ヘマトキシリン

出典: meddic

hematoxylin、((古))haematoxylin

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/31 12:47:23」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 分析・計測 マルチスペクトル撮影に基づく高品質・高機能映像システム
  • 屋久島の老齢ニホンザルの死因および寄生虫感染の報告
  • 早川 祥子,Hernandez Alexander D.,鈴木 真理子,菅谷 和沙,香田 啓貴,長谷川 英男,遠藤 秀紀
  • 霊長類研究 advpub(0), 1106020005, 2011
  • … 年齢の推定は死体の歯のエナメル質をヘマトキシリンで染色する方法によって行った。 …
  • NAID 130000907594

関連リンク

ヘマトキシリン(英: Haematoxylin)は、アカミノキから抽出されたNatural Black 1又は C.I. 75290とも呼ばれる染料である。ヘマテインに酸化され、Fe(III) やAl(III)と錯塩を 形成して強く発色する。ヘマトキシリン・エオシン染色として顕微鏡検査下の細胞核染色 に ...
ヘマトキシリン・エオジン染色は病理組織の最も基本的で重要な一般染色法であり、 組織構造の光顕レベルで. の全体像の把握を目的とする。 ヘマトキシリン、エオジン各々 の染色液により、一般に以下のように染め分ける。 ヘマトキシリンにより青藍色∼淡 ...

関連画像

組織診標本(ヘマトキシリン http://www.agri.tohoku.ac.jp/keitai/image ヘマトキシリン液の組成.JPGHE染色3.JPGeosin.JPGヘマトキシリン3G


★リンクテーブル★
リンク元染色法」「肥満細胞」「塩基性色素」「好塩基性」「haematoxylin
拡張検索ヘマトキシリン・エオジン染色」「ヘマトキシリン・エオシン染色
関連記事リン

染色法」

  [★]

種類 染色法 染色結果
塩基性色素 ヘマトキシリン
酸性色素 エオジン
色素 染色部位
電荷 種類 種類 電荷
塩基性色素 ヘマトキシリンアズール 好塩基性 核酸、リボソーム(rRNA)、硝子軟骨
酸性色素 エオジン 好酸性 膠原線維



バクテリア


肥満細胞」

  [★]

mast cell, mastocyte
マスト細胞
ヒスタミン好塩基球

形状

  • 20-30μm (HIS.101)
  • 細胞質に0.3-0.8μmの顆粒を含む

特徴

  • 顆粒は様々な生理活性物質を含む
ヘパリン(or コンドロイチン硫酸)、
ヒスタミン
中性プロテアーゼ(トリプターゼキマーゼカルボキシペプチダーゼ)
アリルスルファターゼ
その他
β-グルクロニダーゼ
キニノゲナーゼ
ペルオキシダーゼ
スーパーオキシドジスムターゼ
好酸球走化因子
好中球走化因子

由来

  • 骨髄の前駆細胞

染色像


臨床関連

  • 炎症(I型アレルギー)の引き金を引く細胞。喘息患者の気道平滑筋層に存在(健常人では存在しない(HIM. 1598)



塩基性色素」

  [★]

染色法
  • 酸性の成分と反応して染まる
  • 色素の液性は塩基性、と思われる

染色部位

  • 核(DNA)
  • 細胞質の酸性領域(密集したリボソームが存在する粗面小胞体(RNA) ex. 漿液腺細胞
  • 軟骨基質

染色法

  • ヘマトキシリン(hematoxylin)
青(紫)


好塩基性」

  [★]

basophilic
[[]]
染色法
  • 塩基性の色素に染まりやすい性質


haematoxylin」

  [★]

ヘマトキシリン

hematoxylin


ヘマトキシリン・エオジン染色」

  [★]

hematoxylin-eosin stain HE stain
HE染色
染色法


ヘマトキシリン・エオシン染色」

  [★]

hematoxylin-eosin stainingHE staining
HE染色


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡