ヘスペリジン

出典: meddic

hesperidin


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/04 14:19:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 与那国島産ボタンボウフウを含有する飲料摂取による下肢むくみ改善効果
  • 則松(田村) 亜紀子,森 浩
  • 日本食品科学工学会誌 = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 59(10), 509-514, 2012-10
  • NAID 40019470486
  • 糖転移ヘスペリジン
  • 宅見 央子
  • 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 = Bulletin of applied glycoscience 2(1), 61, 2012-02-20
  • NAID 10030138240

関連リンク

柑橘類から生まれた機能性素材「糖転移ヘスペリジン」を研究するウェブサイトです。「糖転移ヘスペリジン・ビタミンP研究会」の活動内容、研究結果、血管力を高めるコツなどを紹介。
【ヘスペリジン(ビタミンP)の効果】 毛細血管の強化 毛細血管は、体の組織と栄養や酸素のやりとりをしているので、適度に透過性が保たれている必要があります。ヘスペリジン(ビタミンP)は、この透過性が良くなりすぎるのを ...
ヘスペリジンのページです。成分情報をご紹介します。きっと見つかる!あなたにピッタリのわかさの秘密。 ... ヘスペリジンの効果 血流を改善する効果 ヘスペリジンが持つ末梢血管を強化する作用は、血流を改善する効果につな ...

関連画像

Lebretonがヘスペリジンの(純粋 糖転移させたヘスペリジン糖化ヘスペリジン の意味 ヘスペリジンの含有量(成熟 ヘスペリジン(ビタミンP)は ヘスペリジン

添付文書

薬効分類名

  • 経口用セフェム系抗生物質製剤

販売名

  • セファクロル細粒10%「日医工」

組成

 有効成分

  • セファクロル

 含量

  • 1g中 100mg(力価)

 添加物

  • 精製白糖、トウモロコシデンプン、ポリソルベート80、アスコルビン酸、シリコーン樹脂、香料、リボフラビン酸エステルナトリウム、黄色三二酸化鉄、メチルヘスペリジン

禁忌

  • 本剤の成分によるショックの既往歴のある患者

効能または効果

 <適応菌種

  • 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、大腸菌、クレブシエラ属、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌

 <適応症

  • 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、麦粒腫、中耳炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、猩紅熱
  • 通常、幼小児にはセファクロルとして体重kgあたり1日20〜40mg(力価)を3回に分割して経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状等に応じ適宜増減する。
  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

慎重投与

  • ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者
  • 高度の腎障害のある患者[血中濃度が持続するので、投与量を減らすか、投与間隔をあけて使用すること。]
  • 経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者、全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行うこと。]

重大な副作用

 ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、喘鳴、全身潮紅、浮腫等)を起こすことがあるので、観察を十分に行い、症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 急性腎不全(頻度不明)

  • 急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少(頻度不明)

  • 汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 偽膜性大腸炎(頻度不明)

  • 偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがある。腹痛、頻回の下痢があらわれた場合には、直ちに投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

 間質性肺炎、PIE症候群(頻度不明)

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、好酸球増多等を伴う間質性肺炎、PIE症候群等があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

 肝機能障害、黄疸(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

 一般名:

  • セファクロル(Cefaclor)

 略号:

  • CCL

 化学名:

  • (6R,7R)-7-[(2R)-2-Amino-2-phenylacetylamino]-3-chloro-8-oxo-5-thia-1-azabicyclo[4.2.0]oct-2-ene-2-carboxylic acid


 分子式:

  • C15H14ClN3O4S

 分子量:

  • 367.81
  • 白色〜黄白色の結晶性の粉末である。
    水又はメタノールに溶けにくく、N ,N -ジメチルホルムアミド又はエタノール(99.5)にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
関連記事リジン

リジン」

  [★]

lysine, Lys, K ≠ ricin
リシン
アミノ酸アルギニンヒスチジン
  • 極性、塩基性
  • 側鎖
 -CH2-CH2-CH2-CH2-NH2
   α  β  γ  ε >εアミノ基を有する。即ち、側鎖には炭素が4つ含まれる。
  • ヒストンにLysが豊富なこと、Lysのεアミノ基がアセチル化を受けると正電荷が失われる。-NH-CO-CH3






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡