フロモキセフナトリウム

出典: meddic

フロモキセフ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フロモキセフナトリウムによる Acute generalized exanthematous pustulosis の1例-発症における溶連菌感染関与の可能性-
  • 19F MRSによる薬剤の体内動態解析-フロモキセフナトリウム(FMOX)の検討-
  • 伊藤 健吾,成田 廣幸,加藤 隆司,深津 博,田所 匡典,浅井 英彰,石口 恒男,石垣 武男,佐久間 貞行,イトウ ケンゴ,ナリタ ヒロユキ,カトウ タカシ,フカツ ヒロシ,タドコロ マサノリ,アサイ ヒデアキ,イシグチ ツネオ,イシガキ タケオ,サクマ サダユキ,Ito Kengo,Narita Hiroyuki,Kato Takashi,Fukatzu Hiroshi,Tadokoro Masanori,Asai Hideaki,Ishiguchi Tsuneo,Ishigaki Takeo,Sakuma Sadayuki
  • 日本医学放射線学会雑誌 53(1), 104-106, 1993
  • NAID 120004848255

関連リンク

処方せん医薬品注1). **,*. 注射用フロモキセフナトリウム. 日本薬局方*. オキサ セフェム系抗生物質製剤. 2009年6月改訂(第 9版,指定医薬品の規制区分の廃止に 伴う改訂). **. 2005年4月改訂. *. 貯 法:室温保存(「取扱い上の注意」の項参照) ...
一般名, 英名, 略号, 日本薬局方14改正収載名, 商品名, 備考. フロモキセフ, flomoxef, FMOX, フロモキセフナトリウム, フルマリン. ラタモキセフ, latamoxef, LMOX, ラタモキ セフナトリウム, シオマリン ...

関連画像

フロモキセフナトリウム 20mg kg 第十六改正日本薬局方(JP16)名称 あと、点滴以外にも 吸引用の :フロモキセフナトリウム

添付文書

薬効分類名

  • オキサセフェム系抗生物質製剤

販売名

フルマリン静注用0.5g

組成

成分・含量(1瓶中):

  • フロモキセフナトリウム0.5g(力価)

添加物:

  • 塩化ナトリウム25mg

禁忌

本剤の成分によるショックの既往歴のある患者

効能または効果

適応菌種

  • フロモキセフに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,淋菌,モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス,大腸菌,クレブシエラ属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属,インフルエンザ菌,ペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス属,プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)

適応症

  • ○ 敗血症,感染性心内膜炎*○ 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染*○ 咽頭・喉頭炎,扁桃炎,急性気管支炎,慢性呼吸器病変の二次感染*○ 膀胱炎,腎盂腎炎,前立腺炎(急性症,慢性症)*○ 尿道炎*○ 腹膜炎,腹腔内膿瘍*○ 胆嚢炎,胆管炎*○ バルトリン腺炎,子宮内感染,子宮付属器炎,子宮旁結合織炎*○ 中耳炎,副鼻腔炎

フルマリン静注用0.5g及びフルマリン静注用1g

  • 通常,成人にはフロモキセフナトリウムとして1日1〜2g(力価)を2回に分割して静脈内注射又は点滴静注する。
    通常,小児には1日60〜80mg(力価)/kgを3〜4回に分割して静脈内注射又は点滴静注する。
    通常,未熟児,新生児には1回20mg(力価)/kgを生後3日までは1日2〜3回,4日以降は,1日3〜4回静脈内注射又は点滴静注する。
    なお,年齢,症状に応じて適宜増減するが,難治性又は重症感染症には成人では1日4g(力価)まで増量し,2〜4回に分割投与する。また未熟児,新生児,小児では1日150mg(力価)/kgまで増量し,3〜4回に分割投与する。

フルマリンキット静注用1g

  • 通常,成人にはフロモキセフナトリウムとして1日1〜2g(力価)を2回に分割して点滴静注する。
    通常,小児には1日60〜80mg(力価)/kgを3〜4回に分割して点滴静注する。
    通常,未熟児,新生児には1回20mg(力価)/kgを生後3日までは1日2〜3回,4日以降は,1日3〜4回点滴静注する。
    なお,年齢,症状に応じて適宜増減するが,難治性又は重症感染症には成人では1日4g(力価)まで増量し,2〜4回に分割投与する。また未熟児,新生児,小児では1日150mg(力価)/kgまで増量し,3〜4回に分割投与する。

参考:注射液の調製法

フルマリン静注用0.5g(力価)及び1g(力価)各10mL容量瓶

  • 4mL以上の注射用水,5%ブドウ糖注射液又は生理食塩液を加え,よく振盪して溶解する。ただし,点滴静注を行う場合,注射用水を用いると溶液が等張とならないため用いないこと。

フルマリンキット静注用1g(力価)

  • 溶解液(日局生理食塩液)部分を手で押して隔壁を開通させ,更に溶解液部分を繰り返し押して薬剤を完全に溶解する。
    (詳しい溶解方法については,キット製品の外袋及びカバーシートに記載の「溶解操作方法」を参照のこと。)

本剤の使用にあたっては,耐性菌の発現等を防ぐため,原則として感受性を確認し,疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。

低出生体重児(未熟児)・新生児では在胎週数,投与時の体重を考慮すること。[「小児等への投与」及び「薬物動態」の項参照]


慎重投与

瓶及びキット共通

ペニシリン系抗生物質に対し過敏症の既往歴のある患者

本人又は両親,兄弟に気管支喘息,発疹,蕁麻疹等のアレルギー症状を起こしやすい体質を有する患者

高度の腎障害のある患者[血中濃度が持続するので,投与量を減らすか,投与間隔をあけて使用すること。(「薬物動態」の項参照)]

経口摂取の不良な患者又は非経口栄養の患者,全身状態の悪い患者[ビタミンK欠乏症状があらわれることがあるので観察を十分に行うこと。]

高齢者[「高齢者への投与」の項参照]

キットのみ

心臓,循環器系機能障害のある患者[ナトリウムの負荷及び循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ,症状が悪化するおそれがある。]

腎障害のある患者[水分,塩化ナトリウムの過剰投与に陥りやすく,症状が悪化するおそれがある。]

重大な副作用

ショック,アナフィラキシー様症状(0.1%未満):ショック,アナフィラキシー様症状(呼吸困難,全身潮紅,浮腫等)を起こすことがあるので,観察を十分に行い,症状があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

急性腎不全(0.1%未満):急性腎不全等の重篤な腎障害があらわれることがあるので,定期的に検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

汎血球減少,無顆粒球症(0.1%未満),血小板減少,溶血性貧血(頻度不明):汎血球減少,無顆粒球症,血小板減少,溶血性貧血があらわれることがあるので,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

偽膜性大腸炎(0.1%未満):偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがある。腹痛,頻回の下痢があらわれた場合には,直ちに投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)(0.1%未満):皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,このような症状があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

間質性肺炎,PIE症候群(0.1%未満):発熱,咳嗽,呼吸困難,胸部X線異常,好酸球増多等を伴う間質性肺炎,PIE症候群等があらわれることがあるので,このような症状があらわれた場合には投与を中止し,副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。

肝機能障害,黄疸(頻度不明):AST(GOT),ALT(GPT),Al-P,γ-GTP,LAP等の上昇,黄疸があらわれることがあるので,定期的に検査を行うなど観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

薬効薬理

薬理作用

  • 抗菌作用
    フロモキセフナトリウムは試験管内では好気性・嫌気性を問わず,グラム陽性菌及びグラム陰性菌に幅広い抗菌スペクトルを有する。グラム陽性菌では,ブドウ球菌属,レンサ球菌属及び肺炎球菌に対し抗菌力を示す。グラム陰性菌では,淋菌,モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス,大腸菌,クレブシエラ属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属及びインフルエンザ菌に対して抗菌力を示す。嫌気性菌では,ペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス属,プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く)に対し抗菌力を示す。また,各細菌が産生するβ-ラクタマーゼに安定である 12),13)

作用機序

  • 細菌の細胞壁合成を阻害することにより抗菌作用を発揮し,作用は殺菌的である。ペニシリン結合蛋白(PBP)に結合親和性を有し,特にムレイン架橋酵素阻害作用を示すことにより抗菌力を示す。なお,フロモキセフナトリウムはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の主要な耐性機構の一つであるPBP-2'を誘導しにくい特徴を有する 14),15)

有効成分に関する理化学的知見

一般的名称:

  • フロモキセフナトリウム(JAN)[日局]
    Flomoxef Sodium

略号:

  • FMOX

化学名:

  • Monosodium(6R,7R)-7-{[2-(difluoromethylsulfanyl)acetyl]amino}-3-[1-(2-hydroxyethyl)-1H-tetrazol-5-ylsulfanylmethyl]-7-methoxy-8-oxo-5-oxa-1-azabicyclo[4.2.0]oct-2-ene-2-carboxylate

分子式:

  • C15H17F2N6NaO7S2

分子量:

  • 518.45

化学構造式:

ナトリウム量:

  • フロモキセフナトリウム1g(力価)中にNa 46.3mg(2.0mEq)を含有する。
    なお,製剤としては0.5g(力価):Na 33.0mg(1.4mEq),1g(力価):Na 66.0mg(2.9mEq)を含有する。

性状:

  • 白色〜淡黄白色の粉末又は塊である。
    水に極めて溶けやすく,メタノールに溶けやすく,エタノール(99.5)にやや溶けにくい。

融点

  • 100〜150℃(分解)

分配係数:

  • 0.001[1-オクタノール/水]


★リンクテーブル★
リンク元フロモキセフ」「flomoxef sodium
関連記事ナトリウム」「トリウム」「フナ」「トリ

フロモキセフ」

  [★]

flomoxef FMOX
フロモキセフナトリウム flomoxef sodium
フルモキセフ
フルマリン
セフェム系オキサセフェム系


flomoxef sodium」

  [★]

  • フロモキセフナトリウム
flomoxef

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

フナ」

  [★]

Carassius
フナ類フナ属カラシウス属Carassius属


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡