ピルビン酸-リンゴ酸回路

出典: meddic

ピルビン酸・リンゴ酸回路

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

糖新生の際には、アミノ酸(糖原性アミノ酸)の炭素骨格(注1)、ピルビン酸、乳酸、TCA 回路の中間体は、まず、オキサロ酢酸に ... 肝臓では、絶食時など糖新生が行われる際 には、経路1(リンゴ酸輸送系:リンゴ酸-α-ケトグルタル酸輸送体)により、糖新生に ...
TCA回路はKreb's回路またはクエン酸回路(Citric Acid Cycle)とも呼ばれ, ミトコンドリアのマトリックスで行われる9段階からなる環状の代謝経路である。ただし, ... 解糖の最終産物であるピルビン酸は脱炭酸と補酵素A(CoA)との結合により, アセチル-CoAに変えられる。 ... 目的3については,オキサロ酢酸,α-ケトグルタル酸, スクシニル-CoA,フマル酸,リンゴ酸が種々の代謝経路と密接に関連している(個々の 代謝経路を参照)。

関連画像

リンゴ酸脱水素酵素クエン酸回路。クリックで拡大絶食時における血糖値の維持 シトルリンリンゴ酸の作用2.m-AST(m-GOT)とs-AST(s-GOT)クエン酸シンターゼはクエン酸


★リンクテーブル★
先読みピルビン酸・リンゴ酸回路
関連記事ピルビン酸」「リン」「」「リンゴ酸回路」「回路

ピルビン酸・リンゴ酸回路」

  [★]

pyruvate-malate cycle
ピルビン酸リンゴ酸


ピルビン酸」

  [★]

pyruvate, pyruvic acid, 2-oxopropanic acid, α-ketopropionic acid
焦性ブドウ酸 pyroracemic acid
解糖系
CH3-CO-COOH

ピルビン酸の生合成反応

CH2-C(OPO32-)-COOH + ADP + H+ -(ピルビン酸キナーゼ)→  CH3-CO-COO- + ATP

反応

  CH3-CO-COO- + ATP + CO2 -→ HOOC-CO-CH2-COOH + Pi
  • 5. アセトアルデヒド産生


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

リンゴ酸回路」

  [★]

malate shuttle
リンゴ酸・アスパラギン酸シャトル


回路」

  [★]

(電気)circuit、(代謝)cycle
サイクル周期




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡