フィコエリスリン

出典: meddic

phycoerythrin PE
R-フィコエリスリン R-phycoerythrin R-PE
[[]]


  • フィコビリンの一種で紅藻がもつ光合成色素

参考

  • (社)日本植物学会
きれいな写真有り
[display]http://bsj.or.jp/topics/02


  • Molecular probe
フィコビリタンパク質のAlexa Fluor6® タンデムコンジュゲート
488 nmで効率的に励起し578 nmの蛍光を放出するフィコビリタンパク質のR-フィコエリスリン(R-PE)はフルオレスセイン(FITC)、オレゴングリーン488、Alexa Fluor® 488色素などのグリーン蛍光検出試薬と併用して、488 nmのスペクトルとの同時励起を利用した2種類のシグナル検出にしばしば使用されます。 より長い波長の光-放射蛍光アクセプターにR-PEをコンジュゲートすることによりエネルギー転移カスケードが形成され、蛍光共鳴エネルギー転移(FRET)によりR-PEが励起してアクセプター色素の蛍光を生成します。 このプロセスはきわめて効率的で、ほぼ全てのエネルギーがフィコビリタンパク質からこれらのタンデムコンジュゲートのアクセプター色素に転移されます。(下記URLより引用)
FRETとかに使えるらしい!!!ってことは相当安定か(凍結融解してもokなくらい?)。
[display]http://www.invitrogen.jp/catalogue/molecular_probes/alexa/content01/index.html
[display]http://www.invitrogen.jp/catalogue/molecular_probes/cell_bio_new/flowcyto/tandem.shtml

和文文献

  • 2P258 フィコエリスリンを有するラン藻における励起エネルギー移動(18B.光生物:光合成,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))
  • Koge Yuki,Murakami Akio,Akimoto Seiji
  • 生物物理 53(SUPPLEMENT_1-2), S201, 2013-09-13
  • NAID 110009819746
  • 紅藻スサビノリの光合成色素と葉緑体微細構造における栄養欠乏応答
  • 植木 知佳,村上 明男,加藤 敏朗 [他],嵯峨 直恆,本村 泰三
  • 日本水産學會誌 = Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries 76(3), 375-382, 2010-05-15
  • スサビノリの「色落ち」の実態を解明するため,顕微分光分析と電子顕微鏡観察を行った。窒素,リン,鉄を除いた培地で色落ちさせた藻体について光合成色素量と葉緑体微細構造の変化を解析した。光合成色素(クロロフィルとフィコビリン)の減少は,欠乏させた栄養素ごとに異なるパターンを示した。色素含量の低下に伴い,葉緑体の縮小と液胞の膨潤が確認された。チラコイド膜やフィコビリソームなどの葉緑体微細構造の変化も見出さ …
  • NAID 10026449650
  • 紅藻の培養,入手
  • 榎並 勲
  • 低温科学 = Low Temperature Science 67, 61-62, 2009-03-31
  • … 4;3の酸性領域で増殖し,中性pHでは増殖できない好酸性,好熱性の単細胞藻である.光合成色素としては,クロロフィルa,カロチノイドと青色のフィコシアニン,アロフィコシアニンをもつが,紅色のフィコエリスリンはもたないため,ラン色細菌に似た青緑色をしているが,細胞内に1個の葉緑体とミトコンドリア,核をもつ真核生物で,原始的な紅藻と考えられている.In this chapter, culture and acquisition of red algae, …
  • NAID 120001492982
  • 有明海の色落ちノリ中の色素タンパクの精製ならびに光照射およびプロテアーゼまたは鉄の添加に対する安定性
  • 木幡 進,墨 利久,泉 しのぶ [他]
  • 電気化学会技術・教育研究論文誌 13(1), 19-31, 2006-06
  • NAID 40007429874

関連リンク

関連画像

 フィコエリスリンの鉛直分布フローサイトメトリーによる フィコビリソーム - Phycobilisomeフィコエリスロビリンの構造海苔ゲノムの解読によって フィコシアノビリンの構造フィコエリスリンの吸光特性は 色素材及びその製造方法、並び


★リンクテーブル★
先読みphycoerythrin
リンク元PE」「R-phycoerythrin
関連記事リン」「リス

phycoerythrin」

  [★]

フィコエリトリン

WordNet   license wordnet

「red pigment in red algae」


PE」

  [★]


R-phycoerythrin」

  [★] フィコエリスリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡