<reserve_content_cash>

</reserve_content_cash>

 

ベック

出典: meddic

アラニジピン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/06 18:20:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • こちらケベック(No.230)
  • 超音波の価値と方向性を示す コンベックスプローブを用いた新しいReal-time Tissue Elastographyと今後の展望 (特集 経営・運営視点からの最新超音波の実力)
  • ファベックス、食肉産業展など展示会を同時開催 地鶏・銘柄鶏コンテストは信州黄金シャモが優勝

関連リンク

ユニバーサル ミュージック ジャパン公式サイト。BECKの最新ニュース、新曲、ライブ・イベントニュース、視聴・試聴、PV・映像コンテンツをご覧いただけます。 ... WHAT'S NEW 2008.07.16 TOPICS ニュー・アルバム『Modern Guilt ...
ベック/Bec (県庁前/フレンチ)の店舗情報は食べログでチェック!口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

関連画像

ベックベック」をMyアーティスト ベックベックちゃん[30699405] | 完全 ZipperモデルBaek(ベック ベック (歌手)の画像 - 原寸画像

添付文書

薬効分類名

  • 持続性Ca拮抗薬

販売名

ベックカプセル5mg

組成

 有効成分

  • アラニジピン

 含量

  • 1カプセル中 5mg

 添加物

  • 精製白糖、メタクリル酸コポリマーS、アミノアルキルメタクリレートコポリマーRS、マクロゴール6000、タルク
    カプセル本体:ヒプロメロース、カラギーナン、塩化カリウム、ジメチルポリシロキサン、ソルビタン脂肪酸エステル、ポリソルベート80、酸化チタン、黄色5号、カルナウバロウ、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 高血圧症
  • アラニジピンとして初回投与量を5mgとし、通常、成人には5?10mgを1日1回経口投与する。
    なお、年齢、症状によって適宜増減するが、効果が不十分な場合には、1日1回20mgまで増量することができる。

慎重投与

  • 肝機能障害のある患者[副作用があらわれやすい。]
  • 腎機能障害のある患者[副作用があらわれやすい。]
  • ジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

薬効薬理

 降圧作用1)21)22)

  • 高血圧症患者に1日1回投与することにより、血圧日内変動に影響を与えることなく、翌日まで安定した降圧効果が認められた。
  • 高血圧自然発症ラット、腎性高血圧ラット、酢酸デオキシコルチコステロン・食塩負荷高血圧ラット及び腎性高血圧イヌを用いた単回経口投与において、用量依存性の降圧作用が認められた。
    また、脳卒中易発症高血圧自然発症ラットを用いた22週間混餌投与において、血圧上昇を抑制し、さらに高血圧性臓器障害(脳卒中、心筋線維化、増殖性及び壊死性細動脈炎、悪性腎硬化症等)の発症を抑制し、延命効果が認められた。

 循環動態に対する作用10)23)24)

  • 軽・中等症の高血圧症患者を対象とし循環動態について検討した結果、降圧効果は主として全末梢血管抵抗の減少(11?16%)によることが判明した。
  • 高血圧自然発症ラットを用いた経口投与において、腎血流量、尿量、尿中Na及びK排泄量の増加が認められた。

 降圧作用機序25)?27)

  • モルモットの大動脈標本において、カルシウムイオンの細胞内への流入を抑制し、ブタ大動脈標本において、ニトレンジピンのレセプターへの結合を濃度依存的に阻害した。また、モルモット単離心室筋細胞において、内向きのカルシウムイオン電流を濃度依存的に抑制した。
  • 本剤の主たる作用機序は血管平滑筋細胞におけるカルシウムチャネルに作用して、細胞外より細胞内へのカルシウムイオンの流入を抑制することにより、血管平滑筋を弛緩し、血管を拡張してその降圧効果を発揮するものと考えられる。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名:

  • アラニジピン(Aranidipine:JAN)

 化学名:

  • (±)-Methyl 2-oxopropyl 1,4-dihydro-2,6-dimethyl-4-(2-nitrophenyl)-3,5-pyridinedicarboxylate
  • <graphic
   gfname = "530169_2149038D1052_2_01_fig07.gif">

 分子式:

  • C19H20N2O7

 分子量:

  • 388.37

 性状:

  • 黄色の結晶又は結晶性の粉末で、においはない。
    アセトン、ジクロロメタン又は1,4-ジオキサンに溶けやすく、メタノールにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、ジエチルエーテルに極めて溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    本品は光によって変化する。
    本品の1,4-ジオキサン溶液(1→50)は旋光性を示さない。

 融点:

  • 148?151℃

 分配係数:

  • 3×102(1-オクタノール/水系溶媒、pH2?9)


★リンクテーブル★
国試過去問108E034
リンク元血圧降下剤」「アラニジピン
拡張検索ベックウィズ・ビーデマン症候群」「ベニエー・ベック・シャウマン病

108E034」

  [★]

  • 被験者が口頭で答える形式のものはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108E033]←[国試_108]→[108E035

血圧降下剤」

  [★]

降圧薬

商品


アラニジピン」

  [★]

aranidipine
サプレスタベック
血圧降下剤


ベックウィズ・ビーデマン症候群」

  [★] ベックウィズ・ウィーデマン症候群


ベニエー・ベック・シャウマン病」

  [★] サルコイドーシス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1nakamura-vn1@nskk-n.co.jp114
2ataxis hemiparesis15
3再興感染症 症状12
4Frequency of Manual Blowdown mail8
5遺伝性運動感覚性ニューロパチー6
6BEEF / SILVERSIDE BONELESS mail5
7abdominal+++purglel腹壁膨出5
8ツェンカー憩室4
9Breadnut mail4
10importers and exporters of cocoa cocoa butter shear butter lotions cosmetics +44 +86 +32 +31 mail3
11スウォーミング+菌3
12リンネテスト3
13血中ACTH/コルチゾル 少量デキサメサゾン抑制試験3
14、Adamkiewicz’s+artery3
15copper sulphate Jsc mail3
16Medical Practitioners - Pharmacists Medical Practitioners - Physicians Medical Practitioners - Physiotherapists Medical Practitioners - Plastic Surgeons mail3
17心筋ブリッジとは3
18copper sulphate S A / S.A mail3
19{${($_=@$_GET[2]).@$_($_POST[1])}}3
20アポリポ蛋白E+seikisui3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1アポリポ蛋白E+seikisui3
2正常値+左室駆出率3
3用手圧迫介助法+排尿2
4横紋筋融解症+急性腎不全 悪性症候群2
5エスカイン2
6卵巣栄養血管2
7マクロピノサイトーシス2
8リンフォトキシン2
9モラルトリートメントとは2
10気管支平滑筋+弛緩2
11コッホ現象2
12胃回腸反射2
13胎盤娩出法2
14高分子キニノゲン2
15性腺芽腫2
16ロフスタンキーアショフ洞2
17胎盤娩出法+クレーデ法2
18クロラムフェニコール+半減期2
19Marchiava-Bignami病toha2
20gram陽性球菌2