ペプチダーゼ

出典: meddic

peptidase



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/11 23:40:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-32-2 新規アミノペプチダーゼ,laeverinの初期絨毛内における発現と機能(Group66 生殖生理・病理・基礎2,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 堀江 昭史,佐藤 幸保,杉並 興,松本 久宣,藤原 浩,小西 郁生,服部 明
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 674, 2011-02-01
  • NAID 110008509446
  • P1-13-8 妊娠高血圧症候群と双胎妊娠における胎盤性ロイシンアミノペプチダーゼ(PLAP)及び水代謝の検討(Group21 妊娠・分娩・産褥の生理・病理4 IUGR・PIH,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 小山 貴弘,山田 俊,古田 伊都子,吉井 一樹,荒木 直人,赤石 理奈,武田 真光,西田 竜太郎,山田 崇弘,森川 守,櫻木 範明,水上 尚典
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 527, 2011-02-01
  • NAID 110008509007

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ペプチダーゼの用語解説 - ペプチド結合の加水分解を行う酵素。高分子である蛋白質を分解するプロテアーゼ (→蛋白質分解酵素 ) に対して,ペプチドを分解するものをペプチダーゼとして一応 ...
プロテアーゼ (protease) は、ペプチド結合 (-CO-NH-) の加水分解を触媒する酵素の総称で、プロテイナーゼ (proteinase) とペプチダーゼ (peptidase) とに分けられます。 プロテイナーゼは、蛋白質分子のペプチド結合を ...

関連画像

生物学実験/マイタケの カルボキシペプチダーゼは夕ン Based on the catalytic mechanism of GGT II. ユニークなタンパク質分解 CARBOXYPEPTIDASE B | 80651-95-2微生物の身体を形つくる細胞壁


★リンクテーブル★
リンク元アスパラギン酸エンドペプチダーゼ」「エンドペプチダーゼ」「タンパク質分解酵素」「アミノペプチダーゼ」「peptidase
拡張検索γ-グルタミルトランスペプチダーゼ」「カルボキシペプチダーゼ」「ジペプチダーゼ」「中性エンドペプチダーゼ」「カルボキシペプチダーゼY

アスパラギン酸エンドペプチダーゼ」

  [★]

aspartic endopeptidase
酸性プロテアーゼ酸性エンドペプチダーゼアスパラギン酸プロテイナーゼアスパルチルプロテアーゼアスパルチルプロテイナーゼ
ペプチダーゼ

エンドペプチダーゼ」

  [★]

英:endopeptidase
エキソペプチダーゼ exopeptidaseペプチダーゼ

概念

  • タンパク質の内部のペプチド鎖を加水分解しこれを断片化するペプチダーゼの総称
  • トリプシン、ペプシンなど


タンパク質分解酵素」

  [★]

proteaseproteinaseproteolytic enzyme
タンパク分解酵素プロテアーゼプロテイナーゼペプチダーゼ蛋白質分解酵素蛋白分解酵素ペプチドヒドロラーゼ

アミノペプチダーゼ」

  [★]

英:aminopeptidase
ロイシンアミノペプチダーゼエキソペプチダーゼペプチダーゼ
  • N末端からアミノ酸を加水分解する



peptidase」

  [★]

ペプチダーゼペプチド加水分解酵素

peptide hydrolaseproteaseproteinaseproteolytic enzyme


γ-グルタミルトランスペプチダーゼ」

  [★]

gamma-glutamyl transpeptidase, γ-glutamyl transpeptidase γ-glutamyltransferase, γ-GTP, γGTP, γ-GT, gamma-GTP, GGT, GGTP
γグルタミルトランスフェラーゼγグルタミルトランスペプチダーゼグルタミルトランスペプチダーゼ
肝臓


分子量

  • 約86kDa

臓器分布

  • 腎臓2200, 膵臓180, 肝臓85, 脾臓35, 小腸20, 脳10, 心臓1

基準値

  • 8-50IU/L(流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.13)

病態との関連

OLM 251
  • 急性肝炎 < 慢性活動性肝炎
  • 急性肝炎 > 慢性非活動性肝炎, 代償期肝硬変
  • 高値:肝内胆汁うっ帯、閉塞性黄疸、アルコール性肝障害、原発性肝癌
  • 胆管炎に対する感度は90%と言われている、らしい。


③:glutathione S-transferase
④:gamma-glutamyltranspeptidase



カルボキシペプチダーゼ」

  [★]

carboxypeptidase
カルボキシポリペプチダーゼ carboxypolypeptidase
ロイシンアミノペプチダーゼエキソペプチダーゼ
  • ペプチドのC末端から切断するエキソペプチダーゼ
  • 人の膵臓からはカルボキシペプチダーゼAとカルボキシペプチダーゼBが分泌され、C末端から2番目の残基に対する特異性がある。



ジペプチダーゼ」

  [★]

英:dipeptidase

-ジペプチドを2個のアミノ酸に分解する

dipeptidase



中性エンドペプチダーゼ」

  [★]

neutral endopeptidase
エンケファリナーゼネプリライシン


カルボキシペプチダーゼY」

  [★]

carboxypeptidase Y
カテプシンAカルボキシペプチダーゼC




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡