ベザフィブラート

出典: meddic

bezafibrate
アニベソールベザスターベザテートベザトールベザリップベザレックスベスタリットミデナール
ベザフィブレート
高脂血症用剤

添付文書

  • ベザテートSR錠100/ベザテートSR錠200
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2183005G1048_1_10/2183005G1048_1_10?view=body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/16 21:03:01」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 遷延した混合型薬物性肝障害に対して茵茵陳蒿湯を含む多剤薬物療法が有効であった2例
  • 酒見 亮介,垣内 誠也,森光 洋介,久保 保彦,松垣 論,宗 祐人,酒見 美幸,下河辺 正行,原田 大,佐田 通夫
  • 肝臓 53(5), 291-297, 2012-05-25
  • 外傷後のケロイド治療及び術後のケロイド予防目的に対してトラニラスト(リザベン)を服用した2例の男性患者が内服終了後の約3週目より黄疸が出現し来院した.臨床所見ならびに検査所見などから2例ともトラニラストの薬物性肝障害を強く疑われ,ウルソデオキシコール酸(UDCA)製剤を内服したが,減黄を認めなかった.トラニラストにより,胆汁分泌機能の役割を担うビリルビントランスポーターに障害を来たしたと考え,我々 …
  • NAID 10030625556
  • 高中性脂肪血症合併2型糖尿病におけるベザフィブラートと速効型インスリン分泌促進薬併用療法の有効性,安全性について
  • 田中 正巳
  • 日本未病システム学会雑誌 18(1), 60-62, 2012
  • NAID 40019221669
  • 水中のカルバマビピン,ジクロフェナック,ベザフィブラートの固相抽出-LC/MS/MS法による高感度分析法の開発
  • 川元 達彦,矢野 美穂,三橋 隆夫
  • 兵庫県立健康生活科学研究所健康科学研究センター研究報告 (1), 27-33, 2010
  • NAID 40018726491

関連リンク

ベザトールSRとは?ベザフィブラートの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
ベザフィブラートSRとは。効果、副作用、使用上の注意。血液中の悪玉コレステロールの量を減らし、善玉コレステロールの量を増やす作用があり、脂質異常症の治療に用いられます。 クロフィブラート製剤は、肝臓での ...
ベザフィブラートSR錠200mg「サワイ」(ベザフィブラート,<sec1><para>肝臓でのトリグリセライドやコレステロールの合成を抑制し、血液中のコレステロールの代謝を促進することにより、血清脂質を改善させます。 通常、高脂血 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 高脂血症治療剤

販売名

ベザスターSR錠100

組成

1錠中の有効成分:

  • ベザフィブラート・・・・・100mg

添加物:

  • ポビドン、トウモロコシデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg、無水ケイ酸、ヒプロメロース、タルク、酸化チタン、ポリソルベート80

禁忌

人工透析患者(腹膜透析を含む)

  • [横紋筋融解症があらわれやすい。]

腎不全などの重篤な腎疾患のある患者

  • [横紋筋融解症があらわれやすい。]

血清クレアチニン値が2.0mg/dL以上の患者

  • [横紋筋融解症があらわれやすい。]

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

妊婦又は妊娠している可能性のある女性(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • 高脂血症(家族性を含む)
  • 通常、成人にはベザフィブラートとして1日400mgを2回に分けて朝夕食後に経口投与する。
    なお、腎機能障害を有する患者及び高齢者に対しては適宜減量すること。
  • 本剤は主として腎臓を経て尿中に排泄されるので、腎機能障害のある患者への投与には十分注意する必要がある。投与にあたっては、下表の血清クレアチニン値に応じて減量すること。
    また、高齢者では、加齢により腎機能の低下を認める一方で、筋肉量の低下から血清クレアチニン値の上昇が軽微であるため、下表のクレアチニンクリアランスに応じた投与量の調節を行うこと。
    なお、投与量はクレアチニンクリアランスの実測値より設定することが望ましいが、患者の身体状況等を勘案し、実測することが困難である場合には、例えばクレアチニンクリアランスと高い相関性が得られる下記の安田の推定式を用いるなどにより、用量の設定を行うこと。
  • 男性:(176−年齢)×体重/(100×血清クレアチニン値)
    女性:(158−年齢)×体重/(100×血清クレアチニン値)
  • 血清クレアチニン値:Scr≦1.5mg/dL
    クレアチニンクレアランス:60mL/分≦Ccr
    投与量:400mg/日(200mg×2)
  • 血清クレアチニン値:1.5mg/dL<Scr<2.0mg/dL
    クレアチニンクレアランス:50mL/分<Ccr<60mL/分
    投与量:200mg/日(200mg×1)
  • Scr:血清クレアチニン値
    Ccr:クレアチニンクリアランス


慎重投与

腎疾患のある患者

  • [症状の増悪及び横紋筋融解症があらわれることがある。](「用法・用量に関連する使用上の注意」の項参照)

血清クレアチニン値が1.5mg/dLを超える患者

  • [横紋筋融解症があらわれることがある。] (「用法・用量に関連する使用上の注意」の項参照)

肝障害又はその既往歴のある患者

  • [血中濃度が上昇するおそれがある。]

胆石又はその既往歴のある患者

  • [胆石の形成がみられることがある。]

抗凝血薬を投与中の患者

  • (「相互作用」の項参照)

HMG-CoA還元酵素阻害薬(プラバスタチンナトリウム、シンバスタチン、フルバスタチンナトリウム等)を投与中の患者

  • (「相互作用」の項参照)

スルホニル尿素系血糖降下薬(グリベンクラミド、グリクラジド、グリメピリド等)、ナテグリニド及びインスリンを投与中の患者

  • (「相互作用」の項参照)

高齢者

  • (「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

横紋筋融解症:

(頻度不明)

  • 筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症があらわれ、これに伴って急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。(「重要な基本的注意」1)の項参照)

アナフィラキシー様症状:

(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(顔面浮腫、口唇の腫脹等)があらわれることがあるので観察を十分に行い、異常が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑:

(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、多形紅斑があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

  • 181〜186℃


★リンクテーブル★
リンク元フィブラート」「フィブラート系薬物」「bezafibrate」「ベザフィブレート」「ベザスターSR
拡張検索ベザフィブラートSR
関連記事ブラ

フィブラート」

  [★]

fibrate
フィブラート系薬物高脂血症治療薬
  • fibric acidの誘導体(fibric acid derivatves)
  • PPAR activators
  • HDL↑、LDL↓
  • peroxisome proliferator activated receptor(PPAR)を介して薬理作用を発現←転写因子
  • PPARα:肝臓、褐色脂肪細胞で発現。腎臓、心臓、骨格筋でやや発現 (GOO.957)
作用:(1)脂肪酸酸化、LPL合成↑、apoC-III↓ (GOO.957)
apoC-IIIは肝臓分解やレセプターを介した(LDLなどの)取り込みのinhibitorとして機能 (GOO.957)
HDL-Cの増加はapoA-IとApoA-IIの発現を刺激することによる (GOO.957)

フィブラート系薬物

フィブラート系薬物」

  [★]

フィブラート系リポ蛋白代謝改善薬
フィブラート

概念

  • Fibrates such as clofibrate and gemfibrozil act mainly to lower plasma triacylglycerols by decreasing the secretion of triacylglycerol and cholesterol-containing VLDL by the liver. In addition, they stimulate hydrolysis of VLDL triacylglycerols by lipoprotein lipase. (harper)

薬理作用

作用機序

  • RRARαに作用してこれを活性化、脂肪酸の分解を亢進する

フィブラート系薬物


bezafibrate」

  [★]

ベザフィブラートベザフィブレート


ベザフィブレート」

  [★]

bezafibrate
ベザフィブラート


ベザスターSR」

  [★] ベザフィブラート


ベザフィブラートSR」

  [★] ベザフィブラート


ブラ」

  [★]

bulla, pulmonary bulla
気腫性嚢胞 emphysematous bulla
ブレブ
  • 図:SPU.135
  • ブラ bulla 気腫性嚢胞 肺胞が破壊されてできた肺実質内の気腔
  • 肺胞壁の破壊、融合、拡張により生じた気腫 ただし胸膜の弾性板の内側に留まっている





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡