ヘミセルロース

出典: meddic

hemicellulose


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/18 22:41:22」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • ヘミセルロースの有効利用を目指して
  • 岩田 忠久,フンダドール ノリーン,ロジャース 有希子
  • Material stage 12(10), 1-3, 2013-01-00
  • NAID 40019555716
  • ヘミセルロース由来の機能性食品素材の開発と応用
  • 加藤 陽治,高橋 匡
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 = Bulletin of applied glycoscience 2(3), 180-184, 2012-08-20
  • NAID 10030704081

関連リンク

ヘミセルロース(hemicellulose)は植物細胞壁に含まれる、セルロースを除く水に対して 不溶性の多糖類の総称。 1891年にE.シュルツェによって発見される。発見当初は セルロース生合成の中間体と見なされていたが、現在では別の多糖であることが知られ て ...
栄養・生化学辞典 ヘミセルロースの用語解説 - 植物細胞壁の成分で,アルカリで抽出 できる多糖で,主たる物質はキシランであるが,他の多糖も抽出されうる.セルロースは 溶けないので,含まれない.研究者によって定義に多少異同がある....

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元プロピオン酸」「キシラン
関連記事セル

プロピオン酸」

  [★]

propionic acid
プロパン酸プロパン
カルボン酸


  • プロピオン酸(プロピオンさん、propionic acid)は示性式CH3CH2COOH、分子量74.08のカルボン酸。IUPAC命名法ではプロパン酸 (propanoic acid) となる。CAS登録番号は79-09-4。

物性

反芻動物におけるプロピオン酸

  • 反芻胃で食物の中のセルロースヘミセルロースを嫌気発酵して、プロピオン酸などの短鎖脂肪酸を生成している。

ヒト(非反芻動物を含む)におけるプロピオン酸

代謝

HBC. 169
プロピオン酸血症
メチルマロン酸尿症


誘導体

臨床関連


キシラン」

  [★]

xylan
ヘミセルロース


セル」

  [★]

cell
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡