ブイヨン

出典: meddic

brothbouillon
ブロス肉汁


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2017/06/07 21:49:52」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酵母の簡便な培養法と教材化の検討
  • 岩井 草介,菊池 智子,三浦 貴士
  • 弘前大学教育学部紀要 (110), 23-29, 2013-10
  • … さらに、糖・ブイヨン・粉寒天を成分とする寒天培地で酵母が増殖することも見出した。 …
  • NAID 120005347029
  • 大豆食と腸内細菌
  • 川田 結花,横山 慎一郎,野村 泉,服部 正平,大島 健志朗,柳瀬 笑子,長野 宏子,鈴木 徹
  • 日本調理科学会大会研究発表要旨集 25(0), 77, 2013
  • … うち0-DMA生産能を有する腸内細菌を有する者のうち1人分の糞便をGAMブイヨン培地に植菌し嫌気にて培養し適宜希釈後、0-DMA生産能を有する単一の個体にした後DNAを抽出し菌の属レベルで特定した。 … うち0-DMA生産能を有する腸内細菌を有する者のうち1人分の糞便をGAMブイヨン培地に植菌し嫌気にて培養し適宜希釈後、0-DMA生産能を有する単一の個体にした後、DNAを抽出し属を特定した。 …
  • NAID 130005044299
  • チキン・ブイヨン中の油脂が減塩効果に及ぼす影響
  • 真部 真里子,振角 美穂,野村 佳乃子,西村 公雄,笹井 昭彦
  • 日本調理科学会大会研究発表要旨集 25(0), 131, 2013
  • … 【目的】我々は、和食のみならず広く減塩食のおいしさを向上させることを目指して、チキン・ブイヨンの減塩効果について検討し、おいしさ向上効果に加えて塩味増強傾向があることを認めた。 … チキン・ブイヨンは、和風だしに比べ油脂含量が高い。 … そこで、本研究では、チキン・ブイヨンの減塩効果に油脂が及ぼす影響を官能評価にて検討した。 …
  • NAID 130005044143

関連リンク

西洋料理に使われる出汁であるブイヨンに真実に迫ります! コンソメとブイヨンの違いとは? ブイヨンとは何なのか? ... 判りやすく言えば、ブイヨンとフォンは出汁の事でコンソメはスープなのです。 コンソメを作るときには ...
ブイヨンの簡単おいしいレシピ(作り方)が15202品! 「野菜たっぷりポトフ」「玄米の夏野菜カレー」「トロトロハンバーグ 」「 コンソメスープ 」など ... カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低 ...

関連画像

業務用 マギー【ブイヨン ブイヨン (コンソメ  クノール クラフトブイヨン チキンブイヨン顆粒 (1kgPET505343:マギーブイヨンキューブ  でも使えるコンソメ・ブイヨン

添付文書

薬効分類名

  • 抗毒素類

販売名

乾燥ボツリヌス抗毒素“化血研”

組成

製法の概要

  •  本剤は、E型ボツリヌストキソイド及び毒素で免疫したウマの血漿を精製処理して得たE型ボツリヌス抗毒素を凍結乾燥したものである。
  •  なお、本剤は免疫用抗原の製造工程でウシの肝臓、ウシの膵臓由来成分(リボヌクレアーゼA)、ブタの胃由来成分(ペプトン、ブイヨン)、ウマの肝臓を使用している。また、製造工程でブタの胃由来成分(ペプシン)を使用している。

組成

  •  本剤を添付の溶剤(日本薬局方注射用水)10mLで溶解した液剤1mL中に次の成分を含有する。

有効成分
E型ボツリヌス抗毒素(ウマ免疫グロブリン)

  • 1,000単位

効能または効果

  •  本剤は、E型ボツリヌスの治療及び予防に使用する。
  •  ただし、中毒がE型ボツリヌス毒素によることが明らかでない場合には、乾燥ボツリヌス抗毒素「A、B、E、F型」を使用すること。
  •  本剤を添付の溶剤(日本薬局方注射用水)10mLで完全に溶解して使用する。
  • ◎治療:通常、症状にもよるが、なるべく早期に10,000〜20,000単位(10〜20mL)を筋肉内(皮下)又は静脈内に注射するか、あるいは生理食塩液等で希釈して点滴静注する。
  • なお、症状が軽減しないときは3〜4時間ごとに10,000単位(10mL)ないしそれ以上を追加使用する。
  • ◎予防:中毒の原因食を食べた者に対して予防に使用するときは、なるべく早期に2,500〜5,000単位(2.5〜5.0mL)を筋肉内(皮下)又は静脈内に注射する。
  •  ウマ血清過敏症試験(適用上の注意参照)を行い、反応陰性あるいは軽微の場合は、本剤の1mLを皮下に注射して30分間反応を観察し、異常のない場合には、所要量を以下のとおり注射する。
  • 筋肉内(皮下)又は静脈内に注射する場合には、ゆっくり時間をかけて注射すること。ショックは5〜10分の間に発現することが多いがその間は勿論、さらに30分後まで血圧を測定する。著しい血圧降下がおこったら、直ちにエピネフリンの注射等、適切な処置を行う。
  • 点滴静注する場合は、本剤を生理食塩液等で10〜20倍に希釈して1分間1〜2mL位の速さで注射し、血圧測定その他の観察を続けること。

重大な副作用

  • ショック、アナフィラキシー(頻度不明):急激な血圧降下、喉頭浮腫、呼吸困難等があらわれることがあるので、投与後は観察を十分に行い、異常が認められた場合には、適切な処置を行うこと1),4)

薬効薬理

  •  抗毒素は毒素を特異的に中和して、その毒作用を止めることにより毒素性疾患には特効的である。しかし、生体内で遊離状態にある毒素は完全に中和するが、組織に結合してしまった毒素は中和しにくい。
  •  したがって、治療に際し、発病後できるだけ早期に本剤を投与するのが効果的である。
  • (参考)
  •  マウスを用いた抗毒素による治療効果の成績では、毒素注射後、抗毒素投与までの時間が長くなるにしたがい、治療に必要な抗毒素の量は大量となり、ある程度以上の時間が経過した後は、いくら大量の抗毒素を投与しても治療効果が示されないという報告がある。


★リンクテーブル★
先読みbroth
リンク元bouillon」「肉汁」「ブロス
関連記事ブイ

broth」

  [★]

WordNet   license wordnet

「liquid in which meat and vegetables are simmered; used as a basis for e.g. soups or sauces; "she made gravy with a base of beef stock"」
stock

WordNet   license wordnet

「a thin soup of meat or fish or vegetable stock」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「蒲いスープ,(肉・さかなの)煮つゆ」


bouillon」

  [★]

broth

WordNet   license wordnet

「a clear seasoned broth」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「ブイヨン(牛肉・鶏肉などの澄ましスープ)」


肉汁」

  [★]

bouillon
ブイヨン


ブロス」

  [★]

broth
ブイヨン


ブイ」

  [★] ヒドロキソコバラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡