ビホナゾール

出典: meddic

bifonazole
ビフォナゾール
アイコザールゼルスビクロノールビスコポールビフォノールビホナゾールビルミチンホスポールマイコスポールマイコゾールマリンゾールレンチェンス


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 皮膚糸状菌に対する抗真菌薬の最小発育阻止濃度ならびに最小殺菌濃度の同時測定法の開発および本法を用いた市販外用抗真菌薬の in vitro 活性の評価
  • 皮膚真菌症の診断と治療のガイドライン-カンジダ症
  • 日本医真菌学会雑誌 = Japanese journal of medical mycology 50(4), 207-212, 2009-10-30
  • NAID 10026094530
  • 承認後20年目におけるビホナゾールの足白癬に対する有用性について

関連リンク

マイコスポールとは?ビホナゾールの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べ られる(おくすり110番:薬事典版)
ビホナゾールとは。効果、副作用、使用上の注意。 真菌の増殖を抑える薬で、白癬菌(は くせんきん)の感染でおこる みずむし (汗疱状白癬(かんぽうじょうはくせん)、趾間白癬( しかんはくせん)など)、 いんきんたむし (頑癬(がんせん))、 たむし ・ ぜにたむし .

関連画像

ポール Mycospor, ビホナゾール テバ製薬 ビホナゾール 包装 マイコスポール Mycospor ビホナゾール 外用 液 1 % duc%26dul.jpgポール Mycospor, ビホナゾール

添付文書

薬効分類名

  • 抗真菌剤

販売名

レンチェンスクリーム1%

組成

  • 1g中、ビホナゾール10mgを含有する。
    添加物として、ポリオキシエチレンセチルエーテル、ステアリン酸グリセリン、セタノール、流動パラフィン、ミリスチン酸イソプロピル、プロピルパラベン、メチルパラベン、プロピレングリコールを含有する。

禁忌

本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記の皮膚真菌症の治療


 白癬:足部白癬、体部白癬、股部白癬
 カンジダ症:指間糜爛症、間擦疹、皮膚カンジダ症
 癜風

  • 1日1回患部に塗布する。

慎重投与

他のイミダゾール系抗真菌剤に対し過敏症の既往歴のある患者

薬効薬理

  • 皮膚糸状菌(Trichophyton属、Microsporum属、Epidermophyton属)、酵母類(Candida属)及び癜風菌(Malassezia furfur)にすぐれた抗真菌作用を示す。作用機序としては、低濃度域では細胞膜の必須構成脂質成分であるエルゴステロールの合成を阻害し、高濃度域では更に細胞膜のリン脂質との特異的結合により膜の物性を変化させる。いずれも最終的に細胞膜の構造・機能を障害し、抗真菌作用を発現する。1)

生物学的同等性試験

  • レンチェンスクリーム1%、標準製剤(クリーム剤、1%)各0.3g/日(ビホナゾールとして3mg)を白癬菌接種モルモットに14日間塗布し、病変度の肉眼観察及び培養試験を行ったところ、両製剤ともコントロール群と比較して、有意な効果が認められた。また、両製剤間の効果に有意差は認められず、両製剤の生物学的同等性が確認された。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ビホナゾール(Bifonazole)

化学名

  • 1-[(RS )-(Biphenyl-4-yl)(phenyl)methyl]-1H -imidazole

分子式

  • 2218

分子量

  • 310.39

性状

  • 白色〜微黄色の粉末で、におい及び味はない。
    ジクロロメタンに溶けやすく、メタノールにやや溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくく、ジエチルエーテルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    本品のメタノール溶液(1→100)は旋光性を示さない。

融点

  • 147〜151℃


★リンクテーブル★
リンク元寄生性皮ふ疾患用剤」「bifonazole」「ビフォナゾール

寄生性皮ふ疾患用剤」

  [★]

商品

bifonazole」

  [★]

ビホナゾールビフォナゾール


ビフォナゾール」

  [★]

bifonazole
ビホナゾール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡