ヘモジデリン尿症

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

発作性夜間血色素尿症患者の尿沈渣中にみられたヘモジデリン顆粒とヘモジデリン顆粒が沈着している細胞(おそらく腎尿細管上皮細胞)。黄色~黄褐色にみえる。無染色、400倍。
本症例は夜間発作性血色素尿症の患者尿であるが、他にヘモジデリン顆粒が認められる疾患として、血管内赤血球破砕症候群、Banti病、その他溶血性疾患で認められる。 解説 3-1 Berlin-bule染色400倍 解説:渡邊 一博 次の 設問へ ...
血管外溶血ではヘモグロビンはハプトグロビンと結合し肝臓へ運ばれグロビン、鉄、ポルフィリンに分解されます。血管内溶血ではヘモグロビンの一部は腎臓へ運ばれヘモグロビン尿とヘモジデリン尿となり排泄されます。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ヘモジデリン」「リン」「

ヘモジデリン」

  [★]

hemosiderin
ヘモシデリン 血鉄素
ヘモジデローシスヘモクロマトーシス

概念

鉄はタンパク質に結合し(例えば組織内ではフェリチン)ミセル化しているが、細胞内のリソソームで変性を受けるとヘモジデリンとなる。 (SP.500)
  • 黄色から茶色を呈する
  • 鉄過剰により細胞内に沈着する
  • 体内にはヘモジデリンとして鉄が0.5g含まれている(LAB.579)。→

染色像

染色法/処理 染色像/結果
鉄染色 青色
PAS染色 淡赤色
溶解
  • 鉄貯蔵蛋白であるフェリチンが網内系の細胞などに摂取され変性したもの。


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡