ヘンゼン細胞

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2Y1受容体刺激によって惹起されたヘンゼン細胞のカルシウムウェーヴ
  • モルモット蝸牛回転間におけるサイトケラチンの 変化について
  • 佐久間 仁
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 101(11), 1348-1357, 1998-11-20
  • … ン溝細胞,ラセン隆起細胞,歯間細胞,ライスネル膜に認められ,内外有毛細胞,血管条には認められなかった.回転間の変化として,コルチ器では上方回転ほど柱細胞,ダイテルス細胞のCK発現の増強が認められ,ヘンゼン細胞によるCK陽性域も増加した.一方蝸牛管外側壁では外ラセン溝細胞の分布に一致しCK陽性域が下方回転ほど増加した.これらより,モルモット蝸牛回転間においてCK局在の差異の存在が明らかになった.上方回 …
  • NAID 10005599195

関連リンク

両細胞の中の堅固な柱状構造(内柱、外柱)は、壊れにくくエオジンに強染するので、 容易にみつけられる。 ... を持つ; 3~4列 外トンネル 外境界細胞(ヘンゼン細胞): 支持 細胞: 高円柱形; 5~6列 外支持細胞(クラウデウス細胞): 立方形; 外ラセン溝上皮に 移行 ...

関連画像

クリックすると拡大 外有毛細胞の端面とその感覚毛 家兎の頂回転のダイテルス細胞クリックすると拡大Tectorial membrane of cochlear duct(蓋膜 クリックすると拡大


★リンクテーブル★
関連記事細胞

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡