ボウディッチの法則

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

全か無かの法則(ぜんかむかのほうそく、英 all-or-none principle、all-or-none law)とは刺激の強さと反応の大きさに関する法則であり、悉無律(しつむりつ)とも呼ばれる。 概要 全か無かの法則は、筋繊維(筋線維とも)や神経繊維(神経線維と ...
Q:この法則は、1871年にH・P・ボウディッチが行った、カエルの心臓を用いた( )により提唱された。 出典: ... この法則は、1871年にH・P・ボウディッチが行った、カエルの心臓を用いた実験により提唱された。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事法則

法則」

  [★]

rule
規定ルール規則





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡