ベルリンブルー染色

出典: meddic

Berlin blue stain
鉄染色 iron stainプルシアンブルー染色 Prussian blue stainプルシアンブルー反応 Prussian's blue reaction

概念

  • フェロシアン化カリウムと塩酸で3価の鉄イオンをフェロシアン化鉄(ベルリン青)として検出する方法。
  • 組織標本で鉄染色(ベルリン青染色)の対象になるのは、ほとんど溶血のヘモジデリン(血鉄素)である。
  • ヘモジデリンはヘモグロビン由来の黄褐色から茶褐色の色素で、出血後の組織や細胞内に認められる。

参考2.より

組織内3 価鉄イオンの染色に使用され、ヘモジデリン(血鉄素)染色が対象です。ヘモジデリンは、ヘモグロ ビン由来の黄茶かっ色の色素で、出血後の組織や細胞内に認められます。

組成 (参考2.より)

2%塩酸 2%フェロシアン化カリウム

参考

[display]http://path1-hokudai.jp/path1/Edu_HepBilPanc_files/DSCN9060.jpg
  • 2. wako-chem 染色カタログ
[display]http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/info/men/pdf/byouriCatalog06.pdf




和文文献

  • 歯原性角化嚢胞に関するカルノア液を用いた実験的研究
  • 水川 展吉,山本 博充,山近 英樹,福永 城司,高木 慎,西嶋 克巳
  • 歯科薬物療法 16(2), 49-52, 1997-08-01
  • NAID 10010923328
  • ウマの脳血管における自然発生ミネラル沈着症
  • 柳井 徳磨,柵木 利昭,石川 勝行,酒井 洋樹,岩崎 利郎,森友 靖生,後藤 直彰
  • The journal of veterinary medical science 58(1), 35-40, 1996-01-25
  • 食肉検査所で採取した健康なウマの脳に認められたミネラル沈着症の初期像とその形態学的特徴について検討した. 3歳から10歳のウマ20例を検索し, 12例で淡蒼球の血管に種々の程度のミネラル沈着病変を認めた. 3歳では8例中3例に, 4歳以降では12例中9例に病変を認めた. 中等度以上の変化は4歳以降に認められたことから, 加齢との関連が示唆された. 沈着病変の発現形態は大きく2型に分けられた. 毛細 …
  • NAID 110003916451

関連リンク

組織標本で鉄染色(ベルリン青染色)の対象になるのは、ほとんど溶血のヘモジデリン( 血鉄素)である。 ... ヘキサシアノ鉄(II)酸塩と鉄(III)塩から得られたものはプル シアンブルーあるいはベルリンブルー、ヘキサシアノ鉄(III)酸塩と鉄(II)塩から得られ ...
核:赤色. ベルリンブルー染色. 鉄(ヘモジ. リデン). 組織内無機物. の染色. リン タングステン酸ヘマトキシリン液 ..... ベルリンブルー染色セット. 組織内無機物の 染色. 組織内3 価鉄イオンの染色に使用され、ヘモジデリン(血鉄素)染色が対象です。 ...

関連画像

ベルリンブルー染色ベルリンブルー染色鉄染色したもの。ヘモジデリン ヘモジデリン


★リンクテーブル★
先読みPrussian's blue reaction」「Prussian blue stain
リンク元染色法」「Berlin blue stain」「プルシアンブルー反応」「プルシアンブルー染色」「鉄染色
関連記事リン」「ベル」「染色

Prussian's blue reaction」

  [★] プルシアンブルー反応

Prussian blue stain」

  [★] プルシアンブルー染色

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


Berlin blue stain」

  [★] ベルリンブルー染色


プルシアンブルー反応」

  [★] ベルリンブルー染色


プルシアンブルー染色」

  [★] ベルリンブルー染色

鉄染色」

  [★] ベルリンブルー染色

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ベル」

  [★]

人名

生理的な音の感受性を考慮した音の強さの単位

bel
デシベル


染色」

  [★]

staining
染色法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡