ブローディ膿瘍

出典: meddic

abscess of Brodie
Brodie膿瘍, ブローディ骨膿瘍骨膿瘍 bone abscess?
骨髄炎


  • 急性症状を欠く慢性骨髄炎
  • 好発部位:大腿骨、脛骨などの長管骨骨幹端部
  • 起炎菌:黄色ブドウ球菌
  • 好発年齢:小児、青年期
  • 画像:X線像:辺縁の骨硬化を伴う円形ないし楕円形の骨透明巣

参考

  • 1.
[display]http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/o/o4631a.jpg


和文文献

  • 猫咬傷による橈骨骨髄炎の1例
  • 石川 博久,畠山 広明,国府田 英雄,服部 哲,油井 直子,永野 達雄,片山 英昭,梶谷 光太郎,藤井 克之
  • 関東整形災害外科学会雑誌 31(3), 201-204, 2000-06
  • NAID 10005952245
  • 骨端軟骨板を越えて波及した小児亜急性骨髄炎の2例
  • 田中 康志,浜西 千秋,田中 清介
  • 日本小児整形外科学会雑誌 = Journal of Japanese Paediatric Orthopaedic Association 5(1), 5-7, 1995-11-30
  • NAID 10008591638

関連リンク

... なおりきらず、数年月にわたって、うみが出たり止まったりして、一進一退を繰り返し ます。 急性化膿性骨盤炎が全治しないで、この病気になることが多いのですが、菌の毒 力が弱いときは、最初から慢性の経過をとることもあります。ブロディ骨膿瘍がこれです。
ブロディ骨膿瘍. 症状; 治療. 肋骨カリエス; 風棘(ふうきょく); 骨の炎症. 自分でできる。 自宅でできる。在宅健康チェック! KENSA.BIZの郵送検査キット. 骨の炎症には、突然 激しい症状で始まる急性炎症と、ゆっくりした経過をしめす慢性炎症とがある。急性炎症 ...


★リンクテーブル★
リンク元骨髄炎
関連記事膿瘍

骨髄炎」

  [★]

osteomyelitis
骨膜骨髄炎 periosteomyelitis
[[]]

分類

  • 急性化膿性骨髄炎:成長期における長管骨骨幹端部の血行系の解剖学的特異性に起因する血行性感染で、小児、特に男児に多い。大腿骨、脛骨、上腕骨の順に多発する。黄色ブドウ球菌。骨髄内で膿瘍を形成、さらに骨膜下に波及して骨膜下膿瘍を形成する。骨壊死をきたした壊死骨は腐骨と呼ばれる。その周囲は膿や炎症性肉芽で取り囲まれ汚溝と呼ばれる。その外側を反応性に骨形成が起こり腐骨と汚溝を取り囲む。これが骨柩となる。
  • 慢性骨髄炎
  • ブローディ膿瘍 Brodie膿瘍:急性症状を欠く慢性骨髄炎。長管骨骨幹端部。黄色ブドウ球菌。小児や青年期に好発。辺縁の骨硬化を伴う円形ないし楕円形の骨透明巣
  • ガレー硬化性骨髄炎 Garré硬化性骨髄炎:急性期を欠く慢性骨髄炎。膿瘍や腐骨の形成を欠きXP上骨硬化像を認める。皮質骨の骨肥厚により骨が紡錘状に膨隆する。下顎骨に多い。
  • 化膿性脊椎炎



膿瘍」

  [★]

abscess
  • 組織、臓器に起こった化膿性炎(化膿)により好中球などの滲出物が蓄積した状態 (医学大辞典)
  • 腔が形成されており、そこに滲出物がたまる。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡