ポリソルベート80

出典: meddic

polysorbate 80
polysorbas 80
M.V.I.-12アドステロール-I131アトルバスタチンイノマールイムネースイモバックスポリオイルガスインジウム(111In)オキシンインデラニックインフルエンザHAワクチンウビロンウルサミックエイムゲン エキセメスタンエクセラーゼ配合エレンタールP乳幼児用配合エレンタール配合エンセバックガーダシルキューカルキョーリンAP2配合クラリスロマイシングランケフレックスケルナックゴクミシンコバテンシンシンレスタールスピロノラクトンセファクロルダイメジン・マルチタムスロシン塩酸塩タンチパン配合ネオM.V.I.-9ネオラミン・マルチVビタジェクトフッコラートフルカリック1号ベザリップヘパンED配合マインベースヤンヤン温パップ ヤンヤン冷パップ ライドラースランソプラゾールレバミピドロタテック塩酸タムスロシン
ポリソルベート


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 難水溶性製剤の溶出試験に界面活性剤として使用されるポリソルベート80の品質に関する研究
  • 梶村 計志,川口 正美,四方田 千佳子
  • 医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 43(7), 650-655, 2012
  • NAID 40019383655
  • 点眼薬含有添加剤ベンザルコニウム塩化物およびポリソルベート80点眼時におけるOLETFラット角膜傷害治癒の速度論的解析
  • 長井 紀章,村尾 卓俊,伊藤 吉將,岡本 紀夫,下村 嘉一
  • あたらしい眼科 = Journal of the eye 28(6), 855-859, 2011-06-30
  • NAID 10029052603

関連リンク

アトピーや肌トラブルで悩み苦しんだsawakoの体験をもとに 手作りコスメ、手作り石けん、レシピ、重曹お洗濯などを ... ポリソルベート80 Polysorbate-80 ココナッツオイル由来の常温でアルコールを使わずに、水に溶けない精油や ...
楽天市場-「ポリソルベート 80」検索結果です。楽天市場は、セールや送料無料など取扱商品数が日本最大級のインターネット通販サイト・オンラインショッピングコミュニティです。(標準順 写真付き一覧) 総合案内所 ヘルプ ...
超高純度ポリソルベート80,卓越した安全性を示します。JP・USP・EP適合品を日油がお届けします。 ... ・製品名がポリソルベート80(HX)からポリソルベート80(HX2)に変更となりました。 当社の高純度ポリソルベート80(製品名:ポリ ...

関連画像

would you like to see this page in english ポリソルベート80|お薬辞典 ポリソルベート80(液体  ポリ ソルベー ト 80 は iciシクロスポリン組成物ポリソルベート80 Polysorbate-80低過酸化物 ポリソルベート80 3

添付文書

薬効分類名

  • タキソイド系抗悪性腫瘍剤

販売名

ドセタキセル点滴静注液20mg/1mL「サワイ」

禁忌

  • 重篤な骨髄抑制のある患者〔重症感染症等を併発し、致命的となることがある。〕
  • 感染症を合併している患者〔感染症が増悪し、致命的となることがある。〕
  • 発熱を有し感染症の疑われる患者〔感染症が増悪し、致命的となることがある。〕
  • 本剤又はポリソルベート80含有製剤注)に対し重篤な過敏症の既往歴のある患者〔本剤はポリソルベート80を含有する。〕
  • 注)主なポリソルベート80含有製剤についてはインタビューフォームをご参照ください。
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある患者(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 乳癌、非小細胞肺癌、胃癌、頭頸部癌
  • 通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして60mg/m2(体表面積)を1時間以上かけて3〜4週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜増減すること。ただし、1回最高用量は75mg/m2とする。
  • 卵巣癌
  • 通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして70mg/m2(体表面積)を1時間以上かけて3〜4週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜増減すること。ただし、1回最高用量は75mg/m2とする。
  • 食道癌、子宮体癌
  • 通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして70mg/m2(体表面積)を1時間以上かけて3〜4週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜減量すること。
  • 前立腺癌
  • 通常、成人に1日1回、ドセタキセルとして75mg/m2(体表面積)を1時間以上かけて3週間間隔で点滴静注する。なお、患者の状態により適宜減量すること。
  • 子宮体癌での本剤の術後補助化学療法における有効性及び安全性は確立されていない。
  • 前立腺癌では本剤は外科的又は内科的去勢術を行い、進行又は再発が確認された患者を対象とすること。
  • 本剤の投与にあたっては、特に本剤の用量規制因子である好中球数の変動に十分留意し、投与当日の好中球数が2,000/mm3未満であれば、投与を延期すること。
  • 本剤の投与量が増加すると、骨髄抑制がより強くあらわれるおそれがあるので注意すること。(「重要な基本的注意」の項1.及び「重大な副作用」の項1.参照)
  • 本剤の投与時には、必要量を注射筒で抜き取り、直ちに250又は500mLの生理食塩液又は5%ブドウ糖液に混和し、1時間以上かけて点滴静注すること。(「適用上の注意」の項参照)

慎重投与

  • 骨髄抑制のある患者〔骨髄抑制が増悪し、重症感染症等を併発するおそれがある。〕
  • 間質性肺炎又は肺線維症のある患者〔症状を増悪させるおそれがある。〕
  • 肝障害のある患者〔本剤の血中濃度が上昇し、副作用が強くあらわれるおそれがある。(「その他の注意」の項2.参照)〕
  • 腎障害のある患者〔腎障害を増悪させるおそれがある。〕
  • 浮腫のある患者〔浮腫を増悪させるおそれがある。〕
  • 妊娠する可能性のある患者(「重要な基本的注意」の項5.参照)
  • アルコールに過敏な患者〔本剤は溶剤として無水エタノールを含有するため、アルコールの中枢神経系への影響が強くあらわれるおそれがあるので、本剤を投与する場合には問診により適切かどうか判断すること。〕

重大な副作用

  • (頻度不明)
  • 骨髄抑制:汎血球減少、白血球減少、好中球減少(発熱性好中球減少を含む)、ヘモグロビン減少、血小板減少等があらわれるので、血液検査を十分に行い、異常が認められた場合には、投与間隔の延長、減量、休薬等の適切な処置を行うこと。また、本剤の投与にあたってはG-CSF製剤の適切な使用に関しても考慮すること。
  • ショック症状・アナフィラキシー:呼吸困難、気管支痙攣、血圧低下、胸部圧迫感、発疹等のショック症状・アナフィラキシーがあらわれることがあるので、十分に観察を行い、関連する徴候が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 黄疸、肝不全、肝機能障害:黄疸、肝不全、AST(GOT)・ALT(GPT)・Al-Pの著しい上昇等の重篤な肝障害があらわれることがあるので、肝機能検査の値に注意して観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 急性腎不全:急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、腎機能検査の値に注意して観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 間質性肺炎、肺線維症:間質性肺炎、肺線維症があらわれることがある。(「その他の注意」の項5.参照)また、放射線療法を併用している患者で同様の臨床症状(放射線肺臓炎)があらわれることがある。(「相互作用」の項参照)観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 心不全:心不全があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 播種性血管内凝固症候群(DIC):播種性血管内凝固症候群(DIC)があらわれることがあるので、血小板数、血清FDP値、血漿フィブリノーゲン濃度等の血液検査を適宜行うこと。症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 腸管穿孔、胃腸出血、虚血性大腸炎、大腸炎:腸管穿孔、胃腸出血、虚血性大腸炎、大腸炎があらわれることがあるので、腹痛、吐血、下血、下痢等の症状があらわれた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • イレウス:イレウスがあらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 急性呼吸促迫症候群:急性呼吸促迫症候群があらわれることがあるので、呼吸障害等がみられた場合には観察を十分に行い、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 急性膵炎:急性膵炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、血清アミラーゼ値等に異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、多形紅斑:皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)、多形紅斑等の水疱性・滲出性皮疹があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。
  • 心タンポナーデ、肺水腫、浮腫・体液貯留:心タンポナーデ、肺水腫、緊急ドレナージを要する胸水、腹水等の重篤な浮腫・体液貯留が報告されている。(「その他の注意」の項1.参照)
  • 心筋梗塞、静脈血栓塞栓症:心筋梗塞、静脈血栓塞栓症が報告されている。
  • 感染症:敗血症、肺炎等の感染症が報告されている。異常が認められた場合には直ちに適切な処置を行うこと。(「重要な基本的注意」の項1.参照)
  • 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH):抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、低浸透圧血症を伴う低ナトリウム血症、尿中ナトリウム排泄量の増加、痙攣、意識障害等の症状があらわれた場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。
  • その他、重篤な口内炎等の粘膜炎、血管炎、末梢神経障害、四肢の脱力感等の末梢性運動障害、Radiation Recall現象が報告されている。

薬効薬理

  • ドセタキセルはタキサン化合物である。タキサン化合物は微小管を形成するチュブリンの重合を促進して微小管を過剰形成・安定化させ、脱重合を抑制することによって細胞分裂を阻害し、抗腫瘍効果を発揮する。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ドセタキセル水和物(Docetaxel Hydrate)

化学名

  • (1S,2S,3R,4S,5R,7S,8S,10R,13S)-4-Acetoxy-2-benzoyloxy-5,20-epoxy-1,7,10-trihydroxy-9-oxotax-11-en-13-yl(2R,3S)-3-(1,1-dimethylethyl)oxycarbonylamino-2-hydroxy-3-phenylpropanoate trihydrate

分子式

  • C43H53NO14・3H2O

分子量

  • 861.93

性状

  • ドセタキセル水和物は白色の結晶性の粉末である。N,N-ジメチルホルムアミド又はエタノール(99.5)に溶けやすく、メタノール又はジクロロメタンにやや溶けやすく、水にはほとんど溶けない。光によって分解する。


★リンクテーブル★
先読みレバミピド」「スピロノラクトン」「ダイメジン・マルチ」「クラリスロマイシン」「M.V.I.-12
リンク元ナグラザイム」「インジウム(111In)オキシン
関連記事ポリソルベート

レバミピド」

  [★]

rebamipide
ムコスタ
消化性潰瘍用剤

効能又は効果

ムコスタ錠100mg/ムコスタ顆粒20%
  • 胃潰瘍
  • 下記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善
急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期

重大な副作用

ムコスタ錠100mg/ムコスタ顆粒20%
  • 1. ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明※)
  • ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 2. 白血球減少(0.1%未満)、血小板減少(頻度不明※)
  • 白血球減少、血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 3. 肝機能障害(0.1%未満)、黄疸(頻度不明※)
  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTP、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

ムコスタ錠100mg/ムコスタ顆粒20%
  • 1. 実験胃潰瘍に対する抑制作用及び治癒促進作用13~15)
  • ラットにおいて水浸拘束ストレス潰瘍、アスピリン潰瘍、インドメタシン潰瘍、ヒスタミン潰瘍、セロトニン潰瘍、幽門結紮潰瘍及び活性酸素が関与していると考えられる虚血-再灌流、血小板活性化因子(PAF)、ジエチルジチオカルバメイト(DDC)、ストレス・インドメタシンによる胃粘膜傷害を抑制する。また、ラット酢酸潰瘍の治癒を促進し、潰瘍作製後120~140日目にみられる再発・再燃を抑制する。
  • 2. 実験胃炎に対する抑制作用及び治癒促進作用16,17)
  • ラットにおいて、胆汁酸の主成分の一つであるタウロコール酸で誘発した実験胃炎の発生を抑制するとともに治癒促進効果を有する。
  • 3. 胃粘膜プロスタグランジン増加作用18,19)
  • ラットにおいて胃粘膜内プロスタグランジンE2含量を増加させる。また、胃液中のプロスタグランジンE2、I2を増加させるとともに、プロスタグランジンE2の代謝産物である15-ケト-13,14-ジヒドロプロスタグランジンE2も増加させる。
  • 健康成人男子において、胃粘膜プロスタグランジンE2含量を増加させ、エタノール負荷による胃粘膜傷害に対する抑制作用を示す。
  • 4. 胃粘膜保護作用18,20~22)
  • ラットにおいてエタノール、強酸及び強アルカリによる胃粘膜傷害を抑制する。また、ウサギ胎児由来の培養胃粘膜上皮細胞において、アスピリン及びタウロコール酸(胆汁酸の主成分の一つ)による細胞障害を抑制する。

健康成人男子においてアスピリン、エタノール、塩酸-エタノール負荷による胃粘膜傷害を抑制する。

  • 5. 胃粘液量増加作用23~25)
  • ラットにおいて粘液高分子糖タンパクの生合成酵素活性を高め、胃粘膜被覆粘液量及び可溶性粘液量を増加させる。なお、可溶性粘液増加作用に内因性プロスタグランジンは関与しない。
  • 6. 胃粘膜血流量増加作用22)
  • ラットにおいて胃粘膜血流量を増加させ、脱血による血行動態の障害を改善する。
  • 7. 胃粘膜関門に対する作用26)
  • ラットにおいて胃粘膜電位差に対してほとんど作用を示さないが、エタノールによる胃粘膜電位差の低下を抑制する。
  • 8. 胃アルカリ分泌亢進作用27)
  • ラットにおいて胃アルカリ分泌を亢進する。
  • 9. 胃粘膜細胞回転賦活作用
  • ラットにおいて胃粘膜細胞新生能を賦活し、被蓋上皮細胞数を増加させる。
  • 10. 損傷胃粘膜修復作用28,29)
  • ウサギ培養胃粘膜上皮細胞を用いた創傷修復モデルにおいて、胆汁酸及び過酸化水素によって遅延した修復過程を正常化する。
  • 11. 胃酸分泌に対する作用30)
  • ラットにおいて基礎胃液分泌にほとんど作用を及ぼさず、また、刺激胃酸分泌に対しても抑制作用を示さない。
  • 12. 活性酸素に対する作用31~35)
  • 本剤はヒドロキシルラジカルを直接消去し、また、多形核白血球のスーパーオキシド産生を抑制する。In vitroにおいて、Helicobacter pylori による好中球からの活性酸素種産生による胃粘膜細胞傷害を抑制する。また、ストレス・インドメタシンを負荷したラットの胃粘膜傷害を抑制すると同時に胃粘膜中の過酸化脂質含量を低下させる。
  • 13. 胃粘膜への炎症性細胞浸潤に対する作用16,36,37)
  • ラットのタウロコール酸(胆汁酸の主成分の一つ)誘発胃炎モデル、NSAIDs胃粘膜傷害モデル、虚血-再灌流モデルにおいて炎症性細胞浸潤を抑制する。
  • 14. 胃粘膜における炎症性サイトカイン(インターロイキン-8)に対する作用38,39)
  • Helicobacter pyloriによるヒト胃粘膜上皮細胞からのインターロイキン-8(IL-8)産生増加を抑制する。また、上皮細胞内のNF-κBの活性化及びIL-8 mRNAの発現を抑制する(in vitro)。

参考

  • ムコスタ錠100mg/ムコスタ顆粒20%
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2329021D1020_1_08/2329021D1020_1_08?view=body



スピロノラクトン」

  [★]

spironolactone
spironolactonum
アポラスノンアルダクトン AldactoneアルマトールアレキサンスピラクトンディーラノイダブルピロラクトンマカシーAメルラクトンヨウラクトンラクデーンラッカルミン
利尿薬
  • アルドステロン受容体阻害薬
  • 集合管でアルドステロン受容体に結合して、アルドステロンに拮抗する
  • K+を保持したまま利尿作用を及ぼす特徴がある
アルドステロンはNa+の再吸収を促進し、K+を排出する。アルドステロンに拮抗阻害するので、K+は保持されることになる。




ダイメジン・マルチ」

  [★]

混合ビタミン剤
成分  分量 
チアミン塩化物塩酸塩 3mg
リボフラビンリン酸エステルナトリウム  5.08mg
(リボフラビンとして 4mg)
ピリドキシン塩酸塩 4mg
シアノコバラミン 10μg
ニコチン酸アミド 40mg
葉酸 0.4mg
パンテノール 14.04mg
ビオチン 0.1mg
アスコルビン酸 100mg
レチノールパルミチン酸エステル 3300ビタミンA単位
エルゴカルシフェロール 10μg
トコフェロール酢酸エステル 15mg
フィトナジオン  2mg 


クラリスロマイシン」

  [★]

clarithromycin, CAM
クラリスクラリシッドクラロイシンマインベースランサップリクモース、Biaxin
抗菌薬
  • 蛋白合成阻害

特徴

構造

  • マクロライド系
  • 14員環



M.V.I.-12」

  [★] シアノコバラミン葉酸ビオチンビタミンAエルゴカルシフェロールトコフェロール酢酸エステルチアミン塩化物塩酸塩(チアミン)、リボフラビンリン酸エステルナトリウム(リボフラビン)、ピリドキシン塩酸塩ニコチン酸アミドパンテノール(パントテン酸)、アスコルビン酸


ナグラザイム」

  [★] ガルスルファーゼ塩化ナトリウム、リン酸二水素ナトリウム一水和物、リン酸水素二ナトリウム七水和物、ポリソルベート80

酵素製剤


インジウム(111In)オキシン」

  [★] ポリソルベート80


ポリソルベート」

  [★]

polysorbate
・リソルベート80




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡