ブンガロトキシン

出典: meddic

bungarotoxin

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 3-ピリジルメチルアミンのアミノ窒素原子のジアルキル置換基はシビレエイおよび昆虫ニコチニックレセプターのα-ブンガロトキシン部位とイオンチャンネル部位とを識別する
  • 冨澤 元博,松尾 花子,宮本 徹,山本 出
  • 日本農薬学会誌 21(4), 412-418, 1996-11-20
  • … 結合部位の識別との関係は, テトラアルキルアンモニウム化合物のそれにも同様の傾向を認めた.さらに昆虫のニコチニックレセプターにおいても.3-ピリジルメチルアミンの窒素原子上のジアルキル置換基の長さに比例してα-ブンガロトキシン部位, すなわちアセチルコリン部位への作用は減少したが, これとは対照的に高親和性のフェンサイクリジン部位, すなわちイオンチャンネル部位への親和性は漸進的に増大した. …
  • NAID 110001712948
  • 昆虫ニコチン性アセチルコリン受容体/イオンチャンネル複合体の薬理的性質とこれらに対するニコチノイドおよびネオニコチノイドの作用の相違
  • 冨澤 元博,大塚 博子,宮本 徹,ELDEFRAWI Mohyee E.,山本 出
  • 日本農薬学会誌 20(1), 57-64, 1995-02-20
  • … ミツバチ頭部膜画分を用い, [^3H]α-ブンガロトキシン(a-BGT)および[^3H]フェンサイクリジン(PCP)をプローブとしたラジオレセプターアッセイにより各種リガンドの作用を検討した結果, 昆虫ニコチン性アセチルコリンレセプター(nAChR)/イオンチャンネル複合体の薬理的性質はシビレエイのそれと大きく異なることを認めた.すなわち昆虫では供試したコリン作動性アゴニストは[^3H]PCP結合を増加させず, また脊椎動物でイオンチ …
  • NAID 110001712791
  • シビレエイ電気器官のニコチン性アセチルコリン受容体/イオンチャンネル複合体に対するイミダクロプリドおよびその関連化合物の薬理的作用
  • 冨澤 元博,大塚 博子,宮本 徹,山本 出
  • 日本農薬学会誌 20(1), 49-56, 1995-02-20
  • … エイ電気器官のニコチン性アセチルコリンレセプターイオンチャンネル複合体へのイミダクロプリド関連化合物を含む各種リガンドの効果について, アセチルコリン(ACh)認識部位のプローブである[^3H]α-ブンガロトキシンおよびイオンチャンネル内のアロステリック部位のプローブである[^3H]フェンサイクリジンを用いたラジオレセプターアッセイにより検討した.ニコチン, アナバシン, カルバコールおよびシチシンはア …
  • NAID 110001712790

関連リンク

α-ブンガロトキシン a-Bungarotoxin 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 製造元 Tocris Bioscience 製造元コード 2133/1 CAS.NO 11032-79-4 分子式 分子量 保存条件-20 適用法規 危険有害性 毒素類 等級 EC.NO CI.NO 構造式 ...
動物種 生息地 毒素 爬虫類 ニホンマムシ 日本(琉球諸島を除く) 出血毒 ハブ 琉球諸島 出血毒、筋肉毒 ヤマカガシ 日本、アジア東部 出血毒 アマガサヘビ 東南アジア、インド α-ブンガロトキシン、 β-ブンガロトキシン
α-ブンガロトキシン α-BUNGAROTOXIN 販売元 和光純薬工業(株) 販売元コード 製造元 MP Biomedicals, Inc. 製造元コード 193621 CAS.NO 11032-79-4 分子式 分子量 7907.2 保存条件 冷凍 (ドライアイス輸送) 適用法規 危険有害性 ...

関連画像

東京大学大学院 農学生命科学 図1発表雑誌研究成果)和漢 三才 圖會 龍蛇 部 マムシ+ウミヘビ科のSUPER BLOG


★リンクテーブル★
関連記事トキシン

トキシン」

  [★]

toxin
毒素毒物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡