フッ化水素

出典: meddic

hydrogen fluoride
フッ化水素酸 hydrofluoric acid


  • フロンの材料、電球のつや消し、ブラウン管、、冷媒、金属の表面処理
  • 沸点 19.5℃
  • 吸入:急性肺水腫、気管支炎、上気道に出血性の潰瘍
  • 皮膚、粘膜への接触:強い刺激性、腐食性

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/07/30 13:35:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フッ化水素の相転移
  • 尾崎 達広,片岡 洋右,Ozaki Tatsuhiro,Kataoka Yosuke,尾崎 達広,片岡 洋右,Ozaki Tatsuhiro,Kataoka Yosuke
  • 法政大学情報メディア教育研究センター研究報告 24, 54-58, 2011-06-01
  • フッ化水素の相転移を分子動力学シミュレーションで調べた。 …
  • NAID 120003142315
  • 家畜ふん堆肥連用畑土壌におけるカリウム,マンガン,鉄,銅および亜鉛の存在形態と希塩酸抽出性
  • 伊藤 篤史,村山 重俊,池田 順一,福永 亜矢子,堀 兼明
  • 日本土壌肥料學雜誌 81(6), 563-572, 2010-12-05
  • … ,牛ふん堆肥あるいは豚ぷん堆肥のみを2段階量(標準量およびその3倍量(以下,多量)),15年間(29回)連用した近畿中国四国農業研究センターの畑土壌中のカリウム,マンガン,鉄,銅および亜鉛について,全量濃度をフッ化水素酸分解法,存在形態を定本ら(1994)の逐次抽出法を用いて測定した.また,0.1M塩酸抽出法がどのような存在形態のものを抽出しているかを明らかにした.(1)化成標準量区に比較した全量濃度について,もともと土 …
  • NAID 110008144222

関連リンク

フッ化水素(フッかすいそ、弗化水素、hydrogen fluoride)とは、水素とフッ素とからなる 無機化合物で、分子式が HF と表される無色の気体または液体。水溶液はフッ化水素 酸 (hydrofluoric acid) と呼ばれる。フッ酸とも呼称される。毒物。 ...

関連画像

フッ化水素55% 500gフッ化水素フッ化水素 2009-08-21_フッ化水素 無水フッ化水素(無水フッ酸)タイトル: HF フッ化水素フッ化水素』の画像を検索


★リンクテーブル★
先読みHF
リンク元グルコン酸」「hydrogen fluoride
拡張検索フッ化水素酸」「フッ化水素中毒」「フッ化水素酸中毒

HF」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「high frequency 短波,高周波」


グルコン酸」

  [★]

gluconate, gluconic acid
グルコン酸カルシウム
  • C6H12O7

グルコン酸(—さん、gluconic acid)はグルコースの1位の炭素を酸化することによって生成するカルボン酸で、化学式 C6H12O7 で表わされる。光学活性化合物であり、天然には D体が存在、そのIUPAC命名法は (2R,3S,4R,5R)-2,3,4,5,6-ペンタヒドロキシヘキサン酸と表される。水に溶かすとグルコン酸イオン C6H11O7 となる。アルドン酸の一種。

構造と性質

6個の炭素鎖からなり、末端にカルボキシル基を、また2番目から6番目の炭素原子に1個ずつ計5個のヒドロキシ基を持つ。カルボキシル基はプロトン H+ を失うことによってアニオンになる性質を持つ。

酸性の溶液に溶かしたり、溶液から遊離の酸の単離を試みたりすると、容易に脱水して環状エステルであるグルコノデルタラクトン(D-(+)-グルコン酸-δ-ラクトン)へと変化する。水溶液中ではこの化合物との平衡混合物として存在するため、塩の形でしか不純物を含まないものは得られない。

グルコン酸は強力なキレート剤であり、特にアルカリ性の溶液中でよく作用する。カルシウム、鉄、アルミニウム、銅やその他の重金属イオンにキレート配位する。

存在と製法

天然には蜂蜜ワイン、果物の中に少量存在する。紅茶キノコや清涼飲料水のビオナーデ (Bionade) など、発酵食品にも含まれる。

化学的には D-グルコースを臭素水やヨウ素のアルカリ溶液で穏やかに酸化することによって得られる。生化学的には、Aspergillus Niger による D-グルコースの微生物酸化で生成する。グルコースを酸化する酵素グルコースオキシダーゼと呼ばれる。

用途

金属塩の沈殿の除去や、金属を洗浄する際に弱い酸として使われるほか、以下のような用途がある。

食品

グルコン酸およびその塩はpH調整剤として用いられる (E番号)。カルシウム塩は安定剤 (E578) として、カルシウムの乳酸との複塩(乳酸グルコン酸カルシウム)はカルシウム剤として使われる。グルコン酸鉄はオリーブの黒味を出すのに利用される (E579)。グルコノデルタラクトンも食品添加物として使われる (E575)。

医療

鉄の欠乏症に対する薬として利用される。グルコン酸亜鉛など他の金属イオンの塩も同様であるが、グルコン酸塩は体に吸収されやすい性質を持つ。また、取り込まれたグルコン酸イオンは体内の金属イオンを効果的に吸収されやすくする。この作用は皮膚からの吸収の場合でも同様であるため、フッ化水素で薬傷を受けた際にはグルコン酸カルシウムの軟膏が有効である。グルコン酸塩として取り込まれたカルシウムイオンは、溶解性のフッ化物イオンと結合して不溶性のフッ化カルシウムを形成し、これを無毒化する。


hydrogen fluoride」

  [★]

フッ化水素

hydrofluoric acid


フッ化水素酸」

  [★]

hydrofluoric acid
フッ化水素 hydrogen fluoride


  • HF。
  • 局所作用:(フッ化水素酸火傷)化学熱傷を起こす。激しい疼痛としばしば水泡形成に伴う難治性潰瘍。50%の濃度で数秒でII度以上の深達性潰瘍
  • 全身作用:局所に付着したフッ化水素酸から遊離したフッ素イオンは血中に吸収されてカルシウムと結合する → 低カルシウム血症 → 心室細動


フッ化水素中毒」

  [★]

hydrogen fluoride poisoning
フッ化水素酸中毒 hydrofluoric acid poisoningフッ酸中毒 fluohydric acid poisoning
フッ化水素フッ化水素酸


フッ化水素酸中毒」

  [★]

hydrofluoric acid poisoning
フッ化水素中毒




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡