フェトプロテイン

出典: meddic

fetoprotein
胎児蛋白胎児タンパク質フェチュインαフェトプロテインα-フェトプロテイン

和文文献

  • miR122とαフェトプロテイン
  • 大塚 基之,小島 健太郎,高田 朱弥 [他]
  • 細胞 45(3), 157-160, 2013-03
  • NAID 40019691774
  • 高分化型ヒト肝癌由来細胞株"HuH-7"
  • 中林 秀和,武田 和久
  • 岡山医学会雑誌 124(3), 231-238, 2012-12
  • 高分化型ヒト肝癌由来細胞株"HuH-7"は,1982年にCancer Researchにその樹立を報告した.HuH-7は,当時の岡山大学医学部附属癌源研究施設病理部門(故佐藤二郎教授)の下で樹立し,これまで多くの研究分野で利用され,世界的に有名な肝癌細胞株となっている.本稿では,有用性の高い分化機能を有するヒト肝癌細胞株HuH-7について,肝細胞癌の腫瘍マーカーであるα-fetoprotein(A …
  • NAID 120005121927
  • C型慢性肝炎時から肝癌発生まで経過を追えたC型肝炎ウイルスジェノタイプ1bのコア蛋白アミノ酸多様性と肝癌発生との関連性
  • 進藤 道子,El-Shamy Ahmed,奥野 忠雄 [他],堀田 博
  • 肝臓 53(9), 541-548, 2012-09-25
  • … 肝癌発生前後での多様性の変化につき検討した.その結果,コア蛋白70番目のアミノ酸変異が肝癌発生に関与しているが,91番目のアミノ酸は関与していないことが示唆された.また,肝癌発生群にて肝癌発生前後におけるコア蛋白アミノ酸の多様性の変化は少なく,この領域は極めて保存性が高いと考えられた.多変量解析ではコア蛋白70番目のアミノ酸Glnとαフェトプロテイン(AFP)値が有意に肝癌と関連していた. …
  • NAID 10031039123

関連リンク

胃癌や大腸癌でも異常値を示しますが、肝臓癌や慢性肝炎などで急上昇する肝臓系の腫瘍マーカーです。 ... 健康診断でαフェトプロテインを測る場合、糖鎖抗原19-9と同様に血液検査で、数値を測定します。 αフェトプロテイン ...
α-フェトプロテイン 肝細胞癌のマーカー 腫瘍マーカー <腫瘍マーカーとは>腫瘍細胞自身が作り出しているか、腫瘍がからだの中にあることによって作られる物質で、この物質を測ることにより癌の診断の補助や、病期の予測 ...

関連画像

ミクロ像(α-フェトプロテイン 不動産投資セミナーなら1Rナビ そもそも子供の医療費って大人 αフェトプロテインの健康診断  アルファ・フェトプロテイン酵素による酸化還元変化化学的


★リンクテーブル★
リンク元fetoprotein」「フェチュイン」「胎児タンパク質」「胎児蛋白
拡張検索α-フェトプロテイン」「塩基性フェトプロテイン」「αフェトプロテイン
関連記事プロ

fetoprotein」

  [★]

フェトプロテイン胎児タンパク質胎児蛋白

AFPalpha-fetoproteinfetal proteinfetuin

WordNet   license wordnet

「any of several antigens that occur naturally in the fetus and sometimes in adults with cancer」
foetoprotein

フェチュイン」

  [★]

fetuin
フェトプロテインαフェトプロテインα-フェトプロテイン

胎児タンパク質」

  [★]

fetal proteinfetoprotein
胎児蛋白フェトプロテイン

胎児蛋白」

  [★]

fetoprotein
胎児タンパク質フェトプロテイン

α-フェトプロテイン」

  [★] ;英:α-fetoprotein AFP, alpha fetoprotein, alpha-fetoprotein

αフェトプロテインα胎児性タンパク
トリプルマーカーテスト。腟分泌液中α-フェトプロテインAFP-L3分画


産生部位

  • 胎生期の卵黄嚢、胎児肝臓で産生される。
  • 出生後の産生はほとんどみられない。
  • 肝細胞癌、肝細胞の再生局面で再び産生されるようになることがある
  • 妊娠初期の異常高値は、胎児の中枢神経系異常を疑わせる所見となる。
  • 本蛋白質は胎生期初期には卵黄嚢で、その後は内胚葉、肝臓で産生された後血清中に放出される。

意義

  • 肝細胞癌、卵黄嚢腫瘍、肝芽腫の腫瘍マーカー、炎症性肝疾患における肝再生の指標

先天異常の診断

破水の診断

  • 羊水中に多量に存在するため、膣分泌物のAFPを同定することで破水の診断に利用される

腫瘍マーカー

  • 腫瘍径:腫瘍径とAFP値との間に相関はない。3cmの以下の早期肝癌では陽性率は25%。
  • 組織型:(高分化・未分化)産生能低い、(中分化)産生能高い。

QB.Q-14

基準値

  • (健常人) <10ng/ml

高値

AFPの分画

  • レクチンとの親和性により、L1,L2,L3の分画に分けられる。
  • L1分画上昇:肝硬変
  • L3分画上昇:肝細胞癌

AFP-L3分画、PIVKA-IIとの関係

  • AFP-L3分画、PIVKA-IIと相関関係は見られない。
  • 肝細胞癌において、AFPとPIVKA-IIとの間に相関関係が見られないため、併用により診断率の向上が期待できる(LAB.631)
  • AFP, AFP-L3分画, PIVKA-IIが高い例では予後不良である。(参考1,2)

妊婦の生理的な変動

  • 妊娠3ヶ月以降上昇、8ヶ月でピーク(300-800ng/ml)。

乳児の生理的な変動

  • 出生後高値、生後1年で成人値。

参考

  • 1. AFP・AFP-L3・PIVKA-IIの3因子陽性例は脈管浸潤が多く予後不良【肝癌研究会2011】
[display]http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/search/cancer/news/201107/520980.html&cnavi=1
3マーカーがいずれも陽性の場合、組織学的に脈管浸潤が多く認められ、Edmondson分類グレードIII、IVの頻度が高い
  • 2. Triple Positive Tumor Markers for Hepatocellular Carcinoma Are Useful Predictors of a Poor Survival.
  • Kiriyama S, Uchiyama K, Ueno M, Ozawa S, Hayami S, Tani M, Yamaue H.SourceFrom the Second Department of Surgery, Wakayama Medical University, School of Medicine, Wakayama, Japan.
  • Annals of surgery.Ann Surg.2011 May 20. [Epub ahead of print]
  • OBJECTIVE: To determine the importance of the expression pattern of multiple tumor markers for hepatocellular carcinoma (HCC) with regard to the tumor malignancy and patient survival.BACKGROUND: Several studies have indicated that HCC tumor markers, including alpha-fetoprotein (AFP), Lens culinaris
  • PMID 21606837




塩基性フェトプロテイン」

  [★]

basic fetoprotein BFP
塩基性胎児性蛋白質
広域腫瘍マーカー
[show details]



αフェトプロテイン」

  [★] α-フェトプロテイン

947


プロ」

  [★]

pro




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡