プロキシフィリン

出典: meddic

proxyphylline
アストモリジン配合モノフィリン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • <研究報告>マウス摘出空腸における db-c-AMP,イソプロテレノール,プロキシフィリン,パパベリンの弛緩機序,特に酵素 PDE との関連

関連リンク

モノフィリンとは?プロキシフィリンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 気管支を広げるお薬です。おもに、喘息や気管支炎の治療に用います。 作用 気管支が腫れたり収縮すると ...
プロキシフィリン 病院からもらった薬がわかる 薬の効能や副作用が検索できます。 プロキシフィリン 【当サイトの紹介】 私達の病気を治したり、健康を維持したりするのに薬は大切な役割をはたします。 しかしその反面 ...

関連画像

プロキシ フィ リン を回復させるプロキシフィリン 強心薬 > 救心 ( 救心製薬

添付文書

販売名

モノフィリン注200mg

組成

 モノフィリン注200mg


  • 1管(2mL)中プロキシフィリン200mgを含有する。
    添加物として等張化剤,pH調節剤を含有する。

禁忌

  • 本剤,又は他のキサンチン系薬剤に対し,重篤な副作用の既往歴のある患者

効能または効果

  • 気管支喘息,喘息性(様)気管支炎,うっ血性心不全
  • プロキシフィリンとして,通常成人1回200mgを皮下,筋肉内あるいは静脈内注射する。
    なお,年齢,症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 急性心筋梗塞,重篤な心筋障害のある患者[心筋刺激作用を有するため,症状を悪化させるおそれがある。]
  • てんかんの患者[中枢刺激作用によって発作を起こすおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能亢進に伴う代謝亢進,カテコールアミンの作用を増強するおそれがある。]
  • 急性腎炎の患者[腎臓に対する負荷を高め尿蛋白が増加するおそれがある。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 小児(「小児等への投与」の項参照)

薬効薬理

 心筋の収縮に対する作用

  • ネコの摘出乳頭筋を用いた実験で,筋収縮力の増加作用はジプロフィリンとほぼ同等であり,テオフィリンの約0.5倍であった。2)

 気管支痙攣緩解作用

  • モルモットの摘出肺を用いた実験で,ヒスタミンによる気管支痙攣に対する抑制作用はジプロフィリンの約1.5倍,テオフィリンの約0.25倍であった。3)

 利尿作用

  • ウサギを用いた実験で,200mg/kg経口投与により130%の尿量増加(20〜60分)が認められた。4)

有効成分に関する理化学的知見

 一般名

  • プロキシフィリン(Proxyphylline)

 化学名

  • 7-(β-Hydroxypropyl) theophylline

 分子式

  • C10H14N4O3

 分子量

  • 238.24

 性状

  • 白色の結晶又は結晶性の粉末で,においはない。
    水に溶けやすく,エタノール(95)にやや溶けやすく,無水酢酸又はアセトンにやや溶けにくく,ジエチルエーテルに溶けにくい。

 融点

  • 134〜138℃


★リンクテーブル★
リンク元フェノバルビタール」「アストモリジン配合」「アストモリジン」「proxyphylline
関連記事リン」「プロ

フェノバルビタール」

  [★]

phenobarbital PB
フェノバルビトン phenobarbitoneフェニルバルビトン phenyl barbitoneエチルフェニルバルビツール酸 ethylphenylbarbituric acidルミナール luminal
phenobarbitalum
フェノバルビタールナトリウム
ルミナール Luminalノーベルバールフェノバールルピアールワコビタールアストモリジン(プロキシフィリンエフェドリンフェノバルビタール)。複合アレビアチンヒダントール(フェニトインフェノバルビタール)。ベゲタミン(クロルプロマジンプロメタジンフェノバルビタール)。トランコロン(フェノバルビタールメペンゾラート)
抗てんかん薬バルビタール


作用機序

  • Na+チャネルの不活性化

添付文書

  • ノーベルバール静注用250mg
http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/1139400F1023_1_03/1139400F1023_1_03?view=body


アストモリジン配合」

  [★] プロキシフィリンエフェドリン塩酸塩フェノバルビタール

鎮咳剤


アストモリジン」

  [★] プロキシフィリンエフェドリンフェノバルビタール

proxyphylline」

  [★]

プロキシフィリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





プロ」

  [★]

pro



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡