フィコエリスリン

出典: meddic

phycoerythrin PE
R-フィコエリスリン R-phycoerythrin R-PE
[[]]


  • フィコビリンの一種で紅藻がもつ光合成色素

参考

  • (社)日本植物学会
きれいな写真有り
[display]http://bsj.or.jp/topics/02


  • Molecular probe
フィコビリタンパク質のAlexa Fluor6® タンデムコンジュゲート
488 nmで効率的に励起し578 nmの蛍光を放出するフィコビリタンパク質のR-フィコエリスリン(R-PE)はフルオレスセイン(FITC)、オレゴングリーン488、Alexa Fluor® 488色素などのグリーン蛍光検出試薬と併用して、488 nmのスペクトルとの同時励起を利用した2種類のシグナル検出にしばしば使用されます。 より長い波長の光-放射蛍光アクセプターにR-PEをコンジュゲートすることによりエネルギー転移カスケードが形成され、蛍光共鳴エネルギー転移(FRET)によりR-PEが励起してアクセプター色素の蛍光を生成します。 このプロセスはきわめて効率的で、ほぼ全てのエネルギーがフィコビリタンパク質からこれらのタンデムコンジュゲートのアクセプター色素に転移されます。(下記URLより引用)
FRETとかに使えるらしい!!!ってことは相当安定か(凍結融解してもokなくらい?)。
[display]http://www.invitrogen.jp/catalogue/molecular_probes/alexa/content01/index.html
[display]http://www.invitrogen.jp/catalogue/molecular_probes/cell_bio_new/flowcyto/tandem.shtml

和文文献

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みphycoerythrin
リンク元PE」「R-phycoerythrin
拡張検索R-フィコエリスリン
関連記事リン」「リス

phycoerythrin」

  [★]

フィコエリトリン

WordNet   license wordnet

「red pigment in red algae」


PE」

  [★]



R-phycoerythrin」

  [★] フィコエリスリン


R-フィコエリスリン」

  [★] フィコエリスリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






リス」

  [★]

squirrel
シマリスリス科ジリス属プレーリードッグ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡