マクリ

出典: meddic

digenea
海人草鷓鴣菜
カイニン酸

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/01/10 23:50:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 中級レベルの英語の日本人の第二言語学習者におけるフォシラィゼイションエラー -小規模調査-
  • クマー クリシャン
  • 長崎外大論叢 (18), 161-172, 2014-12-30
  • NAID 110009886973
  • 米国紛争鉱物規制に基づく初年度の開示状況に関する検討
  • パラダイス セオドア・A,コダマ クリストファー・J,杉山 浩司 [他]
  • NBL (1040), 23-34, 2014-12-15
  • NAID 40020297518
  • 欧米SCM会議(34)豪アコレード・ワインズ 投資ファンドによる買収を機に改革着手 中間管理職を対象にS&OP教育を徹底

関連リンク

マクリ(居酒屋/和風)の店舗情報・予約なら、お得なクーポン満載、ネット予約でポイントも貯まる【ホットペッパーグルメ】!マクリのおすすめポイントは街の真っただ中に小さな入口。扉をくぐると、和洋が融合したオシャレな ...
マクリ】 平成9年03月15日号より 基源:マクリ Digenea simplex C.Agardh(フジマツモ科 Rhodomelaceae)の全藻。 マクリ(海人草)は現在ではもっぱら蛔虫駆除薬として知られていますが、わが国では古くは新生児の胎毒 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗炎症・鎮痒外用剤

販売名

デルマクリンクリーム1%

組成

成分・含量

  • 1g中 グリチルレチン酸 10mg

添加物

  • 白色ワセリン、ステアリルアルコール、プロピレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、モノステアリン酸グリセリン、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

効能または効果

  • 湿疹、皮膚そう痒症、神経皮膚炎
  • 通常、症状により適量を1日数回患部に塗布または塗擦する。

薬効薬理

抗炎症作用

  • グリチルレチン酸は、TPA誘導によるマウスの耳介浮腫を抑制する14)

肥満細胞脱顆粒抑制作用

  • グリチルレチン酸は、ラットの肥満細胞を用いたin vitroの実験系において、肥満細胞からのヒスタミン遊離を抑制する15)

ホスホリパーゼA2阻害作用

  • グリチルレチン酸は、in vitroの実験系において、アラキドン酸代謝系の初発酵素である炎症性ホスホリパーゼA2の酵素活性を選択的に阻害する16)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • グリチルレチン酸 (glycyrrhetinic acid)

化学名

  • 3β-hydroxy-11-oxoolean-12-en-30-oic acid

分子式

  • C30H46O4

分子量

  • 470.68

融点

  • 288〜297℃

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、におい及び味はない。ピリジンに溶けやすく、エタノール又はクロロホルムにやや溶けやすく、石油エーテルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みカイニン酸
リンク元海人草」「鷓鴣菜
拡張検索アマクリン細胞」「starburstアマクリン細胞」「網膜アマクリン細胞」「AIIアマクリン細胞

カイニン酸」

  [★]

kainic acid, kainate, digenic acid
acidum kainicum
カイニン酸受容体


海人草」

  [★]

かいにんそう
マクリ

鷓鴣菜」

  [★]

しゃこさい
マクリ


アマクリン細胞」

  [★]

amacrine cell
無軸索細胞
網膜



starburstアマクリン細胞」

  [★]

starburst amacrine cell
アマクリン細胞


網膜アマクリン細胞」

  [★]

retinal amacrine cell
アマクリン細胞


AIIアマクリン細胞」

  [★]

AII amacrine cell
アマクリン細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡