フグ毒

出典: meddic

fugu poison
テトロドトキシン tetrodotoxin TTX。自然毒。フグフグ中毒食中毒


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/05/18 12:57:59」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 先入観を覆した魚介類の毒
  • 村上 りつ子,野口 玉雄
  • ニューフードインダストリー 54(12), 27-34, 2012-12
  • NAID 40019500778
  • フグの行動とフグ毒
  • 阪倉 良孝,高谷 智裕,山崎 英樹,崎山 一孝
  • 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 78(1), 93, 2012-01-15
  • NAID 10030024812
  • フグ毒蓄積関連遺伝子
  • 渡部 終五,松本 拓也
  • 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 78(1), 92, 2012-01-15
  • NAID 10030024811

関連リンク

フグの毒化の原因についてはフグ自身がフグ毒を産生しているとみる内因説と餌など 外部から取り込まれるとみる外因説があるが、フグ毒は海洋細菌によって産生され食物 連鎖によってフグの体内に蓄積されるとみる外因説が有力 ...
魚類ではフグ科魚類の他にハゼ科のツムギハゼがフグ毒をもっています。ツムギハゼ は ... また、無毒の養殖フグにフグ毒を混ぜた餌を与えると毒をもつようになることも 分かりました。 ... これらのことからフグ毒の謎に食物連鎖が関係していることは明らか です。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

〔東洋〕黄連解毒湯エキス細粒

組成

  • 本剤は、黄連解毒湯の水製エキスに賦形剤(トウモロコシデンプン)を加えて製したものである。

本剤 4.5g中
 日局オウレン   2.0g   日局オウゴン   3.0g
 日局オウバク   2.0g   日局サンシシ   2.0g
上記の混合生薬より抽出した黄連解毒湯の水製エキス2.5gを含有する。

効能または効果

  • 比較的体力があり、のぼせ気味で顔色赤く、いらいらする傾向のある次の諸症:

鼻出血、高血圧、不眠症、ノイローゼ、胃炎、二日酔、血の道症、めまい、動悸、湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症

  • 通常 大人 1日3回 1回1.5g(1包)を空腹時経口投与 年齢症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

重大な副作用

1.間質性肺炎

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

2.肝機能障害、黄疸

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al−P、γ−GTPの著しい上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

3.腸間膜静脈硬化症

  • 長期投与により、腸間膜静脈硬化症があらわれることがある。腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返しあらわれた場合、又は便潜血陽性になった場合には投与をし、CT、大腸内視鏡等の検査を実施するとともに、適切な処置を行うこと。なお、腸管切除術に至った症例も報告されている。


★リンクテーブル★
先読み食中毒」「テトロドトキシン」「tetrodotoxin」「TTX
国試過去問098G065
リンク元フグ中毒
関連記事フグ」「

食中毒」

  [★]

food poisoning, foodborne intoxication
食あたり食品中毒
食品衛生法


定義

  • 食品や水の媒介によって起こる急性胃腸炎および神経障害などの中毒症の総称

原因

毒物

  • 微生物
  • 植物
  • 動物
  • 化学物質

寄生

  • 寄生虫

原因

微生物 細菌 感染型 感染型
生体内毒素型
毒素型  
ウイルス    
真菌    
自然毒 植物性    
動物性    
化学物質 食品添加物、農薬、有害物質    
その他 寄生虫    

細菌性食中毒

食中毒菌

原因物質、原因食品の判明率

  • 原因物質:92.4%
  • 原因食品:78.9%

参考


予防

テトロドトキシン」

  [★]

tetrodotoxin TTX
フグ中毒


tetrodotoxin」

  [★] テトロドトキシン

WordNet   license wordnet

「a powerful neurotoxin found in the ovaries of pufferfish」


TTX」

  [★] テトロドトキシン tetrodotoxin


098G065」

  [★]

  • 急性中毒で高圧酸素療法の適応となるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G064]←[国試_098]→[098G066

フグ中毒」

  [★]

globefish poisoning, fugu intoxication ,swellfish poisoning, tetrodotoxism, fuguism
食中毒フグ毒テトロドトキシン



フグ」

  [★]

fugupufferfishpuffer fish
トラフグフグ類フグ科トラフグ属フグ目
肝臓


毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2