ベリリウム

出典: meddic

berylliumBe
ベリリウム中毒


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/12/10 18:45:41」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/02 03:49:56」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/11/14 08:19:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 核融合炉ブランケット研究におけるベリリウム化合物の取り扱い
  • 柴山 環樹,中道 勝,宮本 光貴 [他]
  • プラズマ・核融合学会誌 87(4), 259-267, 2011-04
  • NAID 40018819556
  • ベリリウムについて

関連リンク

ベリリウム (英: beryllium) は原子番号4の元素で、元素記号は Be である。第2族元素 に属し、原子量は約9.012である。常温、常圧で安定した結晶は六方最密充填構造 ( HCP) である。比重は1.85、融点は1300 °Cほどで、沸点は2970 °Cである。銀白色の ...

関連画像

ベリリウムの単体ベリリウム方ソーダ石(タグ  発生用ベリリウムターゲットe0220604_18341332.jpgベリリウムベリリウム による 中毒 のこと


★リンクテーブル★
国試過去問105I031」「076A080
リンク元間質性肺炎」「塵肺症」「beryllium」「Be
拡張検索ベリリウム中毒」「慢性ベリリウム症

105I031」

  [★]

  • 産業中毒物質と健康への影響の組み合わせで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 105I030]←[国試_105]→[105I032

076A080」

  [★]

  • 適切な組み合わせ。3つ。

間質性肺炎」

  [★]

interstitial pneumonitis, interstitial lung disease, pneumonitis, interstitial pneumonia
びまん性間質性肺炎 diffuse interstitial pneumoniaびまん性線維性肺胞炎 diffuse fibrosisalveolitis、肺臓炎 pneumonitis
肺炎間質性肺疾患

間質性肺炎と実質性肺炎

  • 実質性肺炎・・・いわゆる肺炎。実質(肺胞上皮細胞および肺胞腔)の炎症。区域性の分布
  • 間質性肺炎・・・実質の間を埋める間質が炎症の場。胞隔炎。びまん性の分布

定義

  • 間質(肺胞壁や細気管支、細動静脈周囲など)を病変の主座とする炎症性疾患に対する病理組織学的総称。大葉性・小葉性肺炎(肺胞、肺胞道などの気腔内への滲出性病変)に対比して用いられる。

検査

病因による分類

  • 特発性間質性肺炎
  • 続発性間質性肺炎
間質性肺炎を来す疾患として、塵肺(無機塵・有機塵、エアロゾル?)、膠原病(PSS, SLE, RAなど)、感染症(ウイルス感染、細菌感染)、薬物誘起性肺炎、放射線肺炎など
  • 膠原病に続発




塵肺症」

  [★]

pneumo + conio + sis
pneumoconiosis
塵肺じん肺症
じん肺法

塵肺の画像所見 RNT.140

  原因物質 画像所見
珪肺 珪酸(SiO2) 上肺野に優位な陰影
粒状陰影
不整型陰影(線状、網状、蜂巣状)
結節陰影
肺門リンパ節腫大(貝殻状石灰化20%)
石綿肺 石綿 下肺野に優位な線状・蜂窩状陰影
胸膜・横隔膜の肥厚斑、石灰化
胸膜中皮腫、末梢肺癌の合併が多い
ベリリウム肺 ベリリウム サルコイドーシス類似
微細粒状陰影
肺門リンパ節腫大

参考

  • 塵肺の診断
[display]http://www.research12.jp/jinpai/09.html


beryllium」

  [★] ベリリウム Be

WordNet   license wordnet

「a light strong brittle grey toxic bivalent metallic element」
Be, glucinium, atomic number 4

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ベリリウム(金属元素;化学記号は『Be』)」

Be」

  [★] ベリリウム beryllium

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「berylliumの化学記号」

ベリリウム中毒」

  [★]

beryllium poisoning, berylliosis
ベリリウム beryllium
  • 暴露経路:経皮、経口、経気道
  • 症状
  • 急性
  • 皮膚:接触皮膚炎(掻痒、潰瘍)
  • 気道:(ガス、ヒューム、粉塵の吸入)気管支炎、肺炎、肺水腫
  • 慢性
  • ベリリウム肺:暴露を受けて数ヶ月から10数年の経過で肺に肉芽腫性病変を生じ肺線維症を来す。肺性心(また、これによる心不全)を来す。
  • ベリリウムは全身に分布し肉芽腫を形成する。


慢性ベリリウム症」

  [★]

chronic beryllium disease CBD




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡