フリードレンデル桿菌性肺炎

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 出血性肋膜炎を伴ったフリードレンデル桿菌性肺炎の一例
  • 福田 良平 [他]
  • 小樽市医事研究会誌 9(1), ????, 1962-04
  • NAID 40017534304
  • 出血性肋膜炎を伴ったフリードレンデル桿菌性肺炎の1例
  • 福田 良平 [他]
  • 小樽市医事研究会誌 9(1), ????, 1962-04
  • NAID 40017534303

関連リンク

細菌(肺炎球菌,溶血性連鎖球菌,フリードレンデル杆(かん)菌など),ウイルス,マイコプラズマなどの感染によって起こる。一般に発熱,咳(せき),痰(たん)などの症状を呈し,ときに錆 (さび)色痰 ...
ある種の細菌は細胞壁の外側に光を屈折する透明な粘液質またはゼリー状の膜をもっている場合がある。多くは多糖で ... 細菌 細胞壁 多糖 エンベロープ 食細胞 マクロファージ 血清型 肺炎連鎖球菌 チフス菌 肺炎桿菌

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事肺炎」「桿菌」「フリー」「」「リード

肺炎」

  [★]

pneumonia pneumonitis

疫学

  • 日本の肺炎の受療率は人口10万対3、死亡率は人口10万対7。死因順位は第4位である。
  • 受療率・罹患率共に高齢になるに従い急激に増加し、85歳以上の男性では死因第2位、90歳以上の男性では死因第1位となる(ガイドライン1)。
  • 死亡者の95%以上が高齢者である。
年代と病原体
乳児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 インフルエンザ菌  
小児 RSウイルス インフルエンザウイルス 肺炎球菌 クラミジア・ニューモニエ マイコプラズマ・ニューモニエ
青年期 肺炎球菌 インフルエンザ菌 マイコプラズマ・ニューモニエ    
成人 肺炎球菌 インフルエンザ菌      
高齢者 肺炎球菌 インフルエンザ菌 レジオネラ・ニューモニエ インフルエンザウイルス  

日本における肺炎の年齢階級別受療率と死亡率(人口10 万対,2002 年)

ガイドライン1 2004 年「国民衛生の動向」 改変
  年齢階級 総数 15~ 25~ 35~ 45~ 55~ 65~ 75~ 85~ 90~
19 29 39 49 59 69 79 89  
受療率 外来 6 3 4 3 3 6 7 14 21 21
入院 19 2 3 2 3 7 21 86 309 489
死亡率 男性 76.4 0.5 0.5 1.5 4.6 15.2 69.2 339 2087 4317
女性 62.7 0.3 0.5 0.9 1.9 5.6 22.4 144 934 2291
総数 69.4 0.4 0.5 1.2 3.2 10.3 44.6 249 1291 2787

分類

発症の場

  • 市中肺炎:上気道のウイルス感染後に多い。

原因

病理

  • 上気道から連続的に下気道へ、あるいは、直接下気道に及んでいる。炎症は上皮に包まれた管腔内
  • 間質性肺炎は、肺の実質や間質に炎症が存在

ガイドライン

  • 1. 成人市中肺炎診療ガイドライン




桿菌」

  [★]

rod
バシラス bacillus
細菌球菌


フリー」

  [★]

free
自由取り除く無料遊離遊離型含まない


炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


リード」

  [★]

leadlead
通じる導く導出主導




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡