プリント

出典: meddic

print
印刷印刷物

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/20 22:13:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 8W/m・K 高熱伝導プリント配線板材料 : SiCデバイスの放熱基板に : アルミベース基板材料AC-7208,樹脂付き銅箔CD-7208 Tg=270℃ 高耐熱性も兼備 (特集 電子技術・材料の最新動向)
  • JETI : Japan energy & technology intelligence = ジェティ : エネルギー・化学・プラントの総合誌 66(1), 102-105, 2018-01
  • NAID 40021446150
  • Comexiが提案する軟包装フレキソ印刷機 (特集 プリント&コンバーティング)
  • CIフレキソ機watergreenのテスト開始、想定外の引き合いも : 外国人スタッフを積極採用、人材難を挑戦の契機に : 総武機械(株) (特集 プリント&コンバーティング)

関連リンク

印刷注文するなら印刷通販プリントパック。ユーザー数ダントツNo1!ネット印刷で簡単印刷発注。良質な印刷物が圧倒的低価格。追加料金不要のコミコミ価格&全品1点から全国送料無料。土日祝24時間営業。新規登録で印刷代1000円分 ...
ネットで登録した文書や画像をセブン-イレブンのコピー機でプリントできるサービス。富士ゼロックスが運営。 ... ※本サイトはプライバシー保護のためSSL暗号化通信を導入しています。※ネットプリントは富士ゼロックス株式会社の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 抗パーキンソン剤

販売名

レプリントン配合錠L100

組成

有効成分の名称

  • レボドパ、カルビドパ水和物

含量

  • 1錠中日局 レボドパ100mg、日局 カルビドパ水和物10.8mg(無水カルビドパとして10mg)

添加物

  • トウモロコシデンプン、アルファー化デンプン、セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース、二酸化ケイ素、ステアリン酸Mg、黄色5号アルミニウムレーキ

禁忌

  • 閉塞隅角緑内障の患者[眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 非選択的モノアミン酸化酵素阻害剤投与中の患者(「重要な基本的注意」、「相互作用」の項参照)

効能または効果

  • パーキンソン病、パーキンソン症候群

レボドパ未服用患者

  • 通常成人に対し、レボドパ量として1回100〜125mg、1日100〜300mg経口投与よりはじめ、毎日又は隔日にレボドパ量として100〜125mg宛増量し、最適投与量を定め維持量(標準維持量はレボドパ量として1回200〜250mg、1日3回)とする。
    なお、症状により適宜増減するが、レボドパ量として1日1500mgを超えないこととする。

レボドパ既服用患者

  • 通常成人に対し、レボドパ単味製剤の服用後、少なくとも8時間の間隔をおいてから、レボドパ1日維持量の約1/5量に相当するレボドパ量を目安として初回量をきめ、1日3回に分けて経口投与する。以後、症状により適宜増減して最適投与量を定め維持量(標準維持量はレボドパ量として1回200〜250mg、1日3回)とするが、レボドパ量として1日1500mgを超えないこととする。

慎重投与

  • 肝又は腎障害のある患者[副作用の発現が増加するおそれがある。]
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍のある患者又はその既往歴のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 糖尿病患者[血糖値の上昇を誘発し、インスリン必要量を増大させるとの報告がある。]
  • 重篤な心・肺疾患、気管支喘息又は内分泌系疾患のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
  • 慢性開放隅角緑内障の患者[眼圧上昇を起こし、症状が悪化するおそれがある。]
  • 自殺傾向など精神症状のある患者[精神症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

Syndrome malin(頻度不明)

  • 急激な減量又は投与中止により、高熱、意識障害、高度の筋硬直、不随意運動、ショック状態等があらわれることがあるので、このような場合には、再投与後、漸減し、体冷却、水分補給等適切な処置を行うこと。

錯乱、幻覚、抑うつ(いずれも頻度不明)

  • 錯乱、幻覚、抑うつがあらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には減量又は休薬するなど適切な処置を行うこと。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化(いずれも頻度不明)

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の悪化があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

溶血性貧血、※※血小板減少(いずれも頻度不明)

  • ※※溶血性貧血、血小板減少があらわれることがあるので、定期的に血液検査を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

突発的睡眠(頻度不明)

  • 前兆のない突発的睡眠があらわれることがあるので、このような場合には、減量、休薬又は投与中止等の適切な処置を行うこと。(「重要な基本的注意」5.の項参照)

有効成分に関する理化学的知見

レボドパ

一般名

  • 〔日局〕 レボドパ(Levodopa)

化学名

  • 3-Hydroxy-L-tyrosine

分子式

  • 11NO

分子量

  • 197.19

融点

  • 約275℃(分解)

性状

  • 白色又はわずかに灰色を帯びた白色の結晶又は結晶性の粉末で、においはない。
    ギ酸に溶けやすく、水に溶けにくく、エタノール(95)にほとんど溶けない。
    希塩酸に溶ける。
    飽和水溶液のpHは5.0〜6.5である。

カルビドパ水和物

一般名

  • 〔日局〕 カルビドパ水和物(Carbidopa Hydrate)

化学名

  • (2S )-2-(3,4-Dihydroxybenzyl)-2-hydrazinopropanoic acid monohydrate

分子式

  • 1014・H

分子量

  • 244.24

融点

  • 約197℃(分解)

性状

  • 白色〜帯黄白色の粉末である。
    メタノールにやや溶けにくく、水に溶けにくく、エタノール(95)に極めて溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元100Cases 33」「print」「印刷物」「印刷
拡張検索コックアップスプリント」「フィンガープリント」「フィンガープリント法」「フツトプリント法」「レプリントン
関連記事リン」「プリン

100Cases 33」

  [★]

☆case33 頭痛と混乱
glossary
accompany
vt.
(人)と同行する、(人)に随行する。(もの)に付随する。~と同時に起こる。~に加える(添える、同封する)(with)
slurred n. 不明瞭
強直間代痙攣 tonic-clonic convulsion
 意識消失とともに全身随意筋強直痙攣が生じ(強直痙攣tonic convulsion)、次いで全身の筋の強直弛緩とが律動的に繰り返される時期(間代痙攣clonic convulsion)を経て、発作後もうろう状態を呈する一連発作
症例
28歳、女性 黒人 南アフリカ 手術室看護師 ロンドン住在
主訴頭痛と混乱
現病歴過去3週間で頭痛が続いており、ひどくなってきた。現在頭痛持続しており、頭全体が痛い。友人曰く「過去六ヶ月で体重が10kg減っていて、最近、混乱してきたようだ」。発話不明瞭救急室にいる間に強直間代痙攣を起こした。
診察 examination
やせている。55kg。38.5℃。口腔カンジダ症(oral candidiasis)。リンパ節腫脹無し。心血管呼吸器系、消化器系正常。痙攣前における神経検査では時間場所、人の見当識無し。神経局所症状無し(no focal neurological sign)。眼底両側に乳頭浮腫有り。
検査 investigation
血算:白血球増多
血液生化学ナトリウム低下
CT供覧
キーワード着目するポイント
口腔カンジダ症(oral candidiasis)
頭痛精神症状強直間代痙攣
・眼底両側に乳頭浮腫
CT所見
・低ナトリウム血症は二次的なもの
アプローチ
口腔カンジダ症(oral candidiasis) → 細胞免疫低下状態(DM免疫抑制AIDSなど) or 常在細菌叢の攪乱(長期抗菌薬の使用)
 ・The occurrence of thrush in a young, otherwise healthy-appearing person should prompt an investigation for underlying HIV infection.(HIM.1254)
 ・More commonly, thrush is seen as a nonspecific manifestation of severe debilitating illness.(HIM.1254)
精神症状強直間代痙攣 → 一次的、あるいは二次的な脳の疾患がありそう
頭痛 → 漠然としていて絞れないが、他の症状からして機能性頭痛ではなく症候性頭痛っぽい。
・眼底両側に乳頭浮腫 → 脳圧亢進徴候 → 原因は・・・脳腫瘍、ことにテント下腫瘍側頭葉腫瘍クモ膜下出血、脳水腫など、そのほか、眼窩内病変、低眼圧などの局所的要因、悪性高血圧、血液疾患大量出血肺気腫などの全身的要因 (vindicate本のp342も参考になる)
 ・頭痛脳圧亢進 → 頭蓋内圧占拠性病変脳炎(IMD.274)
CT所見 → ringform病変脳浮腫脳圧亢進
・低ナトリウム血症 → 脳ヘルニア続発して起こることがあるらしい。実際には下垂体トキソプラズマによる病変形成されることにより起こりうる。
・そのほか出身地、体重減少もHIVを疑わせる点
パターン認識HIV + 精神症状 + てんかん発作(強直間代痙攣) + 脳圧亢進 + CT所見 = 一番ありそうなのはToxoplasma gondiiによるトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis (トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitis)
Toxoplasma gondii
 原虫 胞子原虫
(感染予防学 080521のプリント、CASES p,92、HIM p.1305-)
疫学:西洋では30-80%の成人トキソプラズマ感染既往がある・・・うぇ(CASES)。日本では10%前後(Wikipedia)。
生活環
 ・終宿主ネコネコ小腸上皮細胞で有性・無性生殖 糞便オーシスト排泄
 ・中間宿主ヒト.ブタを含むほ乳類と鳥類無性生殖増殖シスト形成
   急性期増殖盛んな急増虫体tachyzoiteシスト内の緩増虫体bradyzoite
病原病因 phathogenesis
 ・緩増虫体(bradyzoite)、接合子嚢(oocyst)
感染経路
 1. オーシスト経口摂取
 2. 中間宿主の生肉中のシスト経口摂取
 3. 初感染妊婦からの経胎盤感染。既感染なら胎盤感染しないらしい(HIM.1306)
 (4)移植臓器、輸血確率は低い(at low rate)(HIM.1306)
病態
 1. 先天性トキソプラズマ症 congenital toxoplasmosis
   ①網脈絡膜炎、 ②水頭症、 ③脳内石灰化、 ④精神運動障害
 2. 後天性トキソプラズマ症 acquired toxoplasmosis
  (1) 健常者
   ・多くは不顕性感染発熱リンパ節腫脹、皮疹(rash)
   ・(少数例)筋肉痛、暈疼痛、腹痛、斑状丘疹状皮疹(maculopapular rash)、脳脊髄炎、混乱(HIM.1308)
   ・(まれ)肺炎心筋炎脳症心膜炎多発筋炎
   ・網膜脈絡叢瘢痕や、脳に小さい炎症性病変を残すことあり(CASES)。
   ・急性感染症状は数週間で消失 筋肉中枢神経系緩増虫体残存
  (2)HIV感染者、臓器移植例、がん化学療法例
   シスト緩増虫体急増虫体播種性の多臓器感染
   AIDSでは、トキソプラズマ脳炎が指標疾患 AIDS-defineing illness(CASES)
治療
 (日本)アセチルスピラマイシンファンシダール(感染予防学 080521)
トキソプラズマ脳炎 toxoplasmic encephalitisトキソプラズマ脳症 cerebral toxoplasosis
症状
 発熱頭痛、混乱m、痙攣認知障害、局所神経徴候(不全片麻痺歯垢脳神経損傷視野欠損、感覚喪失)(CASES)
・画像検査
 (CT,MRI)多発性両側性ring-enhancing lesion、特に灰白質-白質境界、大脳基底核脳幹小脳が冒されやすい(CASES)
鑑別診断(臨床症状画像診断所見で)
 リンパ腫、結核、転移性脳腫瘍(CASES)
病歴と画像所見からの鑑別診断
 リンパ腫、結核、転移性腫瘍
このCTcerebral toxoplasmosis特徴的かは不明
最後に残る疑問
 AIDSWBC(leukocyte)の数はどうなるんだろう???AIDSの初診患者ではWBCが低い人が多いらしいし()、HIVCD4+ T cellmacrophage感染して殺すから、これによってB cellは減るだろうし、CD8+ T cellも若干減少するだろうからWBCは減るんじゃないか?!好中球AIDSとは関係ない?好中球は他の感染症に反応性増加している?ちなみに、好酸球寄生虫(原虫)の感染のために増える傾向にあるらしい(HIMのどこか)。
スルファジアジン
sulfadiazine
ピリメタミン
pyrimethamine
葉酸拮抗剤である。
サルファ剤と併用され、抗トキソプラズマ薬、抗ニューモシチス・カリニ薬として相乗的に働く。
ST合剤
SMX-TMP
スルファメトキサゾールトリメトプリム合剤 sulfamethoxazole and trimethoprim mixture
AIDS定義(http://en.wikipedia.org/wiki/CDC_Classification_System_for_HIV_Infection_in_Adults_and_Adolescents)
A CD4+ T-cell count below 200 cells/μl (or a CD4+ T-cell percentage of total lymphocytes of less than 14%).
or he/she has one of the following defining illnesses:
People who are not infected with HIV may also develop these conditions; this does not mean they have AIDS. However, when an individual presents laboratory evidence against HIV infection, a diagnosis of AIDS is ruled out unless the patient has not:
AND
AIDSのステージング
参考文献
HIM = Harrison's Principles of Internal Medicine 17th Edition
CASES = 100 Cases in Clinical Medicine Second edition
IMD = 内科診断学第2版


print」

  [★]

  • n.
  • v.
  • 印刷する
literature

WordNet   license wordnet

「write as if with print; not cursive」

WordNet   license wordnet

「a copy of a movie on film (especially a particular version of it)」

WordNet   license wordnet

「a fabric with a dyed pattern pressed onto it (usually by engraved rollers)」

WordNet   license wordnet

「a picture or design printed from an engraving」

WordNet   license wordnet

「availability in printed form; "we''ve got to get that story into print"; "his book is no longer in print"」

WordNet   license wordnet

「the text appearing in a book, newspaper, or other printed publication; "I want to see it in print"」

WordNet   license wordnet

「reproduce by printing」
impress

WordNet   license wordnet

「put into print; "The newspaper published the news of the royal couple''s divorce"; "These news should not be printed"」
publish

WordNet   license wordnet

「make into a print; "print the negative"」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「…‘を'『印刷する』 / 〈原稿・本など〉‘を'『出版する』 / …‘を'『活字体で書く』 / 〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる / (…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》 / (印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる / 〈機械が〉印刷する / 活字体で書く / 〈U〉『印刷』,印刷の字体 / 〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし / 〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服 / 〈C〉(写真の)印画,陽画(positive) / 〈C〉版画」


印刷物」

  [★]

printliterature
文献、印刷プリント


印刷」

  [★]

printprint
印刷物プリント


コックアップスプリント」

  [★]

cock-up splint
装具橈骨神経麻痺
  • 手関節を背屈位に保持
  • 掌屈拘縮のある患者に対してこれ以上の変形拘縮を予防。
  • 例えば、橈骨神経麻痺に対する下垂手に対して用いられる

種類

  • 背側型コックアップスプリント
  • 掌側型コックアップスプリント
  • 全周型コックアップスプリント

参考

  • 1. 写真
[display]http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/45/47/a5165d8d926992db88699760c0c3d40d.jpg
  • 1. http://www.e-clinician.net/vol41/no434/pdf/sp_434_12.pdf
  • 2. 2-P1-4 撓骨神経麻痺に対するコックアップスプリントの有用性と限界 : 自身の経験から(末梢神経障害(1),ポスター,一般演題,リハビリテーション医学の進歩"評価から治療介入へ",第45回日本リハビリテーション医学会学術集会)
  • 服部 智,山口 淳,村尾 浩,田中 一成,木本 真史,貴寳院 永稔,井元 恵津子
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 45(SUPPLEMENT), S312, 2008-05-18
  • 【はじめに】摸骨神経麻痺による下垂手や巧撒運動障害に対してコックアップスプリントが作製されることが少なくない。しかしその有用性に関する患者の立場からの検証は少ない。昨年、演者は利き手橈骨神経麻痺を発症し、医療者の立場からは抽出が難しかった問題点を経験、認識し得たのでここに報告する。
  • 【経過】肘掛け付きの椅子で3時間うたた寝した後、橈骨神経領域の知覚鈍麻と下垂も全手指の伸展不能を自覚した。橈骨神経麻醇の診断のもと、2日後に熟可塑性プラスティックを用いた背側型コックアップスプリントをデスクワーク、とくに書字動作補助のために伸製した。しかし当初はペン保持による屈筋の過緊張のためず判読可能な音字は困難であった。同様に箸の使用も困難であった。 1週間が経過し手指の伸展はMMT1-2に改善したが、巧撤運動障害の程度に変化はなかった。 3週間経過すると手関節背屈筋力に改善が認められ、 4週目で手指・手関節ともに伸展筋力はMMT3レベルに改善した。この時点ではじめてスプリント装着下での書字/箸動作が実用的になった。しかし経過中、回復した筋力状況によりスプリントの修正が必要であった。その後5週目(MMT4)でスプリントを脱とし、 7週目でMMT5と改善した。
  • 【考察】橈骨神経麻痺に対してスプリントが処方されることは多い。しかし実際には巧撤運動障害の種類や時期によって必ずしも有効でない場合もあり、また回復過程に応じて頻繁に修正が必要であることが確認できた。


フィンガープリント」

  [★]

fingerprintfingerprintingfinger printfinger-printing
指紋フィンガープリント法フィンガープリンティング


フィンガープリント法」

  [★]

fingerprinting method
フィンガープリントフィンガープリンティング fingerprinting finger-printing


フツトプリント法」

  [★]

[[]]
footprinting
[[]]
footprinting


レプリントン」

  [★] カルビドパレボドパ


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





プリン」

  [★]

purine
[[7H-イミダゾ[4,5-d]ピリミジン]] [[7H-imidazo[4,5-d]pyrimidine]],プリン塩基 purine base
ピリミジンアデニングアニン


  • ピリミジン環とイミダゾール環との縮合環からなる複素環式化合物
  • プリン核を持つ塩基性化合物がプリン塩基






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2ダーゼン+添付文書14
3坊功婁カテーテルキット14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7小刻み歩行+原因11
8股関節外転装具+装着方法10
9Frequency of Manual Blowdown mail8
10メタロプロテイナーゼ8
11グレー症候群+小児8
12下壁梗塞8
13エストロゲン インスリン グリコーゲン7
14鶏卵大+大きさ7
15セリンプロテイナーゼ6
16プロステーシス+整形外科6
17体幹ギプス固定 画像6
18+白衣を着る理由 看護師 原著6
19brom+tech+心臓6
20自律性増殖5

昨日の人気記事
 タイトル表示
1+30 copper sulphate .gr mail4
2Prawns and Crabs mail4
3しんきんしたい3
4コードウェルルック3
5断綴性言語2
6トリロスタン2
7小児++血液量++体重あたり量2
8デスドメイン2
9ペ二シラミン++空腹2
10狭窄音とは2
11Pubic+hair+成長2
12Soya Lecithin Animal Feed mail2
13Tibia+-+Free+Massively+Multiplayer+Online+Role-Playing+Game+-+MMORPG2
14Fischer mail2
15赤血球吸着試験2
16脛骨神経損傷2