ペニシリン酸

出典: meddic

penicillic acid

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 糸状菌の産生するカビ毒の変異原性と極微弱発光との関係について
  • 高橋 治男 [他],矢崎 廣久,木村 修一,長田 和実
  • 日本栄養・食糧学会誌 45(2), 169-173, 1992
  • … 生するカビ毒21種, すなわち, アフラトキシン (AF) B1, B2, G1, G2, ステリグマトシスチン, オクラトキシンA, 麹酸, D-セカロン酸, ルテナスカイリン, グリセオフラビン, PR-トキシン, ルブラトキシンB, パツリン, ペニシリン酸, シトリニン, シクロピアゾン酸, モニリフォルミン, ゼアラレノン, T-2トキシン, ニバレノール, フザレノン-X, についてAmesテストによる変異原性を調べるとともに, S9 mix添加における極微弱発光の測定を行 …
  • NAID 130000853496
  • マイコトキシンの化学分析に関する研究 (第7報):高速液体クロマトグラフィーによちアフラトキシン類の分析
  • 五十畑 悦子,武田 由比子,内山 充
  • 食品衛生学雑誌 18(1), 48-52_1, 1977
  • … シリカゲル (イアトロビーズ・6RS-8010)はジクロルメタン-クロロホルム-メタノール (60:40:0.15) およびクロロホルム-イソオクタン-イソプロパノール (75:25:0.5) を移動相として, アフラトキシンB1, B2, G1, G2を分離し, ポーラスポリマーゲル (イアトロビーズ・6CP-2010) ではパツリンとペニシリン酸とアフラトキシンB群, G群を分離した. …
  • NAID 130003692043
  • マイコトキシンの化学分析に関する研究-6-高速液体クロマトグラフィ-によるペニシリン酸とパツリンの同時分析
  • 五十畑 悦子,武田 由比子,内山 充
  • 食品衛生学雑誌 17(4), p308-313, 1976-08
  • NAID 40001843509

関連リンク

栄養・生化学辞典 ペニシリン酸の用語解説 - C8H10O4 (mw170.16). ある種のカビ から得られる抗生物質の代謝生成物で,毒性がある.ペニシリンとは関係のない語.図 のようにラクトン型と平衡して存在する....
ペニシリン(Penicillin、英語発音: /ˌpenəˈsilin/)とは、1929年にイギリスの アレクサンダー・フレミングによって発見された、世界 ... 発見後、医療用として実用化 されるまでには10年以上の歳月を要したが、1942年にベンジルペニシリン(ペニシリンG 、PCG)が単 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事リン」「」「ペニシリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

ペニシリン」

  [★]

penicillin PC
抗菌薬






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡