ヘスパンダー

出典: meddic

Hespander

禁忌

  • うっ血性心不全
  • 腎前性腎不全


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 凝固能検査値と臨床的出血傾向から評価した代用血漿剤ヘスパンダーの許容使用量の検討
  • 斎藤 勇一郎,内田 寛治,山本 博俊 [他]
  • 麻酔 48(3), 238-243, 1999-03
  • NAID 40003558086
  • ヘスパンダー^<TM> 1000ml投与によるソノクロット^<TM>のシグナル変化

関連リンク

「ヘスパンダー輸液」の医薬品基本情報。薬効、一般名、英名、剤形、薬価、規格、メーカー、毒劇区分、効能・効果、使用制限等、副作用等、相互作用等を掲載しています。医薬品検索イーファーマは、日本最大級の医療従事者向け ...
販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 ヘスパンダー輸液 HESPANDER fluid solution フレゼニウスカービジャパン ... うっ血性心不全のある患者[循環血流量の増加によりうっ血性心不全を悪化させるおそれがある。] 乏尿等を ...
ヘスパンダー(HES)は、人工の膠質(コロイド)を含む薬剤です。当然ですが薬剤を投与するという認識で慎重に投与する必要があります。必要時には、1000ml以上 使用することができます。保険上の適応にも問題は生じないはずです。

関連画像

循環希釈剤 『ヘスパンダー サリンヘス輸液6%ヘスパンダー輸液医療用医薬品製品情報|医療 注文 コード 805 3008 805 3008r 図8. 体液区分と輸液の関係(図

添付文書

薬効分類名

  • 代用血漿・体外循環希釈剤

販売名

  • ヘスパンダー輸液

組成

成分・含量(g/100mL)

  • ヒドロキシエチルデンプン70000  6.0
    日局 塩化ナトリウム  0.5
    日局 塩化カリウム  0.03
    日局 塩化カルシウム水和物  0.02
    乳酸ナトリウム  0.224

添加物(g/100mL)

  • 日局 ブドウ糖  1.0
    pH調整剤  適量

電解質組成(mEq/L)

  • Na  105.6
    K  4.0
    Ca++  2.7
    Cl  92.3
    C3H5O3  20.0

禁忌

うっ血性心不全のある患者

  • [循環血流量の増加によりうっ血性心不全を悪化させるおそれがある。]

乏尿等を伴う腎障害又は脱水状態のある患者

  • [腎不全を起こすおそれがある。]

効能または効果

各科領域における出血多量の場合

体外循環における血液希釈液

成人は1回100〜1,000mLを静脈内に注射する。小児は通常体重kg当り、10mL以内を用いる。症状に応じ、適宜増減する。体外循環における血液希釈液としては、通常体重kg当り10〜20mLを用いる。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、喘鳴等)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、喘鳴等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

臨床薬理作用

コロイド浸透圧及び晶質浸透圧と体内水分バランス7)

  • 本剤のコロイド浸透圧及び晶質浸透圧は、それぞれ血漿の浸透圧に近似しているため、細胞間質液の血管内取りこみも、また、血管外への早期移行も少なく、体内水分バランスを崩さなかった(術中使用)。

循環血液量維持効果8)

  • 血液量の維持効果を131Iを用いて検討した結果、乳酸リンゲル液に比べ循環血液量の維持効果が優れていた(術中使用)。

末梢循環改善作用9)

  • 血液粘度をわずかに低下させ、末梢循環を改善した(術前使用)。

基礎薬理作用

循環血漿量及び血圧保持効果

等量輸注10)

  • 家兎を3mL/分の速度で、20mL/kg脱血し、脱血終了後直ちに等量点滴注入すると、血圧は直ちに95%の回復を示し、以後5時間目まで血圧保持効果が認められた。

1.5倍量輸注11)

  • 15mL/kgを脱血後のイヌに、脱血量の1.5倍量を輸注した場合、等量輸注以上の血圧保持効果が認められた。更に、1.5倍量輸注により心拍数、ECG、心仕事量、中心静脈圧などから、特に心臓に負担をかけていないことが確認された。

血液粘度低下作用12)

  • 脱水状態の家兎に本剤及び10%デキストラン40をともに60〜90mL/30分の速度で投与した結果、ヘマトクリット値の低下は10%デキストラン40より少なかったにもかかわらず、血液粘度の低下は本剤の方が著明であった。本剤は10%デキストラン40と比較して、血液粘度の低下に効果的に作用した。

浸透圧と赤血球形態13)

  • 浸透圧が血漿に近似しているため、赤血球形態に悪影響を及ぼさない(in vitro)。

電解質組成と酸塩基平衡14)

  • 電解質組成が細胞外液に近似しており、また、配合された乳酸塩により、アシドーシスの予防に有効である(イヌ)。


有効成分に関する理化学的知見

一般名  :

  • ヒドロキシエチルデンプン70000(Hydroxyethylated Starch)[JAN]

極限粘度 :

  • 0.09〜0.14

置換度  :

  • 0.50〜0.55

重量平均分子量(Mw):

  • 約70000(GPC-LALLS法)15)


★リンクテーブル★
リンク元塩化カルシウム水和物」「ヒドロキシエチルデンプン」「ヒドロキシエチル澱粉
拡張検索ヘスパンダー輸液
関連記事スパン

塩化カルシウム水和物」

  [★]

calcium chloride hydrate
AK-ソリタ透析剤・DLAK-ソリタ透析剤・DPAK-ソリタ透析剤・FLAK-ソリタ透析剤・FPDドライ透析剤2.5SDドライ透析剤3.0SHF-ソリタ血液ろ過用補充液・BWキットHF-ソリタ血液ろ過用補充液・Lアートセレブアクメインアルスロマチックエクストラニールエルネオパ1号オペガードMAオペガードネオキットカーボスター透析剤・Lカーボスター透析剤・Mカーボスター透析剤・Pキドライム 透析剤キンダリー透析剤2Dキンダリー透析剤2Eキンダリー透析剤3Dキンダリー透析剤3Eキンダリー透析剤4Dキンダリー透析剤4Eキンダリー透析剤AF1P号キンダリー透析剤AF1号キンダリー透析剤AF2P号キンダリー透析剤AF2号キンダリー透析剤AF3P号キンダリー透析剤AF3号キンダリー透析剤AF4P号キンダリー透析剤AF4号サヴィオゾールサブパック血液ろ過用補充液-Biサブラッド血液ろ過用補充液BSGサリベートステイセーフバランスソリタックスソリューゲンFソリューゲンGソルアセトDソルアセトFソルラクトソルラクトDソルラクトSソルラクトTMRダイアニール-NPD-21.5ダイアニール-NPD-41.5ダイアニールPD-24.25ダイアニールPD-44.25ツインラインNF配合ツインライン配合トリフリードネオパレン1号バイフィルハルトマンD液ハルトマン液ビーエスエスプラスビーフリードビカーボンビカネイトフィジオ70ヘスパンダーペリセート360Nペリセート360NLペリセート460ベリプラストPポタコールRボルヒール組織接着用マイピリンミオテクターミッドペリック135ミッドペリックL135ラクテックラクテックDラクテックGラクトリンゲルMラクトリンゲルSラクトリンゲル液ラコールNF配合ラコール配合リンゲル液リンパック透析剤1号リンパック透析剤3号リンパック透析剤TA1リンパック透析剤TA3レプチラーゼ塩化Ca補正液塩化カルシウム塩化カルシウム水和物大塚塩カル低分子デキストランL
塩化カルシウム


ヒドロキシエチルデンプン」

  [★]

hydroxyethylstarchhydroxyethylated starchHES
ボルベンサリンヘスヘスパンダー


ヒドロキシエチル澱粉」

  [★]

hydroxyethylated starch
サリンヘスヘスパンダー


ヘスパンダー輸液」

  [★]

血液代用剤


スパン」

  [★]

span
及ぶ全長橋を架けるまたがる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡