プリン体

出典: meddic

purine body


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/24 13:25:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 食事と高尿酸血症 (今月の特集 奥の深い高尿酸血症)
  • プリン体代謝と血清尿酸値が高くなるメカニズム (今月の特集 奥の深い高尿酸血症)
  • NEW PRODUCTS : Beer & Alcoholic 低アルコール飲料 チューハイもプリン体ゼロや人工甘味料ゼロの訴求が始まる

関連リンク

『高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン』には『生活指導』の中に食事療法、特に『1日400mgを目安にしたプリン体の摂取制限』が示されています。 食事から摂取されるプリン体は体内で最終的に尿酸に代謝されて尿酸プールを増大 ...
一日で摂取できるプリン体の量は? 痛風=プリン体と呼ばれるほど、プリン体の影響は大きいものと考えられております。このプリン体とは、細胞の核を構成する成分のことで、人間が食する大半の食品に含まれております。
「プリン体」とはなんですか? プリン骨格を持つ物質の総称で、プリン塩基、プリンヌクレオシド、ATP などのプリンヌクレオチド、さらに核酸(食品中では主に旨味の成分にあたる)に含まれます。 プリン体は穀物の他 ...

関連画像

AS20140903001651_comm.jpgプリン体とはプリン体を含む食材を少なく プリン体とビール に知っておきたいプリン体の話プリン体の分類と主なプリン体


★リンクテーブル★
国試過去問107E039」「106G045」「102G023」「095A096
関連記事リン」「プリン」「

107E039」

  [★]

  • 36歳の男性。定期健康診断で異常を指摘され来院した。喫煙歴はない。飲酒はビール350ml/日を15年間。父親が高血圧症で治療中。身長168cm、体重60kg、腹囲77cm。脈拍76/分、整。血圧144/78mmHg。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液生化学所見:空腹時血糖99mg/dl、尿酸6.8mg/dl、総コレステロール170mg/dl、トリグリセリド70mg/dl、HDLコレステロール58mg/dl。心電図に異常を認めない。管理栄養士が本人から聴取した食事内容から、摂取エネルギー量1,900kcal/日、塩分摂取量15g/日と推定した。
  • 適切な指示はどれか。
  • a 減塩
  • b 禁酒
  • c 体重の減量
  • d 脂肪摂取制限
  • e プリン体の制限


[正答]


※国試ナビ4※ 107E038]←[国試_107]→[107E040

106G045」

  [★]

  • 47歳の男性。職場の定期健康診断で肥満を指摘され来院した。飲酒は日本酒2合/日を25年間。身長170cm、体重78kg、腹囲95cm。血圧150/90mmHg。血液生化学所見:空腹時血糖92mg/dL、尿酸8.8mg/dL、トリグリセリド220mg/dL、AST38IU/L、 ALT48IU/L、 γ-GTP97IU/L(基準8-50)。心電図で異常を認めない。腹部超音波検査で脂肪肝を認める。
  • 患者への指導として適切でないのはどれか。
  • a 日本酒は1合/日以下にする。
  • b 60分/日の有酸素運動をする。
  • c 1か月以内に10kgの減量をする。
  • d 食塩摂取量は6g/日以下とする。
  • e プリン体を多く含む食事は控える。


[正答]


※国試ナビ4※ 106G044]←[国試_106]→[106G046

102G023」

  [★]

  • 痛風の栄養指導で制限すべきものはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102G022]←[国試_102]→[102G024

095A096」

  [★]

  • 痛風の栄養指導で最も制限すべきものはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095A095]←[国試_095]→[095A097

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基



体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡