フィブリンキャップ

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

解説写真とコメント 診断は 糖尿病性腎症 です。結節性病変(上)、Fibrin cap(下)が見られます。 上写真補足:左側は結節性病変のみ、右側は結節性病変に加えて輸出・輸入動脈の細動脈硬化が見られます。 結節性病変は ...
器質化血栓 静脈 G10-744 静脈の内腔が狭くなるほど器質化され中心部はフィブリンが 充満している。 内腔が閉塞し中心部に赤色血栓 周囲には器質化がおこる 粥状硬化症 粥腫 動脈 S10-335 G8-117
a フィブリンキャップ b. パラメサンギウム沈着 c. ワイヤーループ d. ハンプ e. ゼブラボディ ...

関連画像

 フィブリン等を取り除くためにヘパリンの帽子. で Lonsino これもVH-IVUSを用いた研究です 平日9:00~17:45)


★リンクテーブル★
関連記事リン」「フィブリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





フィブリン」

  [★]

fibrin, Fbn
線維素
フィブリノゲン血液凝固因子


  • トロンビンの作用によりフィブリノゲンより生成したフィブリンモノマーは、重合してフィブリンポリマーとなる (SP.507)
  • フィブリンポリマーは第XIIIa因子(第XIII因子の活性型)の作用により架橋結合を生じて安定なフィブリンを生じる (SP.507)





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡