ポーランド症候群

出典: meddic

Poland syndrome, Poland's syndrome
Poland症候群

概念

wikipedia enより抜粋
  • Poland syndrome (also Poland's syndrome, Poland's syndactyly, Poland sequence, and Poland's anomaly) is a rare birth defect characterized by underdevelopment or absence of the chest muscle (pectoralis) on one side of the body and (but not always) webbing of the fingers (cutaneous syndactyly) of the hand on the same side (ipsilateral hand) mostly common on the right side of body and found more in males than females.
  • It is usually considered a unilateral condition. Some have claimed that the term can be applied in bilateral presentation, but others recommend using alternate terminology in those cases.

参考

  • Poland syndrome - wiki en
  • [display]http://en.wikipedia.org/wiki/Poland_syndrome



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Tissue expander により乳房の拡張および乳輪乳頭の位置の修正を行ったポーランド症候群の1例
  • 吾妻 隆久,西野 健一,沼尻 敏明,山本 暢,素輪 善弘
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 31(12), 805-807, 2011-12-20
  • NAID 10030261798
  • 先天性大胸筋欠損症の乳房再建術
  • 武石 明精,石田 勝大,宇井 啓人,栗原 邦弘
  • 日形会誌 : 日本形成外科学会会誌 = Journal of Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery 24(7), 403-411, 2004-07-20
  • NAID 10013332987
  • 臨床経験 ポーランド症候群2症例の麻酔経験
  • 丸井 由佳子,仁田原 慶一,岩切 重憲 [他]
  • 麻酔 52(3), 274-276, 2003-03-00
  • NAID 80015804820

関連リンク

ポーランド症候群。社団法人 日本形成外科学会のWebサイトです。
2007年4月6日 ... ポーランド症候群では、片側の大胸筋の欠損と同側の手指の発育不全を伴うケースが 多いそうです。具体的には、胸の筋肉が無く、薄いあるいは陥没したようにみえるように、 左右で胸のバランスが異なります。また、障害のある胸と同側の手が ...

関連画像

MRIにて第三脳室および中脳 ソルト レット ジュニア これはマイルらしい(1 チェック柄の男性ぞれの方法には長所短所がある 不全 型 口唇 裂 手術 前


★リンクテーブル★
先読みPoland症候群」「Poland syndrome
関連記事症候群」「」「症候

Poland症候群」

  [★]

Poland syndrome
・ーランド症候群


Poland syndrome」

  [★]

・ーランド症候群、Poland症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡