂は おそらく殆どなく、あごを開閉する時に最大幅5mm前後でしょうか、連動して瞼が動き ます。


★リンクテーブル★
関連記事現象」「下顎」「眼瞼」「ガン

現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象


下顎」

  [★]

lower jaw

臨床関連

下顎の低形成 (IMD.66)

眼瞼」

  [★]

eyelids
palpebrae
マブタまぶた


上眼瞼の運動を支配する神経

臨床関連


ガン」

  [★]

cancer
がん




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡