ボンフェローニの方法

出典: meddic

Bonferroni method
検定
  • 多群間の平均値を比較する方法の一つ。
  • 同様な比較をする方法には以下の通り数多く存在する。(参考1)
  • .1 最小有意差のよるLSD法
  • .2 FisherのLSD法
  • .3 ダンカンの方法
  • .4 ボンフェローニの方法
  • .5 シェフェの方法
  • .6 ダネットの方法
  • .7 ウィリアムズの方法
  • .8 チューキーのHSD法
  • 具体的には2群間の比較を全ての2群間で行う。検定の数がk回となる場合には、それぞれの検定の有意水準をα/kとすることで、全体として多群間の検定を有意水準αで行うことができる。

参考

  • 1.
[display]http://www3.ocn.ne.jp/~stat/medical/med_019.htm


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

多重比較法の1つにBonferroni(ボンフェローニ)法があります。この手法は、検定の多重性を避けるために、検定を繰り返した回数で有意水準(α)を割るという非常に簡単な方法で実行できることから大変重宝されます。
これらの方法は、統計量に依存しないため、どのような検定に対しても利用できるため、汎用性が高い方法です。以下、Bonferroni法とHolm法について解説します。 Bonferroni法 検定総数がNの場合、それぞれの Holm法 非常に保守的 な ...
Bonferroniの方法とその改良版の方法 多重比較には様々な方法がありますが,その中でも,Bonferroniの方法とその改良版の方法は特に適用範囲が広いことで知られています。 しかし,検出力を改善した改良版の方法について触れた日本語の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み検定
関連記事方法」「

検定」

  [★]

assaytestassaytest
アッセイ検査検定法試験、試験法、測定法定量テスト分析アッセイ法
  • 母数についてある特定の家庭を設定し、その仮定が正しいかどうかについて統計学的に伴ダンスrための手法である。設定した帰無仮説の下で、ある特定の統計量が得られる確率を求める。その検定により得られた確率(p値)がある基準(有意水準)より小さければ、母数に関する帰無仮説が間違っている可能性が高い(有意差がある)と判断する。(QB)

参考

  • 1. 仮説検定 - wiki ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%AE%E8%AA%AC%E6%A4%9C%E5%AE%9A


方法」

  [★]

methodprocessproceduremannerfashionmodewaymeans
加工過程機序手段測定法測定方法態度手順プロセシングプロセスプロセッシング方向モード様式流行製法工程突起手法進め方方式


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡