ヘモグロビンF

出典: meddic

hemoglobin F Hb F, HbF
胎児ヘモグロビン fetal hemoglobin
ヘモグロビン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヘモグロビンFと血算値自動計測によるヘモグロビン異常症のスクリ-ニング
  • 寛解中ヘモグロビンFの高値を示した急性白血病の1例

関連リンク

ヘモグロビンF HbF ( hemoglobin F ) 外注会社:SRL 塩野義(平成15年3月31日まで大塚) 測定方法:HPLC法 基準値 0.9%以下(平成15年4月1日より) 外注大塚 平成15年3月31日まで1.4 %以下 ...
検体量 全血 2.0mL 採取容器 F 保存条件 冷蔵 所要日数 1~4 検査方法 HPLC法 基準値 1.2 以下 % 実施料 60点 判断料 血液学的検査(125点) 保険収載名 ヘモグロビンF(HbF)

関連画像

 ヘモグロビンはかなり小さいよ ]èY'0Ø0â0°0í0Ó0ó0niË u ri[fチアノーゼとは|眠れる森のピ ヘモグロビンa1c下げる 糖尿病 2011-08-30 第107話 コーヒーと 身体診察 - Welcome to 佐野内科


★リンクテーブル★
先読みHbF
国試過去問097A003」「097G052」「107E033
リンク元fetal hemoglobin」「hemoglobin F
関連記事ヘモグロビン」「F」「f」「グロビン」「ビン

HbF」

  [★] 胎児型ヘモグロビン fetal hemoglobin

fetal hemoglobin


097A003」

  [★]

  • 25歳の1回経産婦。妊娠29週。定期的妊婦健康診査のため来院した。前回の妊娠・分娩経過ともに正常で、児にも異常はみられなかった。既往歴と家族歴とに特記すべきことはない。前回までの妊婦健康診査で異常は指摘されていない。今回の超音波検査で、胎児に腹水、胸水および皮下浮腫が認められる。母体血液検査で原因検索に有用なのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097A002]←[国試_097]→[097A004

097G052」

  [★]

  • 胎児で正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097G051]←[国試_097]→[097G053

107E033」

  [★]

  • 正常妊娠において母体血中に比較し胎児血中で高値であるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107E032]←[国試_107]→[107E034

fetal hemoglobin」

  [★] ヘモグロビンF, HbF胎児ヘモグロビン


hemoglobin F」

  [★] ヘモグロビンF

fetal hemoglobin


ヘモグロビン」

  [★]

hemoglobin, Hb
血色素
酸素化ヘモグロビン脱酸素化ヘモグロビン赤血球グロビン鎖ヘモグロビン濃度

生化学

  • 67 kDa

血液内科学

  • 2種類のグロビンタンパク質が各2個集まりヘテロ4量体を形成したもの。
  • 発生段階によってできるヘモグロビンが異なる
  • α鎖系はζ→α
  • β鎖系はε→γ→β δ
  • 発生初期:ζ2ε2
  • 胎児期 :α2γ2
  • 乳児期 :α2β2(HbA), α2δ2(HbA2), α2γ2(HbF)
  • 成人
α2β2(HbA) :Hbの97%
α2δ2(HbA2) :Hbの2%
α2γ2(HbF) :Hbの2%
発生初期:ZE
成人  :B > D > G , Aは共通


機能

  • O2運搬
  • CO2運搬
  • 体液pHの調整

CO2運搬

  • 血液中に溶解する :排泄されたCO2の5%(Kaplan Q book p.101)、9%(SP.655)
  • ヘモグロビンのN末のアミノ基でカルバミン酸を形成して :排出されたCO2の15%(HBC.45)、11%(SP.655) カルバミノヘモグロビン
  • 赤血球中のCAによりbicarbonateを産生し、血漿により運搬される :排泄されたCO2のほとんど(HBC.45)、80%(SP.655)

臨床検査

  • 臨床検査では、血液1dl中のヘモグロビンの量(g)を定量する。略号はHb

基準値 (ヘモグロビン濃度)

-2007前期生理学授業プリント
  • 男性:14 - 18 (g/dl)  16±2 (g/dl)
  • 女性:12 - 16 (g/dl)  14±2 (g/dl)
異常値の出るメカニズム第5版 p.79
  • 男:13~19 g/dl
  • 女:12~18 g/dl
HIM. A-2
  • 男:13.3-16.2 g/dl
  • 女:12.0-15.8 g/dl

パニック値

出典不明
  • ≦5 g/dl、≧17.0 g/dl

輸液によるヘモグロビン濃度の上昇

  • 予測方法(1):予測されるヘモグロビン上昇(g/dl) = 投与ヘモグロビン量(g) / 循環血液量(dl)
  • 予測方法(2):濃厚赤血球2単位でおよそヘモグロビン上昇は1(g/dl)

国試




F」

  [★] フェニルアラニン phenylalanine

WordNet   license wordnet

「the 6th letter of the Roman alphabet」
f


f」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「farad / forte」


グロビン」

  [★]

globin
グロビン蛋白質 globin protein



ビン」

  [★]

bottle
ビンづめ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡