フィブリン血栓

出典: meddic

fibrin thrombus, fibrin thrombi
線維素性血栓



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • フィブリン血栓と血小板血栓 (特集 抗血小板薬と抗凝固薬 : 新しい薬剤をどう使い分けするか)
  • 緒方 絢,池田 善彦,山西 博道 [他]
  • 成人病と生活習慣病 : 日本成人病(生活習慣病)学会準機関誌 41(10), 1143-1146, 2011-10
  • NAID 40019058682
  • 閉塞を繰り返す腹腔-静脈シャントにフィブリン血栓溶解療法が有効であった1例
  • 西躰 隆太,三浦 歓之,江嵜 秀和,桑原 道郎,恒川 昭二,滝 吉郎
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 70(3), 872-877, 2009-03-25
  • NAID 10024956456

関連リンク

血小板が凝集して形成される一次血栓(血小板血栓)は、不安定で、剥がれ易い。 血小板凝集で形成される血小板血栓は、不安定なので、血液凝固反応により、 フィブリン網が形成され、血小板血栓は、補強される。 一次血栓上で、血液凝固因子が 活性化され、 ...

関連画像

 血栓(フィブリン血栓)の除去血栓症のリスク血小板血栓とフィブリン血栓イメージ 1a. 組織 人間の血栓であるフィブリン


★リンクテーブル★
リンク元赤色血栓
関連記事リン」「血栓」「フィブリン」「

赤色血栓」

  [★]

red thrombus
血栓白色血栓

YN.G93


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





血栓」

  [★]

thrombus, thrombi TH
血栓症


分類

心筋梗塞における血栓

  • ST上昇型急性冠症候群の症例ではフィブリンと赤血球主体の赤色血栓が認められ、非ST上昇型急性冠症候群で心筋トロポニンが上昇した症例では血小板主体の白色血栓が存在していることが明らかとなった。

参考文献

  • 岡松健太郎1 清野精彦1 水野杏一2, 血管内視鏡を用いた急性冠症候群の洞察(II),日医大医会誌2009; 5(1)
1日本医科大学千葉北総病院循環器内科
2日本医科大学大学院医学研究科器官機能病態内科学


フィブリン」

  [★]

fibrin, Fbn
線維素
フィブリノゲン血液凝固因子


  • トロンビンの作用によりフィブリノゲンより生成したフィブリンモノマーは、重合してフィブリンポリマーとなる (SP.507)
  • フィブリンポリマーは第XIIIa因子(第XIII因子の活性型)の作用により架橋結合を生じて安定なフィブリンを生じる (SP.507)


栓」

  [★]

plugcockstopper
コックストッパー栓子共栓塞ぐプラグ雄鳥




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡