プロチレリン

出典: meddic

protirelin
酒石酸プロチレリン protirelin tartrateプロチレリン酒石酸塩
TRH注ヒシダリンヒルトニンヒルロックボグニン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 重症熱中症急性期にMRI拡散強調像にて小脳皮質の高信号を捉えた1例
  • 藤岡 祐介,安井 敬三,長谷川 康博,高橋 昭,祖父江 元
  • 臨床神経学 49(10), 634-640, 2009-10-01
  • NAID 10026290475
  • 酒石酸プロチレリン(TRH-T)のラットにおける1ケ月間経口投与毒性試験
  • 安藤 孝夫 [他]
  • 武田研究所報 39(1・2), p13-20, 1980-06
  • NAID 40002306347
  • 酒石酸プロチレリン (TRH-T) の吸収, 分布, 代謝および排泄について

関連リンク

通常、成人には1日1回プロチレリン酒石酸塩水和物として0.732〜2.92mg(プロチレリンとして0.5〜2mg)を筋肉内又は静脈内に注射するが、重症例にはプロチレリン酒石酸塩水和物として2.92mg(プロチレリンとして2mg)を注射する。
1)頭部外傷:1回プロチレリン酒石酸塩水和物として0.732~ 2.92 (プロチレリンとして0.5~2 ) 2)くも膜下出血(ただし、意識障害固定期間3週以内): 1回プロチレリン酒石酸塩水和物として2.92 (プロチレリンとして2 ) 0.732 ~2 ...

関連画像

興和ジェネリック株式会社プロチレリン酒石酸塩水和物プロチレリン酒石酸塩注2mg  医薬品 : プロチレリン酒石酸塩 プロチレリン プロチレリンプロチレリン酒石酸塩注0.5mg

添付文書

薬効分類名

  • 遷延性意識障害治療剤
  • 脊髄小脳変性症治療剤

販売名

プロチレリン酒石酸塩注1mg「NP」

組成

容量

  • 1mL

有効成分(1管中)

  • 日本薬局方 プロチレリン酒石酸塩水和物(プロチレリンとして) 1.464mg(1.0mg)

添加物(1管中)

  • D-ソルビトール 50mg、pH調整剤、等張化剤

効能または効果

○下記疾患に伴う昏睡、半昏睡を除く遷延性意識障害

  • ・頭部外傷
  • ・くも膜下出血、ただし、意識障害固定期間3週以内

○脊髄小脳変性症における運動失調の改善

○遷延性意識障害の場合(ただし、昏睡、半昏睡を除く)

  • 通常、成人には疾患に応じて、下記の用量を1日1回10日間静注又は点滴静注する。静脈内注射の場合は、生理食塩液、ブドウ糖注射液又は注射用水5〜10mLに希釈して、徐々に注射する。

頭部外傷

  • 1回プロチレリン酒石酸塩水和物として0.732〜2.92mg(プロチレリンとして0.5〜2mg)

くも膜下出血(ただし、意識障害固定期間3週以内)

  • 1回プロチレリン酒石酸塩水和物として2.92mg(プロチレリンとして2mg)

○脊髄小脳変性症の場合

  • 通常、成人には1日1回プロチレリン酒石酸塩水和物として0.732〜2.92mg(プロチレリンとして0.5〜2mg)を筋肉内又は静脈内に注射するが、重症例にはプロチレリン酒石酸塩水和物として2.92mg(プロチレリンとして2mg)を注射する。
    2〜3週間連日注射した後、2〜3週間の休薬期間をおく。以後、これを反復するか、週2〜3回の間歇注射を行う。
    静脈内注射の場合は、生理食塩液、ブドウ糖注射液又は注射用水5〜10mLに希釈して、徐々に注射する。

慎重投与

  • 心障害のある患者[本剤は、血圧及び脈拍数を一過性に上昇させることがある。]

重大な副作用

ショック様症状(頻度不明)

  • 一過性の血圧低下、意識喪失等のショック様症状があらわれることがある。

痙攣(頻度不明)

  • 痙攣があらわれることがある。

下垂体卒中(頻度不明)

  • 下垂体腺腫患者に投与した場合、頭痛、視力・視野障害等を伴う下垂体卒中があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には外科的治療等適切な処置を行うこと。

血小板減少(頻度不明)

  • 血小板減少があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンの誘導体で、脳下垂体前葉のTSH及びプロラクチン分泌能の診断薬として用いられる。他に、脳エネルギー代謝改善作用を示すので、脳血管障害などの際の意識障害等に用いられる。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • プロチレリン酒石酸塩水和物
    (Protirelin Tartrate Hydrate)

化学名

  • 5-Oxo-L-prolyl-L-histidyl-L-prolinamide monotartrate monohydrate

分子式

  • C16H22N6O4・C4H6O6・H2O

分子量

  • 530.49

融点

  • 約187℃(分解)

性状

  • ・白色〜微帯黄白色の結晶又は結晶性の粉末である。
    ・水に溶けやすく、酢酸(100)にやや溶けにくく、エタノール(95)又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みprotirelin tartrate
リンク元protirelin
拡張検索酒石酸プロチレリン
関連記事リン」「プロ」「レリ

protirelin tartrate」

  [★]

protirelin

protirelin」

  [★]

プロチレリン

prolactin-releasing hormoneprotirelin tartratethyrotropin-releasing hormone


酒石酸プロチレリン」

  [★]

ヒシダリンヒルトニンヒルロックボグニン
プロチレリン酒石酸塩
プロチレリン(TRH注)



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





プロ」

  [★]

pro

レリ」

  [★]

Leri
レリ徴候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡