ボホダレク・ヘルニア

出典: meddic

胸腹裂孔ヘルニア

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2.新生児外科治療成績の現況(<特集>新生児外科治療の現況と展望)
  • 渡辺 泰宏
  • 日本外科学会雑誌 108(6), 313-317, 2007-11-01
  • NAID 110006453939
  • 7.幼児ボホダレクヘルニアの1治験例(第35回日本小児外科学会東北地方会)
  • 井口 淳子,的場 直矢,谷村 清明,大江 洋文,鎌田 義彦,菅野 衛,蔵木 純一,松本 高,平 幸雄,渡辺 修一
  • 日本小児外科学会雑誌 21(4), 730-731, 1985-06-20
  • NAID 110002097144
  • ボホダレクヘルニア術後,呼吸因難がとれず肝脾腫大をきたした1例(C.P.C.)

関連リンク

このタイプの横隔膜ヘルニアは胸腹裂孔ヘルニア,またはボホダレク孔ヘルニア, あるいは後外側ヘルニアなどと呼ばれ,生まれた直後から生命にかかわる重大な症状 をきたすことが多く,一番問題になるタイプです.以下,このタイプについて説明します.
家庭医学館 子どもの横隔膜ヘルニア(ボホダレク孔ヘルニア)の用語解説 - [どんな 病気か] 子どもの横隔膜ヘルニアのなかでもっとも多いのがボホダレク孔ヘルニアです。 これは、胎児期(たいじき)に横隔膜が形成されるときに、その後ろ側が完全に閉まらず に ...

関連画像

ボックダレック孔ヘルニア 横隔膜ヘルニアの症状や手術ボックダレック孔ヘルニアとは  ボホダレク ヘルニア 阿倍 abe


★リンクテーブル★
先読み胸腹裂孔ヘルニア
リンク元横隔膜ヘルニア
関連記事ヘルニア

胸腹裂孔ヘルニア」

  [★]

pleuroperitoneal diaphragmatic hernia
胸腹膜裂孔ヘルニアボホダレック孔ヘルニア Bochdalek孔ヘルニア Bochdalek herniaボホダレクヘルニアBochdalekヘルニア
先天性横隔膜ヘルニア横隔膜ヘルニア横隔膜
腰肋三角ヘルニア


概念

  • 胸腹裂孔の閉鎖障害により、ヘルニア門を通じて、腸管、脾臓、肝臓が胸腔に脱出する。左に多く(右2:左8)、ヘルニア嚢を欠く。
  • 患側肺、時に両側肺の低形成を伴う。
  • 治療成績は悪い
  • 成人に至ってから発症するものもある(遅発型胸膜裂孔ヘルニア)

疫学

  • 1/2000 (L.197)

病因

病変形成&病理

症状

  • 主訴:呼吸困難、チアノーゼ
  • 呼吸循環障害

合併奇形

診断

検査

治療

予後

  • 出生後24時間以内に緊急手術が必要な症例では予後不良
  • 生後24時間以降にまで手術を待機できるような症例は予後良好。

予防

横隔膜ヘルニア」

  [★]

diaphragmatic hernia, diaphragmatocele
hernia diaphragmatica
横隔膜胸腹裂孔ヘルニア


分類

発生の時期

  • 先天性
  • 後天性

横隔膜欠損部位

  • 成人のヘルニアの80-90%。50歳以上の女性に多い
  • 脱出臓器:胃
  • 滑脱型ヘルニア:胃の噴門部が胸腔内に滑脱 → 多い
  • 傍食道型ヘルニア:食道下部は横隔膜に下にあって、胃の一部が胸腔内に脱出
  • 脱出臓器:結腸、小腸
  • 小児のヘルニアの60%以上。左側に多い。 → 症状が重篤であれば緊急手術
  • 脱出臓器:大網、横行結腸
  • 発症頻度は少ない。右側に多い
  • 横隔膜の外傷によるヘルニア

国試



ヘルニア」

  [★]

hernia
脱腸
真性ヘルニア true hernia


  • 鼡径部ヘルニア





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡